タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

深南部状況

leave a comment »

深南部の内戦による死傷者の統計が更新されています。
สรุปหกปีไฟใต้: พลวัตการก่อความไม่สงบกับการสร้างจินตกรรมของการก่อความรุนแรง – DeepSouthWatch.org

73ヶ月(約6年間)に起きた戦闘またはテロは9,446件。
死者4,100人、負傷者6,509人で計10,609人。
家族が巻き込まれたことによる被害者数はおよそ53,045人。

興味深い点として、死者数はムスリム 58.95%、仏教徒 38.02% とムスリムが大半を占めるのに対し、負傷者は仏教徒 59.82%、ムスリム 32.17% と仏教徒が大半を占めていることを挙げている。2004~2007年の年末までは高頻度だった発生件数が2008年には一旦減ったが、2009年の年末から戦略の変化が見られ、各件が凶暴化している点など、記事にはその他詳細なレポートがたっぷりありますが、いずれにしても内戦の泥沼から抜け出す気配は全く見えませんね。この地域はもうタイ軍には統治できないと思って良いんじゃないでしょうか。ムスリムとゲリラ戦やってたら百年だって続くかもしれません。

何年か前に新聞の一面に何十人もの積み重なる死体の写真が載りましたが、バンコクのタイ人にはそれほどの衝撃では無かったようです。その様子から、タイ人は南部の住人の事を自分たちと同じ国民であるとは思っていないんだろうと感じました。その後も南部の戦闘やテロのニュースが毎日伝えられていますが、もはや日常のニュースでさほど気にする人もなく、時には爆弾の話を笑いのネタにさえしています。この地域はもうマレーシアにでも任せてタイは手を引けばよいのに、と思いますが。

広告

Written by thaida

2010/03/09 @ 21:31

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。