タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘コンピュータ犯罪防止法

新たに1200箇所のサーバを差し押さえ

leave a comment »

タイで警察によるウェブサーバの押収も既に毎度の事となってきましたが、今度は1200箇所のウェブサイトの差し押さえとアクセス・ブロックを行うそうです。対象は、「猥褻物、王室に対する侮辱、国家の安定・治安を脅かすもの、道徳・モラルに反するもの」等で、裁判所の許可が出たら即座に、警察による逮捕・サーバの押収が行われる予定です。src: ICT จะปิด/บล็อก เว็บอีก 1200 เว็บ

広告

Written by thaida

2008/09/01 at 11:05

ネット利用に関する記録保持の新法令

leave a comment »

コンピュータ犯罪防止に関する新法令です。

通信技術に関する事例特別捜査班(DSI)による犯罪捜査の簡略化の為、以下の場所でのネット利用に関する過去90日間以上のログの保持が義務付けられます(公示は8月23日)。

対象:公務機関、教育機関、会社組織、銀行、ホテル、店舗、賃貸の住居、インターネットカフェ、ゲームセンター

記録が義務付けられるデータ:ネットアクセスを提供する店舗では以下の3種の記録の保持が義務付けられます。

  1. 利用者の個人特定が可能となる情報:氏名、又は国民ID等
  2. 利用開始日時と利用終了日時
  3. IPアドレス(外側と内側の両方)とアクセスしたウェブサイト

罰則:これを実行しなかった組織には、50万バーツ以下の罰金が科せられます。

src: DSIเผยร้านเน็ตเก็บข้อมูลคอม23ส.ค.

8/14 追記:

この新法により、利用者がアスセスしたサイト等も記録されます。タイでは卑猥な情報のやり取りを警察の裁量だけで厳しく取り締まりますから、ネット利用者は注意が必要でしょう。

関連:

Written by thaida

2008/08/12 at 16:58

カテゴリー: ニュース, IT

Tagged with

再び、警察によるサーバの差し押さえ

leave a comment »

CAT-IDCのレンタルサーバのうち2台(8/1現在)が再び差し押さえられたようです。

src: ปดส. บุก CAT-IDC ยึดเครื่อง server เว็บไซต์เผยแพร่เพลงชาละวัน > Cyber laws by Thai SEO blogger.

理由は「卑猥な歌」を公開していた、というもの。この卑猥な歌は現在タイのネット上で流行っていて、自分も既にチェーンメールで受け取ったりしています。というように既に蔓延してますから、今更サーバを差し押さえてもしょうがないので、見せしめということでしょう。

同時にこれをファイル共有サービスにポストした女子中学生が逮捕されています。卑猥な歌のファイルは、本人が友達からもらったもので、面白いから公開しただけで、これが問題になるとは全く考えていなかったそうです。

今回の捜査には文化庁や文部省も関わっているようで、ちょっと暴走気味ですね。噂では今月中にも更に別の件での捜査が入りそうだということです。

新聞のクルンテープ・トゥラキット誌がソースのようですが、プーチャッカーン誌は(見てませんが)いつものようにまたトンチンカンな記事を書いているらしいです。

関連:

Written by thaida

2008/08/01 at 20:28

カテゴリー: ニュース, IT

Tagged with

タイでのP2Pファイル交換は危険かもしれません

leave a comment »

児童ポルノ画像を公開しているサイトが有るというドイツ大使館からの通報でバンコクの女性が逮捕された、というニュースが有ったんですが、この女性がサイトを運営していたように解釈できる記事でした。が、実際はP2Pで交換されるファイルに子供の猥褻画像が有った、という話のようです。IT絡みの話だと毎度こちらの新聞記事はいい加減でして、タイラット紙やプーチャッカーン紙等はよく変な記事を書きます。今回はネーウナー紙が割と意味の分かる記事を書いていたようです。
src: Thai polices catch thai edonkey user. > SEM, SEO knowledge in Thailand

それにしてもp2pでのファイル交換で捕まるということは、タイ警察は結構大胆な判断で捜査をしていますね。捕まった女性は普段PCを24時間立ち上げていて、そんなファイルがPC内に有ったことは知らないと主張しているようです。この例からすると、捜査されてP2Pのキャッシュ内にあるファイルが児童ポルノだったりすると即アウトなんじゃないでしょうか。P2Pでのファイル交換システムの中には、中継の為に使用している本人が知らないファイルが存在する構造のものあります。在タイ日本人の中にも海外にいるから大丈夫だと思ってファイル交換をしている人もいるかと思いますが、むしろタイにいるからこそ危ないと思った方が良いかもしれません。

