タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘アピシット

赤動向

leave a comment »

10月17日(日)、赤シャツ集会はチェンマイ県からアユタヤ県へのパレード、そしてアユタヤ県の運動競技場での集会が行われた。
เสื้อแดง “แรลลี่-ชุมนุม” อยุธยา คึกคัก -prachatai (写真集有り)

道中に設置された数多くの検問に加えて道路にマキビシが撒かれていた為アユタヤ県へのパレード到着は大きく遅れた。検問は集会終了後もアユタヤに出入する道路で一晩中行われた模様。

『6月24日民主主義グループ』のソムヨット氏の声明:

政府による武力鎮圧で数多くの死傷者を出した10月14日の事件から37年となる。それは国民に権力を返せという赤シャツの要求に対するアピシット政権による武力鎮圧で92人の死者と数えきれない負傷者を出したのと同様の事件だった。
政府に対し、政治犯の釈放、裁判所改革、経済改革、農業従事者への充分なレベルの社会保障、強制閉鎖された赤シャツ系メディアの報道の権利の回復(D-station、ピープルズ・チャネル等のTV局、レッドパワー紙等)を要求する。
またプラユット陸軍大将に対し、政治への干渉を止め、今年の4月10日と5月19日の事件に関する事実を公表し、国民への武力鎮圧を命令した者を迅速に罰する事を要求する。

 
この日の集会は22時頃、参加者に配られた3千発の花火で終了した。
来月の11月はルーイ県での集会。また後半はサムットサーコーン県での集会を検討中とのこと。

広告

Written by thaida

2010/10/18 at 13:41

赤ニュース

leave a comment »

10-7: サンダル商逮捕。
Street Vendor Arrested Selling Anti Abhisit-Suthep Sandals | Pattaya Daily News

10月4日のアユタヤの集会場でサンダルを売っていた露天商の女性が逮捕された。チャルワット少将の発表では、サンダルにはアピシット首相とステープ副首相の絵が描いてあり、「ラーチャプラソンで人々が死んだ」と書いてあった為。サンダルは4組100バーツで売られており、300組(7500バーツ相当)が押収され、露天商の女性は12時間の尋問の後に起訴された。量刑は懲役2年又は4万バーツの罰金、あるいはその両方となる可能性がある。
 
ソムバット氏(集会まとめ役)はこの件で翌日、タクシン氏が首相だった時は反タクシン派による同様な行為が蔓延していても全く妨害は無く、政府による二重基準を示すものである、と語っている。


追加 10-11:

10月10日(日)の集会の様子はこちら。
ประมวลภาพคนเสื้อแดงรำลึก 6 เดือน 10 เมษา -prachatai

滞りなくほぼ時間通りに終了したようです。蜘蛛の巣のように赤い紐が絡み合う絵が、集会のシンボルの様になってきましたね。
同日チェンマイでも、チェンマイ大学周辺で小規模なパレードが行われたと有ります。

追加 10-13:

赤木教授の記事。
【タイ】【タイ政治社会の潮流】「家産制政党」[社会]/NNA.ASIA
未だタクシン氏の影響が強いプアタイ党、赤の主軸政党と言っても良いかと思いますがその運営がギクシャクしてきている、ということです。赤シャツ派もそれぞれに様々な人達が居るのは周知ですが、上記のようなソムバット氏らの草の根レベルの活動とはもう全く別世界のように見えますが、どこかに接点は有るんでしょうか。

追加 10-14:

ネーションの@satien_nna氏によると、10月14日は民主記念塔にて、1973年の民主化運動への血の弾圧を記念して追悼式を行う。

また10月17日(日)はアユタヤ県の運動競技場で集会の予定。

Written by thaida

2010/10/07 at 10:22

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

プラチャータイ理事、当局に拘束される

leave a comment »

いつも見ているプラチャータイですが、その理事(代表)のジーラヌット女史の身柄が拘束された模様。
กักตัว ผอ.ประชาไท ที่สุวรรณภูมิ เบื้องต้นยังไม่ทราบข้อกล่าวหา -prachatai

