タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

戦争を煽る連合集会

leave a comment »

昨夜の王宮前広場での連合の集会では舞台の裏にM79グレネードが一発撃ち込まれて子供を含む十数人が負傷しました。

連合の信者達が疑わしい若者を取り囲んでボコボコにしましたが、これは人違いではないかという噂です。警察は大勢動員されていましたが、犯人を追いかけるわけでもなく、まぁいつもの事ですね。連合が「攻撃を命令したのはパンロップではないか」というのを受けて、「俺がやったなら標的はとっくに死んでいる」と数年前のタクシン暗殺未遂時と同じセリフが出たようです。

その前後のソンティ(リ)の演説内容がこちら สนธิ ลิ้มทองกุล ปราศรัย: “ทำไมต้องสู้เพื่อในหลวง” (なぜ国王の為に戦わねばならないか)。目に付く記述は、「高齢になって体力の衰えてきた国王を単なる【象徴】にしてしまおうという勢力が有る。丁度カンボジアでフンセン首相がノロドム・シハモニに対して行ったように。このような事は絶対に受け入れられない」。それから、「国王を支えるのは、もはや我々しか居ない」という所かな。また不敬罪ネタになりそうだけど。

カンボジアの事は実際のところ全く分からないというか、普段タイに居ると何の情報も入ってきませんね。現在のタイの領土の多く(カンチャナブリの辺りまでも)がかつてはクメールの領土だった事なんかほとんどのタイ人は知らないと聞いています。自分も知りませんが。

昨日の連合メンバーの演説では「政府はカンボジアと戦争しろ」と煽っていたようです。実際戦争になれば現政権の支持率はさらに上がるかもしれませんが、国境周辺の人々の生活とか眼中に無いんでしょうね。政府もそんな愚行は行わないでしょうが、こういう主張はいい加減にして欲しいです。一方、上の爆弾の件で引き合いに出されたパンロップも「タイの軍人はカンボジアと戦う勇気が無い」と軍人を煽っているようです。

ところでスズキのバイク工場がタイから撤退してインドネシアに向かうそうですね。スズキの社長はアメリカのサブプライムローン崩壊の頃から現在の金融恐慌をどの他社よりも早く察知して生産を大調整したそうで、危機に敏感に反応するという印象があります。このタイからの撤退はどうなのか、大きな資本撤退の流れの兆候なのか、気になりますね。

追加 091116:

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:大前研一の辛口ニッポン応援談(前編) (1/5)

[..]もっと短期的に面白い市場はインドネシアだ。極めて有望で親日的。日本企業もたくさん進出していて、成功確率もインドや中国に比べると非常に高い。人口は2億4000万人、消費も非常に活発[..]向こう4、5年は安定した成長[..]日本企業でも現地に入って、インドネシアの人たちをマネジャークラスに登用して非常にうまくやっているところがあるけれど、年率50%で伸びている。日本じゃ考えられない。いずれインドネシアでの売り上げが国内を抜くような日本企業も出てくる[..]すでにヤマハ発動機は主力工場や輸出基地などを浜松からインドネシアに移している。日本国内だとバイクはピーク時の10分の1だからね、そんなところで将来を考えていてもしょうがないわけだ。今はDaimlerになった旧三菱ふそうトラックもインドネシアでは強い。大塚製薬のスポーツドリンク、ユニチャーム、マンダムなんかもインドネシアでは強い。

こういうのを見ると、インドネシアへ向かうのは大きな流れのようですね。

広告

Written by thaida

2009/11/16 @ 16:03

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。