タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

強制排除の続き

leave a comment »

4月10日からの流れ。
เก็บตกรายงานจากประชาชน 10 เม.ย. – thai e-news(赤組系)

13:00 軍隊は「土地を返却してもらう為」催涙ガスを撃ち込みつつラーチャダムナーンに進行。
16:00 ゴム弾による銃撃。
16.20 TPBSは負傷者30人と報道、ロイターは集会参加者93人、兵士22人と報道。政府は18時までにラーチャダムナーンを掌握すると発表。
16.30 複数の県で赤組が県庁やテレビ局を包囲し始める。
17.00 赤組は軍が実弾を使ったとして非難、軍用車から押収したM16の弾装を首相が辞職するまで差し押さえると発表。
17.05 政府側は威嚇射撃用だけだとしてこれを否定。
17.10 赤組チェンマイ県庁を差し押さえる。
18.00 政府側、ヘリコプターからビラと催涙ガス弾を撒き、赤組はコムローイ(風船)を放って対抗。
19.45 赤組ウィーラ氏、アピシット氏を国から追い出し議会解散せよと主張。
20.00 コークウア交差点で激しい衝突、135人以上が病院へ。
20.00 赤組チャトゥポーン氏、ラーチャプラソンからパーンファーへ援軍を送ると発表。
20.04 戦争用武器による負傷との医師による診断を赤組が発表。
20.25 ナタウット: 軍隊による銃撃により集会参加者の4人が死亡と発表。
20.43 レインボー・イサーン: コークウア交差点への加勢を呼びかける。
20.47 パーンファー集会場広報: 市民を撃った兵士が他の兵士にやられたのだ。
20.56 ナタウット: アピシット、アヌポン、軍司令部の配下の兵士達、撃つのを止めるよう命令して欲しい。市民を傷つけるな。アピシットさん、市民をあと何人殺せば気が済むんだ。
21.00 司令部広報、赤組の反撃に遭遇した後、前線から兵士を後退させた。戦闘を中止する為アピシット氏がコープサック氏を交渉役として送ったと発表。
21.15 レインボー・イサーン、病院から集会参加者の遺体を持ち出しパーンファーへ向かう。
22.40 中央病院の発表で死者6人。エラワンセンターの発表で負傷者296人。
22.45 赤組リーダー、兵士を全て撤退させるまで政府と交渉はしない、と叫ぶ。
23.00 赤組リーダー、仮にクーデターが起こっても抵抗すると宣言。
23.25 アピシット首相、亡くなった人々に哀悼の意を示す。集会は違法。政府は法を守らなければならない。政府は脆弱だと批判を受けた為、市民の安全を考慮しつつ法による強制執行が必要となった。実弾を使うのは空に向けての威嚇射撃と防衛の為のみ。集会参加者は武器を使用しているとし、M79によって兵士や一般人が犠牲となった。きちんと検死していく。
23.35 アピシット首相、問題解決してゆくため辞職はしない。

4月11日
00.40 バンコク医療事務所発表、負傷者678人、死者15人(うち市民11人、軍人4人)。
02.00 ジェーンワタナ高速道路周辺で断続的な銃声。
06.00 在アメリカのタイ人による声明、アピシットは辞任と議会解散だけで無く人々の死の責任を取り、殺人犯として告訴されなければならない。
08.30 ラーチャプラソン集会場は集会参加者が再び集合中。アピシット首相を国外へ追い出すことを目標とする。
08.40 軍隊は全て集会場から撤収している。
08.50 赤組発表、負傷者842人、死者15人、プアタイ党議員が遺体を病院へ運び、警察が死因を調査する。

修正 4-14: ソースへのリンクが間違ってました。訳し忘れが有りました、間違ってたら指摘お願いします。

広告

Written by thaida

2010/04/11 @ 12:56

カテゴリー: 政治経済

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。