タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

動向: 再び硬直状態

leave a comment »

5月7日の動向。

PAD、多色組その他の官僚派からUDDとの合意案を出したアピシット首相への批判が続出しています。
 “นายกฯ” ถก “กลุ่มเสื้อหลากสี-เฟสบุ๊ค” กรณี แผนโร้ดแม็ป -nation

ステープ副首相は合意案には各派の協力が必要として協調を求めている。UDDが明確な議会解散日の発表を求めたのに対し、「選挙日が決まっているのだから解散が必要な日程も明確」。これに対しUDDは「まず政府がPADや多色組の各派の合意を取るまで何も行動しない」としている。
 Suthep urges all sides to back road map -bangkok post

UDD赤組コンケン県600人、130台のピックアップトラックでバンコクへ。その他の各県からはコラートへの集合を計画中。治安部隊のバリケードを18輪トレーラーで突破するという話も。
 KhonKaen reds heading to Bangkok -bangkok post

政府は緊急事態対応センター(CRES)がテロや王室転覆などの容疑を宣伝した後にアピシット首相が妥協案を出してUDDとの合意を迫る、という手法に出ましたが、UDDは「それらの容疑への恩赦は取引材料にならず、事件として戦う。政府が治安部隊を使って強制排除したことにより死傷者が出た件も一律の基準で事件として戦う。同様に過去のPADによる空港占拠等の事件も同一基準で扱うことを要求」と宣言。PADが起こした事件に関する審査は先月までで8回目の延期となっています。

合意案を出したアピシット首相はその後明確な議会解散日を出さず再び硬直状態に。そうこうしているうちにPAD等の官僚派からのアピシット首相への突き上げが激しくなってきています。PADは「UDDは王政転覆を企むテロリスト」だとしてUDDに合意案を出したアピシット首相を非難、首相を辞めろとまで言い出す始末。PADにそのような事を言う権利が有る、というのがこの国の実際の権力構造なのでしょう。

広告

Written by thaida

2010/05/07 @ 13:08

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。