タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

ロイズの海外送金サービスを使ってみた

with 6 comments

[2010-10-4: 2年も前の記事で恐縮ですが、手数料の記述が間違っていたようなので訂正しました。指摘も無いので自分で気付くまで間違っぱなし、怖いですね(笑)]

日本からタイバーツへの交換ですが、諸費用やレートを考えると、最も効率が良いのは日本から円の現金を持ってきてタイの両替商でバーツの現金に換える方法です。両替商で有名なスーパー・リッチ(以下SR)等では売り-買いが一万円に付き上下10~20Bと、かなり良いサービスです。

ですが、現金をいっぱい持って旅行するのは心配で落ち着きませんし、外こもり中の身ですとそうそう日本へ行く機会はありませんから、何らかの送金サービスを使わなければなりません。

以前は日本のcitibankでバンコク銀行へ海外送金をしていました。そのcitiが、ここ数年間はタイバーツの扱いを止めていて、送金するのにも日本に国債電話をかけないと出来なくなっています。その上手数料も高いし交換レートもかなり悪い。

そこで今更ですが、数年前からちょっと話題になっていたロイズTSBのGoロイズ海外送金サービスを使ってみました。サービスの内容は、送金先の銀行(例えばバンコク銀行)を明記してロイズに申し込むと、日本の銀行に口座を開いてくれるので、そこに国内銀行間で普通に振り込むと、手数料を引いて送金される、というものです。

ロイズTSB 銀行東京支店、海外送金サービス

本人が申し込む場合は国内で住所を証明する書類が必要ですが、それが出来ないなら家族が仕送りをする名目で申し込んでもらうのが良いでしょう。後は自分でオンラインで国内の銀行から振り込めば自動的に送金されますから、申し込み手続きをしてもらう以外に家族の手を煩わせることもありません。

送金手数料は2千円で、別途送金額の1%(最低1500円)の手数料が掛かります。円建てで送金された金額は現地の銀行の交換レートで入金されることになります(申し込み時に円建て送金とした場合)。送金額の1%が1500円に相当する15万円未満は手数料が1%を越えてしまうということなので、まずは15万円送ってみました。

[訂正 2010-10-4: 今ロイズのページを見返したら、送金手数料は一回2千円、別途送金額の0.1%(最低1500円)と書いてありました。ということは「手数料2000円 + 送金額150万円までは1500円、それ以上は送金額の0.1%」ということになるんでしょうか。]

このときバンコク銀行に入金された金額は44493.48Bでした。両替商のレートでよく使われる表現ですと、1万円で2966.232Bということになります。この時点でのSRでのレートは3050Bぐらいでしたから、約2.75%の差ということになります。以前citiで送金した時のSRとのレート差は細かい記録を取ってなかったんですが、確か8%以上だったように記憶しています。そう考えると、手間が掛からない上にぐっとお得ということで、自分としては当面このサービスを使って行こうと思いますが、これ以外にも良いサービスが有ったら教えて頂きたいと思います。

広告

Written by thaida

2008/06/02 @ 12:40

カテゴリー: 生活

Tagged with , ,

コメント / トラックバック6件

Subscribe to comments with RSS.

  1. タイの通貨両替は空港、銀行よりもヤミ両替商のレートが一番よいが大量の現金は危ない。そこで送金しなくても良い方法はCitiの口座に日本円で預金し、Citiの銀行カード(クレジットカードではない)を持っていれば世界中のATMを使って「現地通貨」で引き出せる。ただしレートは引き出し日の銀行レートが適用され日本のCitiバンク預金(日本円)から差し引かれる仕組み。世界中どこへ行っても両替しないで現地通貨で引き出せる仕組みです。特に留学生には便利でしょう。

    鳳山

    2008/06/11 at 14:02

  2. 鳳山さんこんにちは。
    citiの場合、やはり実際のレートがどうなのか気になりますね。実際に現金を引き出してその日のSRのレートとの比較をした人が居れば良いのですが。

    thaida

    2008/06/11 at 14:46

  3. イーバンクのマネーカードなら1.63%で、
    為替レートは当日のVISAのもので銀行よりxずっといいみたいです。
    http://serra.blog8.fc2.com/blog-entry-266.html
    このブログの記事が参考になります。
    ボクも以前はロイズやCITIを使ってましたけど
    今はイーバンクで落ち着いてます。

    鳥海

    2008/08/15 at 08:43

  4. 鳥海さん、それ良いですね。
    デビットにも引き出しにも使えて、レートは(VISAのレート+1.63%)と単純明確。
    確かにロイズは小額でも手数料が掛かっちゃいますから。

    日本に行くときに口座作ってみたいと思います。
    今航空券高すぎて、いつ行けるのか分らずですが。

    thaida

    2008/08/15 at 11:06

  5. コメントありがとうございました。

    もし私がタイ在住生活に戻るようであれば調べるつもりだったアイデアですが・・・

    まず、バンコクのHSBCに口座を開きます。
    (マルチカレンシー口座が開設できるというのが条件なんですが)

    マルチカレンシーなら日本円のまま送金して日本円のまま口座に残せますので、日本での収入を日本円のままHSBCタイに送金します。

    タイで日本円で引き出して、SRでタイバーツに両替します。
    (レート次第ではタイバーツで引き出す事もありえます)

    問題はHSBCタイにマルチカレンシー口座が存在するか?
    存在するとして、日本円で引き出せるか?
    また、その際の手数料は妥当か?

    ・・・なんですが、たぶんダメでしょうね(^∀^)

    日本から送金する際、日本円で送金して日本円で送金先の口座に残せないならば、必ずアメリカの銀行を経由することになります。

    その際に1回余分に手数料を取られたり、「円→ドル→バーツ」と変換されていくので、どうしても割高になってしまうんです。
    (SRのスプレッドは安いですが、銀行の手数料は高いですから)

    上記の私のアイデアは、それらを回避するためなんですが、
    ま~、かなり厳しいと思います。
    タイは香港とは違いますからね~・・・。

    なお、タイにはcitiバンクもあったと思うので、citiでも可能なんでしょうが、外国への送金担当の銀行はたぶんHSBCだと思うんです(未確認)

    日本から日本円で香港へ送金する際にはHSBC東京が担当なので
    そう思っただけなんですけど、タイへの送金だとバンコク銀行かもしれませんね?(このヘンは銀行で調べればわかると思います) 

    仮にHSBCが担当銀行なら、HSBCタイへの送金は手数料の点で有利な可能性がありますから。

    以上、飽くまでもアイデアの一つですが、
    thaidaさんがもしお暇でしたら調べてみてください。

    フーフー岡村

    2009/05/03 at 23:55

  6. フーフー岡村さん、先ほどはどうもです。
    HSBCですね、無職の自分には敷居が高いというか、口座開かせてくれそうにないですが(笑)、機会が有ったら聞いてみますです。

    自分は今でもロイズを使ってるんですが、今はこれが思ったほど悪くない気もしています。円建て送金なのでバンコク銀行のレート次第なんですが。

    あれれ今、上の記事を読み返してみたら、「最低手数料を考えて15万円送る」のは本当は15万2千円送るべきだったのかも?

    thaida

    2009/05/04 at 00:43


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。