タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

タイらしいニュース

leave a comment »

なんだか、ものすごくタイらしいニュースを見た。

【タイ】16日未明、バンコク郊外パトゥムタニ県で、捜査中の警官が麻薬密売組織に射殺される事件があった。死亡したのはサラウット警察曹長 (34)。サラウット曹長はおとり捜査を行っていた自警団の団員から「これから覚せい剤の取引を行う」と連絡を受けて取引現場に向かったが、到着前におと り捜査がばれて団員が拘束され、麻薬組織から電話で身代金を要求された。同曹長は袋入りの現金を組織の指示通り橋の上に置いた後で近くに身を隠し、バイク で金を取りに来た若い男女を逮捕しようとしたが、車で乗りつけた麻薬組織のメンバーに左胸を撃たれてその場で死亡した。

バイクの男女は逮捕されたが「ただ金をとってこいと言われただけ」と主張している。サラウット曹長を撃った犯人は麻薬密売や銃器不法所持の逮捕歴を持つ男とみられ、警察は20万バーツの懸賞金をかけてこの男の行方を追っている。

このニュースのどの部分を見ても、日本では有りそうにない話だらけ。例えば以下の部分。

  1. 自警団が麻薬密売組織の潜入おとり捜査を行っていた。
  2. 警官が「よしきた!」と協力。
  3. 自警団が組織に捕まり、身代金を要求される。
  4. 警官が要求どおりに現金を置く。
  5. 金を取りに来た者を捕まえようとしたら、それはおとりだった!
  6. 組織の連中により、警官は撃たれて死亡。

短いニュースの中にもこれだけ日本では有りそうにないというか、むしろドラマにしか無いというような展開が有る。さすがタイですね。

source: おとり捜査失敗、タイ警官射殺|タイ発ニュース速報|newsclip.be

3-20 続報:

警察に殺される前に出頭したようですね。

【タイ】バンコク近郊パトゥムタニ県で麻薬密売のおとり捜査をしていたサラウット警察曹長(34)が射殺された事件で、警察は18日までに、 殺害 の実行犯とみられる男(33)と襲撃の際に運転手を務めたとされる男(25)を逮捕した。2人は事件後、別々に逃走していたが、自分たちが指名手配され 20万バーツの懸賞金をかけられていることを知り、警察に殺害されることを恐れて出頭してきたという。

タイでは警官を殺害するなどした凶悪犯は逮捕前に容赦なく殺されることが多い。ウィサーマン(公務による殺人)と呼ばれ、社会的にも当然のこととして受け入れられている。

出頭したからといってこの先殺されずに済むかどうかは、まだ分かりませんね。

source: タイの警官殺害容疑者、報復恐れ出頭|タイ発ニュース速報|newsclip.be

広告

Written by thaida

2008/03/18 @ 05:23

カテゴリー: ニュース

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。