タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Archive for the ‘’ Category

タイの若者: 酒、麻薬、暴力

leave a comment »

After Years of Upheaval, Not All Is Well With Thailand’s Youth – NYTimes.com から抜粋。

チャイルドウォッチ東北部のソンバット・リッティデット氏「GDPは上がり続けているが社会は病んでいる。酒、タバコ、学校中退、暴力、婚前交渉等の問題は全て互いに関連が有る。」

タイの7月の報道ではタイではメタアンフェタミン中毒者数が世界で最も多く、違法な興奮剤の使用が特に若者の間で人気がある。この政府の公式な表明の真偽を確かめる術がないが、タイの薬物中毒問題の大きさを否定する者は居ない。メタアンフェタミンがあまりにもタイ中に行き渡っている為、ヤラー大では遺伝子的な要因が中毒患者発生率に関わりがあるのかを研究している程である。

学生の世界的な比較分析ではタイのスコアは比較対象の36の国で下から3番目に落ち込んでいる。O-Netと呼ばれるタイの国家試験では2007年からタイ語、数学、科学、社会、英語の5科目の成績が激しく落ちている。

タイ東北部のある村では若者のギャング同士の抗争で年初から銃撃等で3人死亡。抗争は日常茶飯事で警察は一日に10回呼び出される。警官は村の問題として酒、ギャンブル、セックス、法の無視を上げ、医師は13歳ぐらいの少女の妊娠と違法な中絶が増えていると語る。

チュラロンコーン大学のソムポン氏「我々は他の国々と競い合えないだろう。我々の国民の質は更に劣化して行く。我々の国は麻薬、未成年の妊娠、暴力において東南アジアでトップランクになろうとしている」

コーン財務省大臣「能力のある教師が極度に不足している」

6月のタイのニュースによると、高校教師達は自らの専門教科の試験を受けるよう命令され、その多くが不合格。教育への政府支出は過去15年で3倍になったが教員の初任給は月300ドル以下。高級官僚の利益になっているだけか。ある教師は、政治混乱での頻繁な政府の交代が有り、5人の総理の間におかしな教育政策になっていると言う。

政変もドラッグの流行に影響が有る。2006年、ミャンマー国境に配備されて麻薬の流入を監視していた何万人もの警官や軍隊が、デモ対策の為に度々動員された。その2006年のクーデターから2008年、麻薬関連の事件が15000件で63%増加している。麻薬中毒のリハビリ患者数は去年で12万人、2007年の2倍に跳ね上がった。2006年のクーデターがタクシンの非常に効果的だった反麻薬政策を終わらせたのである。人権団体はこの反麻薬政策で2500人の容疑者が殺されたとして非難している。

アルコールは若者の生活を支配している、特に職業訓練校の。十代の飲酒は特に安価なビールの導入で急激に増えている。一人当たりの売上は1996から52%増加。

警官「ほとんどの暴力ざたは休日や週末の祭で、特にはっきりとした理由も無く起きる。2007年に記録されたアルコールに関係する事件は15814回。最新のデータでは十年前の3倍だ」

教員による調査インタビューによると学生は昔より多くの物を与えられているが学業にはあまり興味が無い。多くの生徒がドロップアウトし、高校の卒業率は49%。

Written by thaida

2010/08/25 at 16:15

カテゴリー: 社会, , 政治経済

Tagged with , , , ,

ランサーンビール

with 2 comments

ビアラオ社は新たな自社ビールを発表した。名前はランサーンビアで、より濃厚な味を特徴としている。
ビアラオ社は4月28日新製品記者会見を開き35年間のビアラオの開発史の最新のものとしてよりおいしく、より安いビールとして消費者に対し新たな選択肢のビールを発表した。
(2008/4/29 パテートラオ紙より)
ランサーンビア(Lanexane Beer)が発売となりました。値段はビアラオより若干安く1ダース60000キープ、アルコール度は5.5%、原料は粳米50%、麦50%です。「1日 8時間以上働く労働者の為のビール」というキャッチコピーのようです。まだ飲んでいないので味は不明です。[]
src:
ラオスのビジネスを読む。 -ブログ版- : 2008/4/24-28 各紙より

おー、これは飲んでみたいですね。

タイで外こもりをしていると、最も行く外国といえばラオスのビエンチャン。主にビザ取りで行くんですが、食事とか交通費とか何を買ってもバンコクより軒並み高いビエンチャンにおいて嬉しいことと言えば、安くておいしいビアラーオが飲める事です。そこに同じ会社の新銘柄が加わったわけですね。米50%ってのが、ちょっと耳慣れないですが。

