タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

赤組動向

with one comment

動向の続き。

“จตุพร”นัดชุมนุมใหญ่มี.ค.ขับไล่รัฐบาลใน7วัน
赤組リーダーのチャトゥポン氏の弁:

  • 明日(24日)の会議で大集会の日時を決める。3月中が良いだろう。
  • 百万人動員して7日間で政府を倒したい。
  • 集会は4月までは長引かないつもり。
  • プラーチンブリー、チョンブリー、ロッブリー、カンチャナブリー県の主要な軍施設を包囲する。
  • ピックアップトラック10万台でバンコクへ向かい、集会は王宮前広場、ラーチャダムナーン通り、乗馬像前に及ぶ予定。

本当にそんなに動員できるのか?疑問ですね。

赤組「デーン・サヤーム」は25日から27日まで王宮広場で集会。
แดงสยามประกาศชุมนุมสนามหลวงช่วงตัดสินคดียึดทรัพย์

デーン・サヤームの代表はスラチャイ・ダーンワタナーヌソン氏、チャトウポン氏等の赤組北部東北部ネットワークとは別グループです。
25,26日は演説、判決を聞きに裁判所に殺到しないように説明、判決後の27日はこの裁判の異常さと不公正についての演説だそうです。

追加 2-24: 赤組大集会の予定が決まったようです。
UDD major rally in Bangkok March 14

3月12日から各地方から動員を開始、14日に王宮前広場に集合。百万人動員を目指す。
デモ期間の日数は不明、期間中に参加者の一部は他所にも展開するが、その場所は秘密。
タクシン氏もビデオリンク中継で参加予定。

追加 2-25:
PAD(黄色組)の起訴延長が8回目ということです。
首相府長期占拠の反タクシン派幹部、8度目の起訴延期|newsclip.be
Government House occupation : case against PAD delayed… 8 times

また反政府派の怒りが燃え上がりそうですが、こうやって挑発するのも手段なのかな?

追加 2-26:
資産没収判決の予定日です。

赤木先生の解説が出てます。
「赤服」の言い分―民主化闘争―/NNA.ASIA

[略]「赤服」によるアピシット政権打倒運動は、決してタックシン救済運動ではなく、タイ政治の民主化運動である。つまり、選挙(民意)により選ばれた国会、その国会が選出した内閣による政治運営の実現を目指している。そのためには、少々時間がかかっても2006年のクーデタ以前にすべての政治状況をもどす必要がある。そうでなければ、タイの民主化はおぼつかない。以上が、「赤服」の「言い分」である。[略]

以前のチュラ大教授の「タクシン氏は既にただの象徴であり、資金源を絶てば運動は収まるというのは間違い」という話とも通じますね。

追加:
判決により463億バーツと資産の半分以上が没収されることになったようです。
今タクシン氏の悔しさいっぱいの演説が流れています。
内容はいつも通り「民主主義を獲得するまで非暴力で耐え、戦い続けよう」というものですね。
現政府にとっては、これで一連のクーデターの行程が完結したと思って良いのかな?
今後も赤組の長い戦いが続きそうですね。

広告

Written by thaida

2010/02/24 @ 16:01

カテゴリー: 政治経済

Tagged with

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] (赤組動向に続く) […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。