タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

UDD集会終了

leave a comment »

外出禁止令の夜が過ぎました。昨夜までとは違い、現在は非常に落ち着いた様子です。

昨日5月19日の様子、今回も画像はたくさん出回ってますが今日もこちらのサイト。
Crackdown in Bangkok – The Big Picture – Boston.com

数日間の内戦状態の後、昨日ラーチャプラソン集会場にてUDDリーダー達が「これ以上の犠牲者を増やしたくない」として集会の終了を宣言、リーダーの内5人が警察に投降しました。テレビでは何度も銃声が響き渡る中でナタウット氏が宣言を行っている間、集会終了に納得できないデモ参加者の怒号が飛び交う騒然とした様子が中継されました。

その後バンコクの各所で放火が始まり、銀行の各支店、デパート、変電所、タイ証券取引所、3chテレビ局ビル等が焼かれ、ついにはセントラルワールドプラザがほぼ全焼するという予想外の大きな被害となりました。

政府CRESは夜8時から朝6時までの外出禁止令(18年ぶり)を発令し、バンコクの人々はスーパー等でパニック買い、コンビニは暗くなる前に次々と閉店する等、首都と近郊は騒然とした様子でした。そして騒動はウボン、コンケン、カラシン、ムクダハン等の各県にも飛び火し、ウボンでは県庁が全焼。政府はこれらの県を含む25程の県にも外出禁止令を発令しました。

バンコクで垣間見えたのは社会の低階層庶民の怒りに任せた破壊、そして地方では選挙結果も踏みにじる中央官僚の力による統治への反抗でしょうか。UDDカラシン県の人々の「国民IDカードを返却する」という行動も「タイによる統治の拒否」を示す特徴的な出来事でした。

UDDデモ集会は終了し現在は落ち着いた様子ですが、この出来事はタイの人々の大きな心の傷と悲しみを残したに違い有りません。今後どうなるのか、官僚と軍による力による統治という体制は変化するのか、地方の人々は今までのように中央官僚統治機構に従うのかどうか等、まだまだ先は見えない状況です。

追加: エラワンセンター発表
5月14日~20日の一連の事件。死者52人、負傷者401人。火災36箇所。

広告

Written by thaida

2010/05/20 @ 09:13

カテゴリー: 政治経済

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。