ハンガリーでのInternet at Liberty 2010会議から本日帰国した所を入管で拘束された。なんと2009年4月27日のコンケン県での何らかの行為に対してコンケン県裁判所が本日令状を出したという事だが、詳細は不明。

どうやら不敬罪の容疑の模様。またか…という感じ。

追加 9-25:
Thai news site webmaster arrested for second time -yahoo finance
去年に続き二度目の逮捕。

Prachatai editor released on bail -Reporters without borders
国境無き記者団: 「ジーラヌット女史の即時開放と容疑の取下げを要求する。この数カ月間、プラチャータイはタイで何が起きているのか最も信頼できるニュースソースである」
The press freedom organization: 「プラチャータイはポストされるコメントの制御が困難なため、既にフォーラムを閉鎖している。今回の逮捕は容認できない。逮捕はオンラインでの表現の自由に関する国際会議に招かれたその帰りでの出来事」
前回3月31日の逮捕ではジーラヌット女史の姉妹が30万バーツの保釈金を支払った。フォーラムにポストされた王室批判コメントの削除が遅かったという理由で、未だに懲役50年の刑が課せられる可能性が有る。

今回は支援者達が用意した20万バーツの保釈金で既に保釈されているが、後日コンケン県でまた出頭しなければならない。

追加 9-26:
Political website director released on bail -bangkok post
アムネスティ・インターナショナル「タイ政府は不敬罪法の支えとしてコンピュータ関連犯罪法(2007年)を頻繁に使い、政治的に異なる意見表明を黙らせる為に検閲を増大させる傾向にある。不敬罪法による国際人権法の下で規定される表現の自由の制限は度が過ぎる。」
なんか訳が変かも?原文:

Amnesty International yesterday released a statement condemning Ms Chiranuch’s arrest.

“The Thai government has frequently used the 2007 Computer-related Crimes Act to uphold the country’s lese majeste law in a growing trend of censorship to silence peaceful political dissent,” the statement said.

“The lese majeste law goes beyond reasonable restrictions on freedom of expression provided for under international human rights law.”

ジャーナリスト保護委員会 (CPJ)「正当な批判を抑圧するために”反王室の告発”を使うのを、タイ政府は止めるべき」

4月7日以降、アピシット政権は非常事態宣言に乗じて衛星テレビニュース局、コミュニティーラジオ局、出版印刷所、反政府のUDDに関係したウェブサイトを閉鎖している。

追加 9-27:
นักข่าว 0.8: กรณีการจับผู้อำนวยการนสพ.ประชาไท และข่าวที่กรุงเทพธุรกิจออนไลน์รายงาน #freejiew -bact
当日ジーラヌット女史に付き添って空港からコンケンまで同行し、夜中2時過ぎに保釈されるまで女史と一緒に居たbact氏による記事。

クルンテープ・トゥラキット新聞社のニュース記事について。事実関係、拘束や保釈の各物事が起こった時間、誰が保釈金を払ったのか等、そのニュース記述の全てにおいて間違った記述しており、ニュース記事の正確性どころか、大ほら吹きといえるレベルだと指摘しています。

Written by thaida

2010/09/24 at 16:58

王の国と国民の国との戦い

leave a comment »

ทามาดะ โยชิฟูมิ (Tamada Yoshifumi) การต่อสู้ของรัฐ Monarch Vs. รัฐประชาชน

8月24日、京都大学のTamada Yoshifumi教授(玉田芳史教授でしょうか)を招いてのチェンマイ大学での会合の記事。教授はタイやアセアンの研究でとても高く評価されているそうです。海外の学者はタイの政治をどう見ているのか、ということで注目されたようですね。

以下抜粋。間違いが有ったらご指摘お願いします。

2003年から2006年、タイの民主主義はまだ許容されるレベルだった。政治的権利の面、国民の自由度の面においてどちらも2~3と評価(7段階で1が最も高い)。しかし2006年のクーデター後はそれぞれ7と4という評価、現在ASEAN諸国で4番目のレベルとなっている。