ランサーンという名前がまた良いですね。現在のタイ王朝のずっと前、遥か北部に首都があった時の国の名前ですが、その由緒正しい名をビールに付けちゃうところがまた。

なんとなく、タイの安ビールの代表格のビアチャーンを作っている会社が出した、更に格安のイサーンビアを思い出しますね。イサーンビアは大胆にもタイの広大な地方名をビールの銘柄として使っちゃったので反対運動が起こったんですが、いつの間にか反対の声も治まって定着しちゃいました。自分は反対運動が起こったと聞いて「勝手にイサーン地方のビールの代表を名乗るな」という理由だと思ったんですが、そうではなくて「イサーン人が酒飲みだという印象を与えるからだ」と聞いて拍子抜けした記憶が有ります。今更否定してもしょうがないのに。

ランサーンビアのネーミングもこの辺が影響しているような気がするんですが、というかたぶんしていますよね。同じく労働者層向け銘柄のようだし。

今月もビエンチャンに行くので是非飲んでみたいと思います。って、いつ売り出すのか書いてないから、今月飲めるかどうかは微妙かな。

[6-9 追記:

ランサーンビア

5月20日、メコン川沿いのレストランではポスターが出ていましたが製品はまだ有りませんでした。ポスター下のキャッチフレーズは「爽快さの力」?直訳だといまいちですね。

小売価格はビアラオより安いはずでしたが、この店の値段は同じでした。次回は飲めるかな?]

Written by thaida

2008/05/01 at 21:43

カテゴリー: ニュース,

Tagged with ,

ヤードーン

leave a comment »

ヤードーンとはハーブ(薬草)を酒に漬け込んだもので、滋養強壮薬を兼ねた酒です。

20050817-yadong1.jpgバンコクの街の至る所にこれを売るヤードーン屋があって、大抵は普通の飲み屋を兼ねてます。よくバイタク(バイクタクシー)のにいちゃんなんかが仕事の合間にこれをショットグラスで煽ってたりします。

ヤードーンはこんな大きな瓶に漬け込んであって、各瓶毎に漬け込んであるハーブの種類と効能なんかが書いてあります。うまいかどうか、というと、日本人にこれを飲ませると、ほとんどの人が以降二度と飲みません。そんなものです。

また、薬草が入っているからといって、ほんとに健康に良いかどうかはまったく保証しかねます。ある店ではこれに酒を足すときに灯油みたいな赤いポリ容器から注いでました。ポリ容器にアルコールを保存してあるということは、よくない成分が含まれている可能性が高そうです。普通のコンビニで売ってるラオカオなら安心だと思うんですけど、そうするとコストが上がっちゃうかもしれませんね。

ヤードーンの小瓶 その注文の仕方ですが(注文したい人がいるかどうかはともかく)、一般的には写真にある小さいショットグラス、普通のグラス、小瓶の三種類のどれかで注文します。参考までにうちの近所の店の値段です。

  • ペック เป๊ก 10B – ショットグラス
  • ゲーオ แก้ว 20B – 普通のグラス
  • ベン แบน 40B – 平べったいウィスキーの小瓶

どれを注文しても、つまみの漬物がついてきます。マヨムという小さい梅のような果物、葡萄なんかが一般的ですが、どっちも酸っぱくて、これを塩や唐辛子の粉末につけて食べます。

ヤードーン、コラートヤードーン屋のヤードーンも良いんですが、入れる酒の品質が悪いことも多い。そんな心配が要らないのがこの、ヤードーン用のハーブを詰めた製品。写真はコラートの特産品のヤードーンで、コラートの土産物屋で買えます(100B少々)。瓶の中にハーブだけが入っていますが、これに各自好きな酒を入れて8日間漬け込みますと飲み頃になります。減った分は適宜酒を足してください。

何を入れても良いんですが、ラオカオを入れるのが一般的です。ラオカオはコンビニで大瓶60~80B(現在)。ただ自分の場合は飲み始めるとショットグラスでもつい3杯、4杯、と飲んでしまい、注ぐ酒の回転が早くなってしまいます。ハーブの成分が染み出す間も無ければ、もう普通にラオカオを飲んでるのと変わりませんね。

Written by thaida

2008/03/23 at 21:30

カテゴリー:

Tagged with