タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Archive for 4月 2010

UDDがチュラロンコン病院に突入?

leave a comment »

昨日はUDD赤組が大挙してチュラロンコン病院に突入したというニュースが駆け巡りました。日本でもそのように伝えられたと思います。

このニュースの直後にアピシット首相が緊急放送に出てきて、「非常に憂慮している。このような事は許されないという国民の声は届いている。もちろんしかるべき処置を取る。」と語りました。

この件で幾つかのニュースを見比べているのが、おなじみAsian Correspondent。
Reds barge into Chula | Asian Correspondent
ロイターとAPは「赤服の集団が大挙して突入した」と伝えています。しかし例えばbangkok postの記事では:

パンヤップ氏率いるUDDガード達は午後7時頃、チュラロンコン病院内に治安部隊の兵士が居ないか調べる許可を求めた。約一時間の交渉の後、UDDガードの何人かが病院の設備を壊したり患者を驚かさないことを条件にビルの中に入るのを許された。
しかし一旦中に入るとガード達は大声で叫んだり竹槍を持ち込んだりした。[略]

twitter上では確かにパンヤップ氏が病院で警官の立ち会いのもとに交渉している写真が流れていて「なんで警官が立会ってるんだ?パンヤップ氏には逮捕状が出てるのに」等の声が聞こえました。

Asian Correspondentの見解は「実際には許可された数人のガードが入っていったら、愚かにも他の者達も続いて入っていってしまったのだ」としています。UDDリーダーの一人ウェン氏はこの件で謝罪を表明しましたが、政府は「これは市民のUDDへの批判・嫌悪を大きく高められるチャンス」として大いに利用しようとしている、というのが実際の所ではないかと思われます。

治安維持部隊の兵士が強制排除の機会を伺って隠れているという噂がある上に、PAD黄色組でさえ「4月10日のM79グレネードはチュラロンコン病院の5階から撃たれた」と主張していましたからUDDが病院を調べたいと思うのは現状ではもっともな話です。実際かなり恐れているのでしょう、現在UDDは一度解体した病院前のバリケードを再び設置しており、これがまた市民の批判を高め、政府による強制排除の正当化に繋がるのではないかと懸念されます。

追加 5-1:

5月1日になりましたが政府派TV局はこの病院の件をひたすら繰り返し報道し、市民の怒りを掻き立てています。病院の入り口での裕福層と思われる市民へのインタビューでは。「汚い連中が入ってきた。臭い、ゴミの臭いがした。汚い!ほんとに汚い!」と吐き捨てるように答えていました。
やはりこの報道攻勢は圧倒的な力が有るようです。4月10日に20人の下層階級の者が死んだという事象もかき消され、もうじき忘れ去られることになるのかもしれません。

Written by thaida

2010/04/30 at 20:48

政府動向

leave a comment »

引き続き陰謀キャンペーン。

非常事態対応センター(CRES)のステープ氏は「王室打倒の陰謀ネットワーク」との関係についてプアタイ党チャワリット氏に召喚状を出し、召喚を二度無視すれば逮捕すると発表。

全ての敵を潰そうとするステープ氏がいよいよ独裁色を強めてきていますが、これに対しチャワリット氏は召喚状を待たずプアタイの議員等と共に第11歩兵連隊に軍服で出頭し文書を提出して帰りました。軍服姿は20年ぶりだそうで、断固とした決意を示しているようです。 พล.อ.ชวลิต ยื่นหนังสือที่หน้าราบ 11

情報統制も引き続き行っています。

CRESは情報通信技術省(ICT)に反政府的な情報を遮断するよう命令。先週迄で350のウェブサイトを閉鎖・遮断してきましたが、今週迄で420サイトとなっている。ほとんどはデモ集会の生中継だそうですが、閉鎖しても次々に新たなサイトが開かれるため、ISPや民間のサービス提供者にも協力を求めている。(※タイの場合、政府が「協力を求める」という時は、命令に背くと逮捕されるという意味) ศอฉ.เผยยอดปิด เว็บ ปลุกระดม พุ่ง 420 เว็บ – ข่าวไทยรัฐออนไลน์

以前はウェブサイトの遮断・閉鎖は裁判所の手続きを経ていましたが、現在は裁判所を通さず独自判断で行っています。

Written by thaida

2010/04/30 at 14:38

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

王室打倒の陰謀?