タイの政治状況は、手短に言えば悪化している。始まりは2006年9月19日のクーデター、いわゆる権力の奪い合いのひとつ。続いて2007年憲法の強制。これは民主党から首相を出すことを望んでの選挙の為の道具だった。

ところが民主党は選挙に負け、アピシットとその仲間が水面下で表に見えない権力との交渉を始める。同時に黄色派がバックに大きな後ろ盾を抱えての活動を行い、空港を占拠する。結果として支配階級の後ろ盾でのアピシット政府が、プアタイ党とのロビー活動を経て誕生。

しかし様々なグループの手助けで成り立つアピシット政権には利益分配の要求が絶えず、これが政府の自由を奪っている。

政府への不満は高まり、赤服による抗議活動での4月10日、5月19日の事件は死者を出すことになる。このような事態になれば普通ならアピシットは持ちこたえられないのだが、マスコミがアピシットのためにその過ちと死者を隠す役割を演じ、これが真実を覆い隠した。

一連の出来事は”善人(コンディー)”派と”タクシン”派との戦争だとは思っていない。ほとんど一方が攻めるだけの不平等な戦争であり民主主義でもないことは確か。民主主義は言わば、明確なルールが有るが結果は不確かであり、前もって結果は分からないもの。そうで無ければ民主主義とは言えない。従って民主党が選挙を許せば結果が転がり込んでくるなどというのは民主主義では無い。

トンチャイ・ウィニッチャクーン先生によると、クーデターを支援するのは:

  1. 都市部の上流階級(vs.貧困層)
  2. 官僚の権力(vs.国会議員)
  3. 君主制主義者(vs.タクシン)

君主制主義者は彼らの理想国家がタクシンと相容れない為タクシンを嫌う。では彼らの言う民主主義とは何か。

  1. 枢密院は政治に介入する権力を持つという民主主義。
  2. 国民は単に国王のしもべで有り、一般市民ではないという民主主義。
    (?: ประชาธิปไตยที่ประชาชนเป็นได้เพียง ข้าแผ่นดิน ไม่ใช่ พลเมือง)
  3. 選挙は民主主義の指標では無いという民主主義。
  4. 検査も責任も無い民主主義。
  5. 軍隊が世話をする民主主義。

民主主義による統治には様々なスタイルがあるが、タイでは首相と君主制が共に権力を持つというもの。首相と大統領というスタイルとは異なる。後者は大統領は選挙で選ばれ、両者がパワーバランスを持つことが重要。憲法がその権力を明確に規定するのが重要で、そうでないと権力の奪い合いという問題が起こる。

タイ式の統治制度の特徴は首相と君主制。しかし憲法が君主制の権限を明確に規定していいないのが問題。首相の能力や君主制との関係によって権力の浮き沈み、変化が起きやすい。だから君主制主義者達は自らの利益の為に君主制に頼る事になる。

選挙システムによる政治が始まるとタクシンの権力と人気は急激に上昇する。君主制主義者達は驚き、利益を失うのを恐れる。だからタクシンに反抗する。

そして国民は黄色だの赤だのと階級間の抗争に加わるようになる。黄色と赤とで似ている部分、それは中間層。

  • 黄色派は選挙を嫌う。政治家は嘘つき、悪人。クーデターを歓迎し、殺された人々を罵る。階級差を良しとする。
  • 赤派は選挙を望む。議員の利益にすがる事ができる。クーデターは容認しない。国民を殺す命令を出した者を罵り、国民は平等だと思っている。
  • 選挙から利益が得られない君主制主義者は、国民は愚かであり、議員は票を買収してインチキを行っているので選挙は不正であると攻撃する。

