タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

インフル2009年型

leave a comment »

7月15日現在、タイでの感染者4500人近く、そのうち死者は0.5%ぐらいで、死亡率はアメリカとほぼ同程度と聞いています。また、タイの当局は今後2年間ほどの患者数と死者は、例年の季節性インフルエンザと同程度だろうと予測しているようです。

以下はタイちゃん掲示板に有った書き込み。

738 名前:オー様と名無し[] 投稿日:2009/07/15(水) 08:58:22 ID:ToAGyRPQ0
ここの住人のために昨日ラマ9世病院に行って調査をしてきました。
とりあえずは、大使館のサイト「新型インフルエンザ関連情報」を読んでください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/birdflu/qa_swineflu.htm

739 名前:オー様と名無し[] 投稿日:2009/07/15(水) 09:15:29 ID:ToAGyRPQ0
大使館のサイトにも書かれていますが、 発熱(38度℃以上)、悪寒、鼻水・鼻づまり、咽頭痛、咳、吐き気などのインフルエンザの様な症状がある場合は病院に行って診察を受けて下さいとのことです。
インフルエンザの代表的な症状は、急激な発熱とだるさだそうです。
呼吸が苦しいとか歩けないほどだるいとか食べられないとかが、危険なシグナルで、それ以外なら回復する可能性が高いそうです。

で、気になる検査の料金ですが、A型B型インフルエンザに感染しているかどうかの検査は500バーツでできます。結果が出るまでの時間はおよそ20分です。
政府から、新型インフルエンザに関する検査費用が3,500バーツを超えないように指示が出ているそうです。
A型に感染している場合には、新型インフルエンザに感染している可能性がありますが、そのための検査には、別の費用も時間もかかります。
しかし、新型であってもなくても、タミフルなどの抗インフルエンザの薬が効果があるので、検査するよりも、薬を服用することがいいのではないかとの話でした。
そして、やはり気になる抗インフルエンザ薬のお値段ですが、10錠で850バーツだそうです。これは、現在ジェネリックが出ていて特別に安くなっているそうです。
GPO-A-FLUという名前の薬です。
希望すればタミフルの処方も可能だそうですが、料金は2000バーツを超えるそうです。

思ったよりも高くないようですから、おかしいなと思ったら大事に至る前に検査に行ってお医者さまに色々と聞いてみた方がいいようです。
ほとんどのケースは、薬を服用し安静にしていれば2~3日で快方に向かう可能性が高いそうですから、むやみに恐れたり不安がらず、病院に行きましょう!

時はすでに感染を防ぐのではなく、運悪く感染してしまったあと、重篤にならないための早めの受診と治療です。

だそうです。

やがては人類皆感染して誰もが抗体を持つだろうと言われているそうですが、進んで感染する必要もないかなぁと思うので、自分も一応今は人が多い場所ではマスクしてますが(日本からわざわざ持ってきたし)、まぁ、じきに面倒くさくなってしなくなっちゃいそうな感じです。

広告

Written by thaida

2009/07/16 @ 00:07

カテゴリー: 生活

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。