タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Archive for 10月 2008

カンボジア国境紛争 3

leave a comment »

カオプラウィハン遺跡の近くでタイ軍兵士10人が捕らえられたという記事。ロイターの写真が有ります。

ทหารไทย 10 นาย ยอมมอบตัว ‘ฮุนเซน’ ให้ดูแลอย่างด

カンボジア軍がロイターに語ったところでは、「先に撃ってきたのはタイ側で、カンボジア兵が取り囲んだところ、タイ軍兵士が両手を上げて降参の姿勢を見せたので投降を受け入れた。タイ側が撃ったRPGロケット弾が頭上を通り過ぎていって大音響で爆発。40分間の撃ち合いで、カンボジア兵の二名が死亡。」、だそうです。カンボジア側は戦闘はそれほど拡大する心配は無いとみていて、タイ政府が要請すればタイ兵士達を送り返すつもりだそうな。

一方、タイ空軍は戦闘機の出撃準備をしているけど、実行するのはあくまでも最後の手段としてだけで、今は様子を見ているようです。

なんだかお互いに事態を拡大したくないのが伝わってきますね。なんでこんなことになってるのか不思議なくらい。タイの巷の噂では、政府の混乱から目をそらす為にタクシンが影響力を行使してる、ということですが、どうなんでしょうか?

10-17追加:

上の記事はロイターの誤報だったようです。

ทหารไทยปฏิเสธถูกกัมพูชาจับ แจง “เมื่อคืนยังดื่มกาแฟและดูทีวีด้วยกันอยู่เลย”

元記事の写真のタイ軍兵士によると、写真は撃ち合いの後、カンボジア軍との話し合いをした時のものだそうで、写真を撮ったのはロイターの記者では無いし、記者と話もしていない。武器が集めてある写真は、話し合いのときに、「ここは寺だから武器を携帯しないで欲しい」というカンボジア兵士の要求に同意した為で、奪われたわけでは無い。ガンボジア兵とは一緒にニュース見たりコーヒーを飲んだりしたそうな。

ということで、ロイターの記者が写真を入手した時に騙されたか誤解した、ということかな。その後、軍高官同士は5時間も話し合って合同でパトロールすることに合意しているので、やはり戦闘はそれほど拡大しないんじゃないかということです。

Written by thaida

2008/10/16 at 09:57

メラミン

leave a comment »

これはヤバス。これを入れたコーヒーを何年間も毎日飲んでた私は、いったいどうなるのでしょうか。

タイ食品薬品委員会は15日、「Mali」ブランドのタイ製缶入りコンデンスミルクから安全基準を大幅に上回る化学物質メラミンを検出し、同製品の販売中止と回収を指示したと発表した。メーカーはタイ・デアリ・インダストリー社(Thai Dairy Industry)。メラミンの含有量は1キロ当たり92.8ミリグラムだった。 — タイ製コンデンスミルクから大量のメラミン|タイ発ニュース速報|newsclip.be

タイで一般的に飲まれているコーヒーや紅茶のほとんどに、この『マリ』ブランドのコンデンスミルクが使われていると思います。特に屋台の飲み物はこれですね。

なんだか、暫くは乳製品や菓子類、全てに渡って避けたほうが良い感じですね。

Written by thaida

2008/10/16 at 02:09

カテゴリー: ニュース, 生活

Tagged with

カンボジア国境(2)

leave a comment »

カンボジア国境もの続き。緊張が高まってきましたね。

『タイの地元新聞を読む』より。

[..]フンセン首相は発言の中で、タイ軍が13日朝に拠点を設置した国境線エリアはカンボジアの死活に関わる重要な地点であると指摘した上で、本日の夜または翌日(14日)までにタイ軍側が撤退しない場合は戦線を布告すると発言した。[..] src: カンボジア、24時間の期限を設けタイ軍の国境線からの撤退を要求 – さもなくば宣戦布告

[..]ソムポン外務大臣は、タイ領内に展開している自国の軍の撤退を迫られるいわれはないとした上で、カンボジア側は自分に対して国を売れと迫っているのかとまで言い切った。[..] src: 外相、タイ軍を国境線から撤退させる方針は無い