国民は愚かで貧乏で低学歴という攻撃、これはある裁判官の発言にも見られる。「1600万票掛ける1000バーツで160億バーツ。เอาคืนได้อย่างสบาย(※どういう意味?)」裁判を行う権限を持つ者がこのような発言をするのには唖然とする。日本ならとっくに辞めさせられている。

そういうわけで黄色、赤、両派に不満が有る。赤派は9月19日のクーデターに不満、アピシット政権の成り立ちである二重基準(不公正)に不満。一方、黄色派は多数派の原則(マジョリティー・ルール)に不満。今まで自らに有益だった経済面で不利となる。社会が変わるのが嫌い。

このような政治には出口が見えない。興味深い問題として、いったい両派とも今誰と戦っているのか分かっているのかどうか。黄色が戦っているのはタクシン?5年間徹底的に攻撃してきてまだ勝てない?資金源を破壊しつくしていないから?一方、赤服派については「誰と戦っているのか分かっているのか?」というのはアヌポン大将のかつての言葉。個人的な見解としてはこれは、王の国と国民の国の戦いと見ている。

最後に言いたいのは、民主主義は選挙を否定できない。国民を否定できない。そうじゃなきゃ民主主義では無い。

Written by thaida

2010/08/26 at 14:13

国境情勢

leave a comment »

タイ-カンボジア間の口論激化中。
ABC Radio Australia News:Stories:Cambodia, Thailand in war of words over border

アピシット首相が王室派の集会にて「カンボジアとの紛争解決に武力を使う」と明言したことはルール違反であるとし、「カンボジアは自国領土を守る準備が有る」とした書簡をUNに送った。ただしカンボジアのポリシーは一環して隣国との紛争に武力を用いないことを再確認している。
タイの王室派は政府に対し、紛争地域の4.6平方キロメートルからカンボジア系住人を追い出すよう要求している。


「ただのタイ国内の票集め」として静観していたカンボジアですが、タイ国内の隣国に好戦的な王室派とアピシット首相の同調を見て、やや警戒を増しているように見えます。

◇追加 8-11:
8月10日のプノンペンポスト。
Hun Sen takes firm stand | The Phnom Penh Post

フンセン首相

「二国間の協定は機能しておらず、多国間での会議を要求する。」
「タイ側が武力による解決を試みるならそれも良かろう。こちらも軍事行動で歓迎する。」
「カンボジアは貧しく弱いが蟻でも象の眠りを妨害し続ける事ができる。」


先週土曜日のアピシット首相によるPAD集会での演説が問題を拡大しているようです。

◇追加 8-15:
กต.เขมรร่อนจม.ขออาเซียนช่วยไกล่เกลี่ยไทย คมชัดลึก

カンボジア外務省大臣は「外部からのサポート無しには、カンボジア-タイ間のいかなる合意も達成できない」という書簡をベトナム外相とアセアンに送った。
またフンセン首相は「アセアン、国連大使、あるいはインドネシア大統領のような尊敬すべき人物かもしれないが、(問題解決の為に)第三者が関与する事をタイは恐れるべきではない。」と語った。

◇追加 8-18:
Bangkok Post : Vietnam seeks Preah Vihear talks

ベトナムはタイ-カンボジア国境紛争の調停の為、積極的に他のASEAN諸国との意見交換を行っている。ベトナムは現在のアセアン議長国。

Written by thaida

2010/08/09 at 11:46

2005年のアピシット氏

leave a comment »

2005年8月26日の記事が興味深いと言っている人が居たので見てみました。

Decree on militants ‘no license to kill’ – The New York Times

タクシン首相は、非常事態宣言の布告は殺人を許可するものでは無く、深南部ムスリムの暴力的な分離独立派を根絶するのに必要であるとし、上院の承認を得て先月から実施されている。
反対派は、これは暴力を煽り立てるだけであり、憲法で保障されている基本的人権に反し、効果もなく挑発的であるとして激しく非難。野党リーダーのアピシット・ウェーチャーチワ氏は、非常事態宣言により容疑者の拘留やメディアの検閲に関して広範な自由裁量権を与える事となり、市民の自由が侵害される事となると非難、また議会での討論にて「出版物の検閲が法により可能となるならば、それは憲法が明言している“戦争下でのみ実施できる”という記述に反する。我々が戦争状態の中にいるのではないことは明白である。」と語った。[後略]