leave a comment »

先日、非常事態対応センター(CRES)は「赤服リーダーは王室打倒を企む分子である」として「王室打倒派ネットワーク図」を公開しましたが、これは結構反響があったようです。

問題視する人も居るので一つ。
Paranoia, mental disorder and propaganda : the Army discloses a plot against monarchy « Thailand Crisis
概要:

これを描いたCRESの者は病んでいる、もはや狂気である。そしてアピシット首相も同じ症状を示している。彼はデモ隊に囲まれ、動くことができず、現実世界から切り離されたままだ(アピシット首相はもう長いこと軍基地の中に住んでいると言われる)。[中略]
魔法の言葉「テロリスト」を発した後、「王室打倒の陰謀」という魔法のアイデアによって更にもう一歩進んでしまった。それは古臭く下手糞な手法だが…。しかし恐ろしいのは、アピシット首相が恐らく本当にこれを信じているのだろうという事だ。

その図の英語注釈をつけた画像

政府によるプロパガンダはもうかなり国民に浸透していると言われています。反政府的なメディアを徹底的に遮断したのが功を奏していると言えるでしょうか。チャートゥロン氏の言うように支配階級は生き延び、タイ国民同士を戦わせる方向に向かっているようです。

関連:
Conspiracy to overthrow the monarchy | Asian Correspondent
“มาร์ค”รับเครือข่ายล้มสถาบันเคลื่อนไหวตลอด ช่วงนี้เห็นภาพมากขึ้น ศอฉ.แจกแผนผังขบวนการล้มเจ้า – matichon

追加 4-30:
こういう手法はスパゲッティ・グラフィックと呼ばれて以前から世間で揶揄されていたようです。
敵はパワーポイントにあり ? パワーポイントの弊害、米軍大将らが指摘 – スラッシュドット・ジャパン

Written by thaida

2010/04/29 at 17:16

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

チャートゥロン氏

leave a comment »

元タイラックタイ党議員のチャートゥロン・チャイセーン氏のtwitが気になるので一部抜粋しておきます。

政府は反政府派のメディアを遮断し、「奴らの目的はは王室転覆だ」と一方的に宣伝している。
既にその効果は出始めている。
真実を知らない国民は怒り、「王室を守れ!政府がやらないなら我々がそいつらを始末する!」と奮い立っている。

どうやら1976年と全く同じ方向に向かっている。
当時の政府は自らの政権の延命の為に嘘の情報を流し国民を洗脳。
そして10月6日、デモ隊の学生達を一斉に銃撃した。
これがその後に何年も続くタイ国民同士の殺し合いの始まりだった。

チャートゥロン氏は最近はほぼ毎日twitter上で些細な質問にも答えています。アルジャジーラ等の海外メディアには度々インタビューで登場していますが、政府が厳しく検閲している現在のタイのメディアに出ることはほとんど有りません。

Written by thaida

2010/04/29 at 00:18

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,

バンコク情勢

leave a comment »

28日午後の様子。

TV中継で歩兵部隊とバイク部隊が多数展開している様子が見えましたが、タラートタイに向けてデモ行進に向かったUDD隊は治安部隊による強制排除に遭っているようです。ゴム弾による負傷者が出ている模様。 Reds fired at with rubber bullets

UDDリーダーの一人クワンチャイ氏率いるデモ隊はタラートタイ(バンコク北側郊外の巨大市場)に向かったがアヌソーンサターン周辺で治安部隊に道を塞がれ、不満に思ったデモ隊がクラクションを鳴らし続けた事に怒った治安部隊が空に向けて威嚇射撃。これにデモ隊がロケット花火やパチンコで対抗し次第に騒ぎが大きくなって行った。 ตั้งด่านสกัดแดง ปิดวิภาวดี ปะทะต่อเนื่อง – ข่าวไทยรัฐออนไลน์

治安部隊はガス弾を数百発撃ったようです。 ทหารเอาจริงยิงแก๊สน้ำตานับร้อยนัดสลายเสื้อแดง – เนชั่น แชนเนล

TV中継では距離を置いて対峙するデモ隊と治安部隊。女性のデモ参加者だけで腕を組んでデモ隊に向かって進む姿。その後ガス弾の煙、ゴム弾らしき銃声、負傷者を運ぶデモ参加者達の映像が流れています。

