タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

固定資産税と相続税

leave a comment »

アピシット首相による固定資産税と相続税の構想。

เร่งเก็บภาษีอัตราก้าวหน้า สร้างสังคม-ประชาธิปไตยและรัฐสวัสดิการ

記事ではタイの現状について強烈に述べています。

  • 5%の裕福層、15%の中間層、残りは貧困層。
  • 実効性の無い行政システムと執行能力の低さによる貧困問題解決の失敗。
  • タイの資本主義の異常な歪み。
  • 権力者に道徳観が無く不正が蔓延。
  • タイと同様なシステムの国は、もはや南米の国ばかり。それらは全てタイと同様な問題を抱えている。

等、いろいろ。

タイがこれらの税を導入していたのはポー・ピブーンソンクラームの時代の十年間だけだそうで。

資産家や政治家への富の偏りを是正する一歩となるのか。出来れば歴史的快挙になりそうだけど、裕福層からはかなりの抵抗があるでしょうね。

広告

Written by thaida

2009/02/15 @ 16:02

カテゴリー: 政治経済

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。