当時のタクシン首相が深南部に非常事態宣言を布告した時の記事でしょうか。深南部の惨状は現在もこの時からそれほど好転しているようには見えません。先日は過去6年の爆弾テロによる死者が4千人を超えたという発表が有りました。死亡者の家族等の間接的被害者は5万人を超えていると言われています。非常事態宣言による効果は、むしろ状態を悪化させたという声も多いようです。第三者機関による監視が無い為、治安部隊による市民の捜査や逮捕監禁に信用できる証拠の裏付けが無い事が、和解を妨げる大きな原因と言われています。
 
現在布告が出ているバンコクや各地方への効果はどうなんでしょうか。深南部程の活発なテロ活動は考えられないとしても、既に反政府派メンバーの暗殺死や不審死が起きている事もあり、活動家の一部は既に地下に潜らざるを得なくなっているようです。やはり深南部と同じような道を辿るのかどうかが不安な点です。
 
アピシット氏については当時の政府を非難した上記の言葉と、首相になってからの行動を比べると確かに興味深いんじゃないでしょうか。アピシット政権に敵対的なテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等は検閲どころではなく、全て閉鎖されてしまいました。反政府、反王政的なウェブサイトも10万以上のサイトがタイ国内ISPによりブロックされています。5年前は検閲に反対していたアピシット氏ですが、これは戦争状態だから良しとしているのか、あるいは政権を取って気が変わったのか、それとも当時の政権を攻撃する為の嘘だったんでしょうか。

Written by thaida

2010/06/29 at 17:55

アピシット政権動向

leave a comment »

No Reconciliation for Thailand’s Red Shirts -asiasentinel

アピシット首相は和解を約束しているにも関わらず、背後に軍部の後ろ盾を持つタイ政府による反政府派への締め付けが続いている。最近は5月までの反政府運動への支援の疑いにより83の銀行口座を差し押さえた。アピシット氏は銀行口座を差し押さえた後「誰も迫害しない」と協調しつつ陸軍による強制排除が行われ、6月16日の時点でも435人の赤シャツ抗議運動参加者が投獄されたまま、その数は更に毎日増え続けたという。
 
国際投資家の主な関心は海外逃亡中のタクシン氏の支持者を追い詰めるという企てにより、アピシット政府が国際的な資金の流れをどの程度妨害するつもりかという事だろう。公開された資料からはタクシン氏との繋がりは見られないが、政府はどこに繋がりを見いだそうとするのか。[略]政府による金融ブラックリストにはタクシン氏の家族、23の政治家、15の実業家、17の赤シャツ抗議運動(UDD)の幹部、5人の退役軍人や警察官が含まれている。
 
政府は赤のネットワーク、特にその資金源を弱めることを目論んでいる。その為にテロリストのネットワークが存在するという疑いをかけ、これを正当化するつもりだ。危険なことにバンコク住民は政府のこの計画に賛同している。この対象には野党プアタイ党も含まれており、つまり政敵を弱めるという目的でもある。すぐにでは無いにしても今後の選挙に大きな影響を与える事になる。[後略]


地方での赤狩りは現在も行われているようですが、アピシット政権は反政府運動と敵対する政党を金融ブラックリストでひとまとめにしてその資金源を押さえ込み弱体化させ、次の選挙までの間に権力を強固にしようという目論見のようです。これまでの流れを見ると、まずは反政府運動を徹底的に叩いて反抗者に思い知らせ、「テロリストという魔法の言葉」でその武力鎮圧事態への非難をかわし、そして選挙では勝てない政敵もこれで倒すことが出来る、というわけです。

Written by thaida

2010/06/23 at 16:51

カテゴリー: 政治経済

Tagged with , , ,