今日はまだまだ混乱が続きそうです。

Written by thaida

2010/04/28 at 16:04

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,

28日昼迄のニュース

leave a comment »

コンラックウドン(ウドンを愛する人々)のリーダー、クワンチャイ氏の先導でサラデーン交差点からタラートタイ(バンコク北の巨大市場)へのデモ行進、バンコク市民にデモへの参加を呼びかけます。
 Reds parade to Talad Thai – bangkok post

ナタウット氏「政府はUDD系のメディアを遮断しているのでラーチャプラソンの集会に参加して欲しい。バンコクの他所にもっと赤シャツのチームを送って状況説明をする。4月10日には20人ものUDDメンバーが死んだのに政府は責任をとろうとしない。アピシット首相に議会解散するよう圧力を強める。」
クワンチャイ氏「150台のピックアップトラックと数百台のバイク、二千人でデモ行進する。非常事態対応センターは集会の強制排除の為にバンコクに武器を運んでいる。それを止めるのが我々の責任。」

アピシット首相へのBBCインタビュー(タイ時間の昨夜放送)。
 “มาร์ค”ให้สัมภาษณ์บีบีซีพร้อมลาออกหากเป็นอุปสรรคต่อปท. ยันไม่ใช้กฏอัยการศึก  – matichon

司会者「もしあなたが国家の安定と復興の足枷となっているなら辞職するか。」
アピシット首相「もちろんだ。国家よりも自らの利益を優先した事は無い。しかし我々が直面しているのは政治問題にとどまらず、国家の安全保障にも関わってきた。そしてテロの問題もある。我々は全ての問題に同時に取り組む必要がある。全ての人が望む安定という事であれば短時間に得られるものではない。(中略) 戒厳令は軍が発令するもので私の権限ではない。また軍部も今はまだそれを望んでいない。権限を持つ者に相談した限りでも今現在は誰もそれを望んでいない。」

Written by thaida

2010/04/28 at 12:34

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

バンコク情勢

leave a comment »

27日17時現在、まだ大規模な集会強制排除のニュースは聞かれません。

UDDリーダーの一人クワンチャイ氏の演説によると明日28日にバンコク都内複数箇所でのデモ行進を計画しています。自動車が足りない為、地方の参加者にピックアップトラック等の動員を呼びかけています。ขวัญ ชัยสั่งระดมรถกระบะขนแดงเคลื่อนไหวใหญ่พรุ่งนี้

パティターン首相府事務次官の発表: アピシット首相は300中隊を以てUDDによる道路封鎖を全て排除できると自信を示した。「召喚状、逮捕状をどんどん発行して逮捕起訴を急ぐ。召喚状を二度受けとって出頭しない者は逮捕起訴する。」また、当局者の中に任務をきちんと遂行しない者が居れば処分する。มาร์ คสั่งสลายแดงทุกด่าน

その他細かい話:
朝はタイヤを線路に放り込む*1という妨害によりBTSが一時止まりましたが、朝10時以降は復旧しています。UDDリーダーは「強制排除を恐れた一部の集会参加者の仕業かもしれないし、そうでは無いかもしれない」としています。
明日のBTSの運行は6時~20時の予定という発表です。

[*1追加: 21:30 警官へのインタビューによると、タイヤを置いたのは実は線路では無くプラットフォームだったようです。上の投げ入れたというのは間違い。Thailand: Red Shirts disrupt Bangkok’s elevated train service – Telegraph]

昼頃はアソーク周辺で休息する兵士が多く見られました。他県から到着した部隊かどうかはわかりません。
昨日テレビで裁判官達の前での国王の訓示が流れましたが、デモ集会や強制排除への言及は有りませんでした。
治安維持部隊の侵攻を警戒してUDDデモ隊がランスワンとペッブリ通りを繋ぐ道路を封鎖しています。

無関係の話:
中部農民グループはコメの価格下落への対応および米委員会の設立が何度も延期されていることへの抗議書を渡す為アピシット首相が滞在し ている第11連隊前に乗り込み、首相自身が文書を受け取るまで帰らないとしている。ชาว นา บุกราบ 11 ร้อง”มาร์ค”ช่วยแก้ไขปัญหา ราคาข้าวตกต่ำ

Written by thaida

2010/04/27 at 17:18

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,