タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

赤組、重視すべき勢力

leave a comment »

チュラ大の政治学、ティティナン・ポンスティラック教授のコラム: ถอดความ: เสื้อแดง พลังที่ต้องให้ความสำคัญ
英語版有り: Reds are a force to reckon with

気になる点: タクシンは、もはやそのシンボルに過ぎず、その資金源が無くなれば収まる思ったら間違い。北部やイサーン地方の大半の人々の心は社会的公平、民主主義を求める点で赤組派に一致している。ウボンではちょっと見渡すだけで活動支援の為の小規模の募金活動、帽子やシャツのシンボルが至る所で見られ、民衆の間で普段語られるのはタクシン、民主主義、正義、等の話。
運動はもはやイサーン地方の至る所に根づきつつある。例えばウボン県には既に反独裁民主主義同盟(反クーデター政権派)による学校が有って正義について教育している。
懸念されるのは「市民軍」を結成しようとする動き。ウドン、シーサケート、その他で同様な話が聞かれる。

興味のある方はコラムを読んでみて下さい。「サヤーム式統治」は南部では既に崩壊していますが、北部やイサーン地方でも徐々に崩壊しつつあるように見えます。

広告

Written by thaida

2010/02/19 @ 12:44

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。