そろそろ他の国境が閉じられるかな?ビザランが面倒になりそうです。

追加:タイ国軍、国境線からの撤退を拒否 – 臨戦態勢へ

追加10-15:

newsclipより。

… 15日午後、世界遺産に登録されたカンボジアのヒンドゥー寺院遺跡プレアビヒア周辺のタイ、カンボジア国境で両軍が交戦し、双方に死傷者が出たもよう。タイ国営テレビ局チャンネル9などが報じた。 … タイ側によると、15日午後2時45分ごろ、プレアビヒアから西に約3キロ離れた地点でカンボジア兵がタイ兵に発砲し、戦闘がぼっ発。午後5時までにタイ兵4人が負傷、カンボジア兵1人が死亡した。… — タイとカンボジア、国境戦闘で死傷者か

TV中継でタイ兵士が話してましたが、足撃たれたのに割と冷静に話してました。兵力ではタイの方が勝っているでしょうが、森でのゲリラ戦だとタイ軍の被害も大きくなるだろうと見られているようです。カンボジア側はそもそも国境森林地帯でしか戦わないでしょうし。

他の国境はまだ閉じられていないようですね。

Written by thaida

2008/10/14 at 12:24

王女の発言

leave a comment »

最近プラチャータイのサイトしか見てないけど、まぁ便利なので。

APの記者に対するシリントン王女の「連合についての発言」について触れたのは、有名所の新聞社の中ではカオソット一紙だけだったという話。

他の有名紙は、この件に一切触れなかったそうで、一応列挙すると、タイラット、デイリー・ニュース、ポスト・トゥデイ、コムチャットルック、バンコクポスト、ザ・ネーション、クルンテープ・トゥラキット、日刊プーチャッカーン、マティチョン、の各紙。

วิกฤตการเมืองและอคติ นสพ.ไทย: กรณีพระเทพฯ ตอบเรื่องพันธมิตรฯ

そのカオソット紙の一部だそうです。

[..] มี ผู้สื่อข่าวทูลถามพระองค์ถึงสถานการณ์ความไม่สงบทางการเมืองที่เกิดขึ้นใน ประเทศไทยว่า ทรงเห็นด้วยหรือไม่ที่กลุ่มผู้ชุมนุมประท้วงระบุว่า ประท้วงเพื่อสถาบันกษัตริย์ (The princess was asked at a press conference following her talk whether she agreed with protesters who say they are acting on behalf of the monarchy.)

เอพีรายงานว่า สมเด็จพระเทพฯ ตรัสตอบคำถามดังกล่าวว่า “I don’t think so.” “They do things for themselves.” หรือแปลเป็นไทยได้ความว่า “ข้าพเจ้าไม่คิดเช่นนั้น กลุ่มผู้ชุมนุมดำเนินการสิ่งต่างๆ เพื่อตัวพวกเขาเอง” [..]

王女は「連合は王室の為にやっているというが同意するか?」、という質問に、「そうは思わない。彼等(集会グループ)は彼等自らの為に行っている。」と答えたようですが、解釈によっては影響が大きそうなのでほとんどの新聞が掲載を避けたということでしょうか。

こちらはタイ人の翻訳家の人が一文づつ訳したもの。

คำแปล “สมเด็จพระเทพฯ ทรงตอบคำถามสื่อนอก” อีกหนึ่งเวอร์ชั่น

[..] The princess was asked at a press conference following her talk whether she agreed with protesters who say they are acting on behalf of the monarchy.

“I don’t think so,” she replied. “They do things for themselves.”

สมเด็จ พระเทพฯ ทรงได้รับการถามในการประชุมแถลงข่าวแห่งหนึ่งหลังจากการอภิปรายว่า พระองค์ทรงเห็นด้วยหรือไม่กับผู้ชุมนุมที่อ้างว่าพวกเขากระทำการในนามหรือ แทนสถาบันหรือระบอบกษัตริย์

“ข้าพเจ้าไม่คิดเช่นนั้น” พระองค์ทรงตอบ “พวกเขากระทำ(สิ่งใดก็ตาม)ในนาม(แทน)ตัวพวกเขาเอง” [..]

この人の解釈は、「そうは思わない。彼等は彼等の名のもとにやっている。」ということで良いのかな?

