タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

サラデーンで爆破と銃撃

leave a comment »

昨夜はサラデーン交差点とそのすぐ近くのラーマ4世通りウーチューリアン・ビル前での爆破と銃撃により警備していた警官と兵士に多数の負傷者、警官の死者が出ています。

タイラット誌サイトの表紙には、この件でなぜかプアタイ党の記事が並んでいたのでなんとなく概要を。

เพื่อไทยปูดรู้ล่วงหน้าเหตุถล่มตำรวจ -thairat

プアタイ党ウォーラワット議員(プレー県)「政府とUDDとを合意を妨害するのが狙い。このようなことが起こるという情報は事前に流れており警察も知っていたので誰の差し金かも分かっている筈。まずは警察が情報公開するのを待つが、その勇気がないのであれば我々が公開する。」
同党スラシット議員(チェンラーイ県)「(同じく)合意して欲しく無い者の仕業、警察とUDDとの衝突を起こさせるのが狙い」

เพื่อไทยประณามมือยิงถล่ม2จุดย่านสีลม -thairat

プアタイ党のアヌディット氏(バンコク区)は「非常事態宣言が出ていて警官と完全武装の兵士達(バンコクに7万人)が警備している場所でこのようなことが何度も繰り返して起こるとは全くおかしな話。いったい政府にはこの国の安全を守る能力が有るのかどうか。狙いが警備をしていた当局者なのは明白。攻撃した距離はせいぜい300メートルで犯人を捕まえるのは容易だった筈。これだけの厳重な警備の中で集会参加者がこれを行うのは不可能。政府とUDDの合意を欲しない者が両者の衝突を望んでの犯行と考えられる。担当部署に責任をもって迅速な犯人逮捕と再発防止の命令をするよう政府に要求する。

一般市民の捉え方としても、当局者は犯人を知っていながら捕まえなかったのではないかという声が多いですね。先月の、犯人を捕まえようとする警察を軍将校が阻止したというシーロムの件が思い出されます。

一方、法務省特別捜査局(DSI)はこの件でセートデーン少佐の部下のアパートを強制捜査しているようなので、こちらで何か結果を作るのかもしれません。

広告

Written by thaida

2010/05/08 @ 20:52

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。