タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Archive for 10月 2009

アセアンレーン事故続発

leave a comment »

ホアヒンのアセアン会議の会場へ向かう道路、「アセアンレーン」と呼ばれているそうですが、自動車事故の続発が話題になっています。

こちらは一昨日、ラオスの大臣を運ぶ為の車が前を横切るバンを避けようとして分離帯に乗り上げた時のものだそうです。


src: ด่วน……..ลาว…คว่ำการประชุมอาเซียนฯ ที่หัวหิน

幸い大臣は乗っていなかったそうですが、それにしても派手なコケかた。いくらタイの道路が危険とは言え、運転にも問題が有りそうな気もしますが、誰が運転していたかとかの詳細は分かりません。ナンバーがLAO4って、なんだかシンプルでかっこ良いですね。

アセアンレーンではこの他にも韓国やブルネイの関係者の車が事故に会ったりと今回の会議期間中、既に7回の事故が起きているそうです。まぁ確かにタイの道路は普段でも大変危険だと思いますよ。死亡事故だけでも割合から言ったら日本の倍以上は有りそうだし。

追加 10/25:

結局開催期間中のアセアンレーンでの事故は9件、原因のほとんどは「スピードの出しすぎ」だそうです。ただ関係者以外のバイクの事故は数十件程起きていたようです。– สรุปผลอุบัติเหตุในอาเซียนเลน 9 ราย

広告

Written by thaida

2009/10/24 at 21:57

アセアン会議の後

leave a comment »

現在アセアン会議が行われているフアヒン、チャアム周辺は数万人の軍や警察で溢れかえっているようです。タイでは以前、各国の要人がヘリで逃げ出すという前代未聞の失敗が有りますから、今回は必死ですね。

タイ研究の赤木先生の忠告が出てます。

政変の時節―増す軍同窓の重み―/NNA.ASIA

大雑把な内容:

政党政治の形式だが未だに軍関係者の影響の大きいタイの政界。現在は特に退役軍人が活躍する傾向がある。枢密院と軍を支持基盤とする現政権への対抗として、チャワリット(陸軍大将、元首相)やパンロップ、その他退役軍人(タクシンの同期生)の数十人が野党プアタイ党に入党した。
過去に成功したクーデターのほぼ全てが9月から11月に集中している(政変の季節)。今回のアセアン会議が終了したらすぐに、情勢は大きく動き始めるだろう。

というわけでアセアン会議終了後に注目ですね。

Written by thaida

2009/10/22 at 15:55

GT200

with one comment

GT200という装置。爆発物を見つける事ができる装置ということで、2~3年前から導入され始めて兵士達が深南部で村々を検査するのに使われているそうなんですが、これが実は全く役に立たない物で、そのせいで多くの無関係の住民の身柄が拘束されている、という話。

Thai E-News: GT200 รหัสหายนะชายแดนใต้

現在まで毎日のように起きている深南部の爆破事件で使われている爆弾の多くには化学肥料の成分であるユリアが使われていると言われています。GT200はそのユリアを見つけられる、といううたい文句で治安部隊の兵士に大量に導入され続けている装置なんですが、これが実際には住人の日常の家財道具やら障害者、妊婦、子供、等何にでも反応してしまうんだそうで。ある時は、反応を示した箱を爆弾処理班が開けると中身はナプキンだったとか。

棒状のアンテナが付いていて手に持って使うんですが、「静電気の力でユリアに反応を示す」とかで、なんだかいかにも胡散臭いですね。ところが兵士はそんな装置の反応を根拠に多くの村々の住民の身柄を拘束しています。当然、住人の治安部隊に対する信用も無くなってきた、というわけです。

我々から見たらそんな胡散臭い装置でホイホイと爆弾が見つけられるなんてうまい話は無いだろうと思いますが、深南部ではいつ襲撃されるか、爆弾に吹き飛ばされるか分からないという極限状態であると考えるとこんな装置の反応を見て兵士が判断を下してしまうのも当然かもしれませんね。

この装置の導入にもどうせ汚職が絡んでいるんだと思いますが、「誰の責任か」という声が徐々に大きくなって来ているので、この先やがて導入経緯が解明される可能性も有るのかもしれません。

Written by thaida

2009/10/20 at 18:32

カテゴリー: ニュース

Tagged with , ,

ストールマンがタイに来る

leave a comment »

あのリチャード・ストールマン(RMS)がタイに来て講演するそうです。

10月30日 19:30 場所: KISインターナショナル・スクール

参加申し込みはここ。
Keynote Speaker: Les Richardson, author of Open Admin for Schools | FLossEd BK