いずれにしても、それぞれの派がどうにでも良いように解釈できてしまう文章ですね。連合なら、「王室と宗教を守るのはもちろん我々の為だ、我々の権利だ」、とか言うんじゃないかと思いますが。ただ、某有名サイトのように「彼等は己の利益の為にやっている」と訳しちゃうとまずいかな、という感じ。まぁこの文章じゃあ王女の真意はわかりません。

Written by thaida

2008/10/12 at 10:45

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,

同盟が攻撃に来るそうです

leave a comment »

きな臭くなってきました。

ウドンの親政府派団体、1万人を動員し首相官邸を襲撃
ウドンターニー県の親政府派団体を取りまとめるクワンチャイ・プライパナー氏は11日、1万人を動員して民主主義市民連合が占拠している首相官邸を襲撃する方針を明らかにした。クワンチャイ氏は、ウドンターニー県県都内で発生した連合との衝突を煽動した人物。[..] 一方、元ウドンターニー県選出タイ・ラック・タイ党選出下院議員のスラチャート・カムナーンシン氏は、連合幹部のソンティ・リムトーングン氏に対抗する為に”40万人”の人員を動員してサナームルワン、またはラーマ5世像前に集合をかける方針を明らかにした。

ウドンの政府系団体といえば、ウドンでのPAD集会場にどーっと流れ込んできて一瞬で会場をめちゃめちゃに壊して行ったあの「ウドンを愛する人の会」と同一の団体ですね。ある意味警察部隊より遥かに怖いです。警察は市民への暴力の件で叩かれている最中で手出ししにくいとなれば野放しの殺し合いになりかねません。

同盟、12日に大規模集会 – 官邸の襲撃へ
親政府系・反連合系の反独裁民主主義同盟は10日夜、12日に集会地であるバンコクのサナームルワンで大規模集会を開催する方針を明らかにすると共に、2-3日中に民主主義市民連合が占拠し集会活動を展開している首相官邸に襲撃をかける方針を明らかにした。[..] 同盟側は、軍事訓練を受けた屈強な男性30人強で構成された戦闘部隊”タークシン王戦闘隊”を組織しており、襲撃の際には同部隊が中心的な役割を果たすものと見られている。 この方針発表に先立ち、嘗てソンティ・リムトーングン氏と親密な関係にあったことでも知られる元警察局副局長のサーン・ブンナーク警察大将が、近日中に戦力を集め首相官邸の”開放”に乗り出す方針を明らかにしていた。[..] 一方、これに先立ちソンティ氏は、今後親政府・親タクシン派による放火や爆破等の不穏な動きが激化するとの見通しを示した上で、軍側が国民またはタクシン元首相何れの為に実権掌握に乗り出すか注視していく必要があると指摘していた。

警察が駄目なら俺達がやる、というわけですね。

連合集会場に居るのはほとんどがおばちゃん、子供、中高年や老人とかですから、敵うわけがないですね。ぼこぼこにやられちゃうでしょう。PADはもはや軍にすがるしか無いというのが本音でしょうか。

連合、13-14日に官邸に襲撃がある恐れ

民主主義市民連合のスリヤサイ調整役は10日夜、13日から14日にかけて元内務省警察局副局長のサーン・ブンナーク警察大将を頭とする1,000人の志願者が首相官邸”開放”の為に襲撃をかけるおそれがあるとして警戒するよう呼びかけた。

これは、同日午後にサーン警察大将が、実際に7日の強制排除行動に参加した警察官を含む1,000人の志願者を集め首相官邸の開放に乗り出すと宣言した事 を受けたもので、スリヤサイ調整役によると、サーン警察大将側は官邸内に破壊力のある兵器が保管されているとの大義名分を掲げ国民同士を衝突させる事によ り、イギリス政府に対して亡命を申請しているタクシン元首相に有利な状況を作り出すことを意図しているという。

警官もユニフォームを脱いでなら思う存分やれるということでしょうか。

一方王室は、

シリントン王女、連合は王室の為ではなく己の利益の為に活動をしている

アメリカ訪問中のシリントン王女が同地で行われた外国メディアとのインタビューの中で、民主主義市民連合は王室の為ではなく己の利益の為に活動しているとの考えを示されていた事が明らかになった。[..]

