タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

犠牲者公聴会

leave a comment »

9月25日、タマサート大学で行われた強制排除関連情報センター(PCI)主催の公聴会のレポート。
รายงาน: ไต่สวนสาธารณะ ปากคำเหยื่อกระสุน เม.ย.- พ.ค.53 -prachatai
Testimonies of victims of April-May crackdowns (英語版有り)

4月~5月の強制排除による負傷者と家族を殺された人々からの情報を共有し、まとめようという公聴会の模様。公開フォーラムと被害者や家族の為の基金設立の為のコンサート、数多くの負傷した人達の証言、パネラーとして各大学からの識者が参加した。以下証言の一部。
 
コークウア交差点での4月の強制排除の時に治安部隊のゴム弾により右目を失った若者、サンティポン君。

部隊の前列は警棒と盾を装備し、後列の兵士は銃を装備していた。デモ隊側はペットボトルの水、石、ビニール袋、パラー(魚を発酵した臭い調味料)などを所持。
治安部隊が前進してきた時デモ隊は動かずその場に留まってた。衝突したときも特に抵抗しなかった。そして銃声が聞こえ、負傷者達が運ばれるのを見た。自分は顔に付いた催涙ガスを水で洗おうと屈んだその時、ゴム弾で右目を撃たれた。
政府が行った事に対し責任を取るよう要求する、本当の事を話し、真実を受け入れるように。
当時政府が言っていた7つの段階的な対策の強化など無かった。いきなり最初から強硬な手段が始まり、それが更に激しくなった。

 
5月14日にルンピニ公園で撃たれた屋台の揚げサバ売りのトンチャイさん。

いつものように材料のサバを買いにバイクでラマ4通りに行ったが道路がブロックされてボンガイまで辿り着けなかった。断続的な銃声が聞こえる中、ルンピニ警察署の近くに群集と記者達が集まっているのが見えた。
カナダ人記者と共に道路を渡り、公園の塀の横に屈んで銃撃がどの方向で起きているのか知ろうとしていた。十分間ぐらいの銃撃が続いた後、カナダ人記者が撃たれて倒れた。トンチャイさんは記者を助に行こうと起き上がった所で尻の右側を撃たれ、続いて更に尻の左側を撃たれた。何人かが助けに走ってきたが、カナダ人記者は腹を撃たれていたので彼を先に助けるように言った。その後、別の人達によって本人も運ばれた。

トンチャイさん「余りにも痛すぎて引き摺られるのに耐えられず、何か運ぶ物を探してくれ、そうじゃないと俺は動かないと言った。それで彼らは警官用の盾を持ってきて警察署に運んでくれた。」

その後、病院の医師による手術で弾丸は摘出され、後に中国製のM16用弾丸と特定された。

 
5月15日に足を撃たれたネイション紙の記者、チャイワットさん。

PRESSと書かれた防弾チョッキと腕章を身に付けていた。… 午前10時半、バイクでランナム通りに入り、ラーチャプラロップ通りに出た。デモ隊が一体の死体を引きずろうとするとするも、部隊からの銃撃に阻まれて運べずにいるのが見えた。チャイワットさん達が到着すると銃撃が止み、デモ隊は15歳の犠牲者サマパン君(※以前ニュースになった)を含む二体の死体を運び出すことができた。2時~3時頃銃撃が再開したがチャイワットさんは撃たれることは無いだろうと思って写真を撮り続けた。しかし足を撃たれ、近くにいる友人に電話をした。25~30分後、兵士らが来て彼を軍用救急車に運んだ。車の中には3つの棺桶が見えたが死体が有るかどうかは暗くて見えなかった。彼はまた「デモ隊が武器で戦っているのは見なかった、竹製ロケットと花火だけであった」とパネル参加者に語った。
 
医師の診断書には「高速の銃弾で撃たれた、足の中で砕けた為判別は不能」という記述があるだけ。十日間の治療中、警察による取調べも無かった。彼はこれを前例とする為に政府を訴えるつもり。

 
その友人の記者、ウトーンさん。

ウトーンさんはチワタイというビルから狙撃兵部隊が地上のデモ隊を狩っていたと見ている。… ランナム通りのマンションのバルコニーで撃たれて死亡した有名歌手の親類の写真を見せ、その傷口からわかるのは、同程度の高さの建物からの銃撃であり、地上からのものでは無いと語った。また銃で照準する兵士の写真も見せた。
 
ウトーンさん「私は黄色シャツ、赤シャツ両方の写真を撮ってきた。… 黄色シャツに対して、軍は何もしなかった。催涙ガスによる強制排除で人が死に、警察のトップは首になった。赤シャツは撃たれたが軍のトップは相変わらずその地位を保っている。」

 
フリー記者のニック(Nick Nostitz)さん。

… 腹を撃たれた赤シャツのチャーンナロンさん(※以前ニュースになった)は塀を登れず池に落ちた。兵士はチャーンナロンさんを池から引き出すよう、記者のニックさんに命令。ニックさんは言われた通りにやろうと試みたが一人ではできず、兵士に手伝ってくれるよう求めた。しかし兵士はチャーンナロンさんを「この野郎、死ねばいいだろ。俺が病院に運ばなきゃいけないならお前は死んだほうがいい」と罵った。記者のニックさんとチャーンナロンさんは軍医が来るまで3時間半そこから動けなかった。
 
一ヶ月後ニックさんはチャーンナロンさんを探したが、既に亡くなっていたと知った。…


記事にはこの時の高所から撮影したビデオが有ります。この件は以前ニュースになって写真もありましたが、高所から撮ったビデオにこれが写っていたのは驚きです。記事には他にもいくつもの証言が掲載されています。

広告

Written by thaida

2010/09/29 @ 12:53

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。