タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

GT200

with one comment

GT200という装置。爆発物を見つける事ができる装置ということで、2~3年前から導入され始めて兵士達が深南部で村々を検査するのに使われているそうなんですが、これが実は全く役に立たない物で、そのせいで多くの無関係の住民の身柄が拘束されている、という話。

Thai E-News: GT200 รหัสหายนะชายแดนใต้

現在まで毎日のように起きている深南部の爆破事件で使われている爆弾の多くには化学肥料の成分であるユリアが使われていると言われています。GT200はそのユリアを見つけられる、といううたい文句で治安部隊の兵士に大量に導入され続けている装置なんですが、これが実際には住人の日常の家財道具やら障害者、妊婦、子供、等何にでも反応してしまうんだそうで。ある時は、反応を示した箱を爆弾処理班が開けると中身はナプキンだったとか。

棒状のアンテナが付いていて手に持って使うんですが、「静電気の力でユリアに反応を示す」とかで、なんだかいかにも胡散臭いですね。ところが兵士はそんな装置の反応を根拠に多くの村々の住民の身柄を拘束しています。当然、住人の治安部隊に対する信用も無くなってきた、というわけです。

我々から見たらそんな胡散臭い装置でホイホイと爆弾が見つけられるなんてうまい話は無いだろうと思いますが、深南部ではいつ襲撃されるか、爆弾に吹き飛ばされるか分からないという極限状態であると考えるとこんな装置の反応を見て兵士が判断を下してしまうのも当然かもしれませんね。

この装置の導入にもどうせ汚職が絡んでいるんだと思いますが、「誰の責任か」という声が徐々に大きくなって来ているので、この先やがて導入経緯が解明される可能性も有るのかもしれません。

広告

Written by thaida

2009/10/20 @ 18:32

カテゴリー: ニュース

Tagged with , ,

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] コメントする » GT200の続き。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。