タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

テスコ・ロータス

leave a comment »

英テスコ、タイで批判者を相次ぎ告訴|タイ発ニュース速報|newsclip.be

【タイ】国際人権団体の「アーティクル19」(本部ロンドン)は18日、タイでディスカウントストア(DS)、テスコ・ロータスを展開する英小売り 大手テスコが、タイ字紙の女性記者を名誉棄損で告訴したことに対し、「テスコのような大企業は公正な批判を受け入れるべきであり、個人を訴えるという方法 はとるべきではない」とテスコの姿勢を批判する声明を発表した。

テスコは昨年11月、大学生向けのスピーチでテスコ・ロータスの出店計画を批判したジット・シントラノン元下院議員を刑事裁判所に告訴して賠償金 10億バーツを請求。また、今年2月にはタイ字経済紙「クルンテープ・トゥラキット」に批判コラムを掲載したカモン・カモントラクン氏を民事で告訴し賠償 金1億バーツを請求、さらに3月、「テスコはタイを愛していない」という記事を執筆したクルンテープ・トゥラキット紙の女性記者、ノンナート・ハーンウィ ライさんを告訴した。

テスコは急速な出店計画で全国各地の中小小売店から批判を受け、タイの商務省とも出店規制をめぐりたびたび衝突している。

テスコ・ロータスというのはタイではおなじみの大手スーパーマーケットで、それこそタイ全土の主要都市でどこでも見られるほどに展開しているんですが、こんな強引なこともやってるんですね。批判者を片っ端から訴える、というのはタイの政治家が敵を攻撃するのに良く使う手段です。プーチャッカン新聞社のソムティ・リムトーンクンなんかは元首相のタクシンをよく批判してましたが、タクシンから訴えられた回数はもう数え切れないですね。ロータスはイギリスの会社なのにタイの習慣を良く心得ています。

ロータスといえばここ数年、ロータス・エクスプレスという名前でコンビニを展開しています。うちのアパートの前の狭い小道には、以前はセブンイレブンが一軒あるだけでしたが、その向かいにロータス・エクスプレスが出来ました。セブンイレブンも不思議なんですが、今度はそのロータスの隣にもう一軒開店しました。そしてその反対隣にCPストアというCP系の冷凍食品専門のコンビニが開店して、この狭い小道にセブンイレブン2店とロータス・エクスプレスとCPストアがひしめき合っている状態です。便利といえば便利ですが、なんだか無駄ですね。

ロータス・エクスプレスはスーパーマーケットの値段のままコンビニで売りますから、確かに安いです。で、通常の製品と同種の商品を、ロータスのブランドで更に安く、並べて陳列しているのが特徴です。コーラや飲料水、蚊取り線香に至るまで、通常のメーカー製とそれよりちょっと安いロータス製を並べている状態です。面白いことに、これらのロータス製の製品は、ほぼ例外なく並べて売っている通常製品より品質で劣っています。ボトル入りの飲料水でさえも、並んでいる他の製品より安い分まずかったりします。それに加えて店員がのろいし、接客はおざなり。これを見てしまうと、セブンイレブンの店員がいかによく訓練されていてすばらしい接客かわかりますね。ロータスはもう全てにわたって「安かろう、悪かろう」を実践している感じです。

とは言え、同じ製品が隣のセブンイレブンより安く売ってるなら、やはりそちらで買っちゃうんですけどね。店員にイライラしながら(笑)。

4-22 追加:

事態は非常に深刻…カルフール、アジア戦略に暗雲 – ネタりか

カルフールはタイではカーフーと呼びます。中国で大変なようですね。バンコクではロータスの近くにはカルフールも有ることが多く、競い合っています。ラマ4世通りなんかではロータスとカルフールは向かい合って建ってますね。スーパーマーケット自体はだいたい同じ様なものですが、カルフールの方が小店舗がいっぱい入っているので、買い物好きの人ならこちらの方が楽しいかもしれませんね。

広告

Written by thaida

2008/04/22 @ 11:16

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。