タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

イサーン料理と肝臓がん

leave a comment »

タイ人の死亡原因のトップである病気は「がん」。そのうちイサーン人がかかるもののトップが「胆管細胞がん」で年間の患者発生数が6千人以上。発生率は世界一高いということ。

อีสานป่วยมะเร็งท่อน้ำดี6พันรายต่อปีมากสุดในโลก

主要な原因はあまり火を通していない川魚、調味料であるパラー、発酵食品のプラーソム。料理でいうとコイ(コイディップ)とか。実際おいしいからイサーン料理が好きな人はよく食べるんじゃないかと思うけど、やっぱりしっかり火を通してないのは危険ですね。調味料としてのパラーも一度火を通したものか確認するように。

それと意外なのが、イサーン風ソーセージのサイクロークやクンチアンの色を鮮やかにする為に使う、硝石(?)ですか、これががんの発生を早める効果があるんだそうで。あまり習慣的に食べないほうが良いかも。サイクローク、うまいんだけどなぁ。

広告

Written by thaida

2009/06/30 @ 20:49

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。