今回ストールマンはタイでの新たな基金(Foundation for Sustainable, Free and Learning Technologies)の設立に協力するようです。

src – ริชาร์ด สตอลแมน จะมาประเทศไทย | thaiopensource.org

Written by thaida

2009/10/14 at 15:42

カテゴリー: ニュース, IT

Tagged with , ,

炊かずに食べられる新種の米

leave a comment »

炊かずに食べられる新種の米。

อินเดียคิดพัฒนาพันธุ์ข้าวสำเร็จรูป กินได้ไม่ต้องหุง

インド政府の研究所で作られた新種の米は水に45分、またはお湯に15分浸すだけで火を使わずに食べられるようになるんだそうで、燃料の節約になるとか。6.25ライ(1万㎡)で145日、4~4.5トンの収穫と従来種とさほど差が無いということです。

問題の味はどうなんでしょう?と思うけど普及したら膨大な燃料費の節約になりそうですね。

Written by thaida

2009/10/08 at 15:04

カテゴリー: ニュース

Tagged with ,

バンコクのイミグレ移転

leave a comment »

ずいぶん都心から遠くに移転しましたね。今年はクローントーイ港でも受け付けなくなったので滞在延長その他の手続きが随分面倒になりました。

行き方はふくちゃんのページ。
Traveler’s Supportasia: 移民庁本庁、ついに移転へ

  • 《モーチットから》
    [52]
    かミニバン[ฅ.10]でCATテレコム本社前下車。
  • 《カオサンから》
    [3][44]
    でモーチット駅に出て、[52]に乗り換え。
    または[59]でラクシー駅まで行き、[356]に乗り換え。
  • 《スクンビットから》
    MRTブルーラインチャトチャックパーク駅か、BTSスクンビット線モーチット駅で[52]に乗り換え。

またはイミグレのページに有る行き方。
ประกาศย้ายที่ทำการ
バス

  • 52 パーククレット – バーンスー
  • 150 パーククレット – バーンカピ
  • 356 パーククレット – ランシット

バン(ロットトゥー)

  • ต 10  モーチット 2 – パーククレット
  • ต 11  ドモールンガームウォンワーン – パーククレット
  • ต 16  ミンブリ – モーチット 2
  • ต 22  ミンブリ –  パーククレット
  • ต 26 ラーマ 9  – パーククレット
  • ต 27  マーブンクローン – パーククレット
  • ต 64  戦勝記念塔 – パーククレット
  • ต 82  戦勝記念塔 – サパーンマイ
  • ต 87  戦勝記念塔 – ワットバーンクーワット
  • ต 95  ラムカムヘン大学 – ラームインタラー
  • ต 97  ラムカムヘン大学 – パーククレット
  • ต 98  ラムカムヘン大学 – ドーンムアン
  • ต 102  ナームルアン – パーククレット船着場

戦勝記念塔やラムカムヘン周辺の人はロットトゥーが便利そうですね。バスやタクシーはやはりモーチットからが便利でしょうか。

先ほど電話してみたら、「イミグレのある敷地は非常に広いので入り口からバイタクで10B。または無料の送迎車も有りますが、かなり待たされる事も有る。」ということです。

丁度滞在延長をする必要があるので週明けにでも行ってみます。

追加 091006:

行ってきました。今回はBTSサパーンクワーイから52番のバスで、思ったよりかなり早く着きました。

上のふくちゃんのページの通り、ジェーンワタナ通りのソイ7付近で降りて進行方向に100m程歩くとイミグレの看板のある三叉路が有るのでそこを曲がります。バイクタクシーで建物の前までなら10B、イミグレの前まで行くと20Bですが実際はどちらもたいして変わりません(笑)。無料シャトルバスが15分毎に出ているようなので安全性も考えるとこの無料バスの方が良いでしょう。


イミグレのある新しい建物は巨大。写真は内側の吹き抜け。いろんな催し物会場として使われているようです。

滞在延長の受付は以前の窓口での受付ではなく、係官との対面式に変わっていました。これで大量の人数を捌けるのか疑問ですが、あまり混んでいなかったせいか受け取りの待ち時間も含めて30分程度でした。いずれにしても朝早く行くのが一番ですね。手続きが終わったら一階のフードコートやいろんなレストランでゆっくり食事できますし。

帰りは「ロットゥーでラムカムヘン大学(30B)-バスを乗り継ぎ」にしてみました。「バスでモーチット-BTS」に比べたら時間がかかりますが快適で交通費も安くつきます。ラムカムヘン大でバスを待っているとぱっつん女学生だらけで目の保養にもなりますね。

Written by thaida

2009/10/02 at 14:30

カテゴリー: 生活

Tagged with ,