ちなみに海外での外人記者への会見だからこういう質問ができます。タイ人メディアはまず会話すること自体が許されません(笑)。

元になったであろうタイ語の記事では確か、「彼等自らの為」とは書いてあったように思いますが、このように「己の利益の為」と訳すとニュアンスが変わってきますね。あ、もしかして英語の元記事には「利益」と書いてあったのかな?まぁ真意は分りませんが。

最近タイでの出来事に対して「民主主義が機能していない」なんて言う日本人も居ますが、そもそも外国の民主主義の真似事をしてもうまく行かないでしょうし、する必要もないですよね。投票で指導者を選べばイサーンや北部のタクシン派が勝ってしまうからバンコク市民や王室派には選挙結果も受け入れられない。だから「民主主義の為の」なんて名乗りながらPADが提唱するのは「半分以下の民主制」だったりして。

一部の意見で、わりと良いんじゃない?と思ったのは、イサーンにはイサーンの議会を、中部には中部の議会を、という案ですね。それぞれの地方で理想の政策でやってけば良いんじゃない?という話です。あまりにも違いすぎて国が割れるかもしれないけど、それもいいじゃない。元々イサーンだってつい百年か二百年前までタイ王国の一部じゃなかったんだし、王室崇拝もイサーン人にとっては強制されて根付いただけもので、いつ消えてもおかしくないんだから。という感想です。

追加10-12:

10月11日にインパクトアリーナ・ムアントンタニで行われた連合(反独裁民主主義同盟/ノーポーチョー/親政府派)の集会。

src: แดงพรึ่บ ! ร่วมงาน ‘ความจริงวันนี้’ ที่เมืองทองธานี

凄い動員力、これが攻めてきたらかなり怖い。

Written by thaida

2008/10/11 at 18:52

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,

連合リード

leave a comment »

裁判所による連合リーダー等への反逆罪による逮捕状の取り消しを受けてチャムローン氏ら二人が保釈されましたね。

刑裁、連合2幹部の仮釈放を認める

官邸集会場の演説中継を見ると、もう戦勝を祝うような熱狂的な騒ぎです。

爆弾の件とか色々と腑に落ちない所があるのに良いのか?という感じですが、このまま一気に巻き返して首相を追い詰めるところまで行くかどうか、注目ですね。

Written by thaida

2008/10/09 at 20:18

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

ピンポン爆弾?

leave a comment »

昨日の強制排除の生中継では、足がちぎれた人の映像とかでびっくりしました。

ピンポン爆弾みたいなものが使われたんじゃないかという報道が有ったのを受けての警察の弁です。

กู้ภาพลักษณ์ ตร.โชว์ ‘ลูกเกลี้ยง’ เป็นแก๊สน้ำตาแบบขว้าง ไม่ใช่ ‘ระเบิดปิงปอง’

写真のピンポン球状のものが昨日警官が投げていたピンポンガス弾。

発表の内容はようするに、「我々が使ったのは爆弾じゃないよ、手投げ催涙ガス弾だよ」、ということだそうです。銃で打ち出すのと違って近距離で使用するもので威力が弱いそうな。

催涙ガス弾で足がちぎれたりするのかどうかは、武器の知識が無いのでさっぱり分りませんね。報道では「催涙ガス弾ではそんなことは起きない」という専門家も居るようですし。一部ではライフルによる被弾じゃないかという人もいるようです。

上記記事での集計では、負傷者の総数が443人。病院での治療中82人(内、警官20人)、9人が入院中。足切断4人、手や足の指切断が4人。保健省は救急医療班10チームを追加しているそうです。

翌日:

警察の弁、「断言はできないけど、集会参加者が持ってきた爆弾による自爆じゃないかな?ガス弾を受けた時に転んだりして暴発したんじゃない?」ということです。

以下の記事に会見の時の写真が有ります。(グロ注意)

ตำรวจแถลงซ้ำ โชว์ภาพตั้งปม ‘เจ็บ -ตาย’ มาจากผู้ชุมนุม

確かに、負傷者がピンポン爆弾らしきものを持っているように見えますが…。

警告も対話も無しにいきなりガス弾攻撃をしたことが批判されているようです。せめて放水車を使うべきじゃないのか、という質問に対しては、バンコク都が放水車の使用を許可しなかった、ということです。

10-10昼:

写真の右手がちぎれた患者を救命治療した医師が、「患者が左手に持っていたのはキーホールダーで、当日は患者の為に袋に入れて保存したので調べれば分るよ」、ときっぱり証言しました。医師はネーションTVの電話インタビューでも答えていましたね。

ความจริงอีกด้าน ‘ผอ.รพ.บางคล้า’ ยันชายกำวัตถุคล้ายระเบิด เป็น ‘พวงกุญแจหนัง’(グロ注意)

するとまた、何で手がちぎれたのか、と話が堂々巡りですが。

10-10夜:

[..]だが、アムポン氏は、「警察には他の催涙弾もあり、これが使用された可能性がある。中国製のものは、発射後のスピードが秒速60メートルに達し、近くで爆発すれば死亡する可能性もある」とコメントしている。一方、ラマティボディ病院は、「デモ隊のうち8人が足を吹き飛ばされ、1人が失明した」と発表。また、チュラロンコン大学付属病院の医師によれば、強制排除の現場には、『人に向けて発射すると負傷、死亡する危険性がある』と書かれた催涙弾の注意書きが複数落ちていたという。src: バンコク週報、タイの情報

またしても中国製、って食品の話じゃなかったね。足を失った人が8人に増えたようです。事前警告も無しに強制排除でデモ参加者の足をちぎりまくった、ということになるとこれは警察への批判が更に高まりそう。

10-12:

12日午後行われた、7日に行われた強制排除行動の際に警察側が使用したとされる催涙弾の実射検証で、中国製の催涙弾が発砲式、手投げ式何れも最も破壊力があることが明らかになった。
中国製の催涙弾を実射した際に、破裂の衝撃で発砲式で直径8cm、深さ3cm、手投げ式で直径16cm、深さ5-8cmの穴が地面に開いていたことが確認され、また、破裂による衝撃を体でも感じる事が出来たという。src: 実射検証で中国製催涙弾が最も破壊力があることが明らかに

だそうです。ということで最初の疑問については、「催涙ガス弾で手足はちぎれます(中国製なので)」、というのが結論ですかね。

パンロップ氏がラジオ番組でのインタビューで「現場に落ちてたガス弾の取扱説明書に、人に向けると死ぬことが有りますという注意書きが有ったけど英語だから警官は読めなかったんじゃない?皆で楽しく撃ちまくったんでしょう。」、なんて言ってたそうです。

10-13:

法務省科学捜査研究所所長のポンティップ・ローヂャナスナン女史は13日、警察側が爆発性物質を使用した中国製の催涙弾を強制排除行動に使用した事が、民主主義市民連合のデモ隊に参加していた女性の死亡原因になったと結論づけた。[..] ポンティップ女史によると、強制排除行動の際に使用された中国製の催涙弾は爆発性物質RDXが使用された、国外では兵器と見なされデモ隊の排除行動に使用される事が無いものだという。また、同女史によると、強制排除行動に関与した警察関係者は中国製の催涙弾の破壊力を知らずに使用していた可能性が高く、今後、誰がどの様な経緯で中国製の催涙弾を調達し、またあらかじめ当該催涙弾の破壊力を認識していたか調査する必要があるという。src: ポンティップ所長、兵器と見なされている中国製の催涙弾が女性の死因と結論

追加10-15:

今月7日、バンコクの国会議事堂周辺で反政府デモ隊と警官隊が衝突し、デモ参加者2人が死亡、400人以上が負傷した事件で、タイ警察は多数の死傷者を出す原因になったとみられる中国製催涙ガス弾の破棄を決めた。問題の催涙弾は1993年に警察が購入したもので、米国製などに比べ爆発力が強いことが確認された。 — タイ警察、中国製催涙ガス弾を破棄|タイ発ニュース速報|newsclip.be

なんか、いろんな言い訳をしながら否定してきたのに、突然あっさりと認めちゃいました。TVで試射実験を見ましたが、催涙ガス弾というよりは、爆弾にガス噴出機能が付いているんじゃないかというくらいの威力でした。

Written by thaida

2008/10/08 at 18:23

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,