Written by thaida

2008/06/27 at 20:40

カテゴリー: ニュース, IT

Tagged with ,

タイ警察、CAT-IDCのサーバを押収

leave a comment »

昨日、6月10日でしょうか。タイ警察の少年少女及び女性に対する犯罪対策本部(ปดส.)が猥褻サイト開設の疑いでCat Telecomのデータセンター(CAT-IDC)に踏み込んでサーバ48台を押収したそうです。顧客との契約で設置しているサーバが多数含まれている模様。

それ以外の詳細はまだ不明。

src: ตำรวจบุก InternetThailand จับผู้ให้บริการ > SEM, SEO knowledge in Thailand

続報:

「掲示板に大量の猥褻画像や猥褻ビデオが有って無料でダウンロードできる」という訴えにより、タイ警察の少年少女及び女性に対する犯罪対策本部(ปดส.)は情報通信技術省(ICT)と共同で、ニシットガール・ドットコム及びマンサート・ドットコムのサイト管理者を逮捕したそうです。

マンサートについては自分は初耳ですが、ニシットガールのサイトは日本の2ch等の掲示板でも度々URLを見ることが有ったので、日本人の利用者も割と多く居たのではないかと思います。かなり長期に渡って運営されていたのでご存知の方も多いでしょう(「ニシットガール」は「女子学生」の意味)。ニシットガールのサイト管理者は、「外部利用者によってウェブサイト内に2~300の猥褻写真をポストされ、消そうと努力したがまだ残っていた」と供述しているそうです。

容疑者はコンピュータシステムに猥褻物を導入した罪で5年以下の懲役か10万Bの罰金、又はその両方。商売目的で猥褻物を公開した罪で3年以下の懲役か6千Bの罰金、又はその両方を問われる。警察は更に、容疑者が提供した違法なデータを元に性犯罪及び売春行為に容疑を広げるつもり、とのことです。タイラット紙より:ข่าว ไทยรัฐออนไลน์ ปดส.บุกรวบเจ้าของเว็บ’นิสิตเกิร์ล-มันสาด’แพร่ภาพโป๊ : www.thairath.co.th

このように報道されていますが、今回逮捕されたニシットガールのサイト管理者による声明が出ています。

自サイトの宣伝と共に猥褻画像をポストした人、この人は消しても消しても何度もポストして来た。またDVDの宣伝と共にポストした人も居た。自分は『コンピュータ犯罪に関する新法』のことはよく知っているので、管理が不十分だったということ以外は言い訳はしない。
[略]
宣伝の為に猥褻画像をポストした二人の足跡は辿ることができる。自分をこんな目にあわせた人は自分が探し出します。その人は警察に起訴され、私と民事裁判で最後まで戦うことになるでしょう。
nisitgirl.com will come back

これによると実は裁判所からの逮捕状は出ていなかったようで、警察に苛められるような事は無かった。サーバが差し押さえられたのを知ってから自分で出頭し、全面的に協力する姿勢を見せ、その日は普通に家に帰ることができたそうです。しかし報道には「逮捕投獄、起訴」と出ている。これによって受ける損害は大きく、これを引き起こした人に対する訴えを起こすとのこと。

毎度の事ですが、報道の内容はかなり事実とかけ離れているようです。

6-12 追加:

6-16 追加:

CAT-IDCは「以下の3つの法律に則って、今後ホスティングしているサーバに違法な物が無いか調査・監視して行くので協力をお願いする」、という内容のメールを全ての顧客に送ったそうです。

  1. 著作権に関する法律 仏暦2537
  2. 刑法典287条(修正追加第5版 仏暦2525)
  3. コンピューターに関する違法行為に関する法律13及び14条 仏暦2550

src: ตำรวจเชือดไก่ ทะลวง BitTorrent เจอคลิปโป๊-ละเมิดลิขสิทธิ์ ยึดทันที 14 เครื่องเซิร์ฟเวอร์ « www.prachatai.com

今回は無関係な顧客のサーバまで差し押さえられて大変なようです。基本的に、たとえタイ国内向けのサービスであっても、なるべく海外でホスティングしたほうが良いでしょう。

Written by thaida

2008/06/11 at 14:35

カテゴリー: ニュース, IT

Tagged with

タイにいるサイト管理者は気をつけましょう(2)

leave a comment »

タイにいるサイト管理者は気をつけましょう」の続き。121cafe.comのサイト管理者が、一般利用者がポストした卑猥なビデオ・クリップを理由に逮捕された事件について、新聞マティチョンのサイトに記事が出ています。
เหตุเกิดที่ 212 cafe ผู้ให้บริการเว็บพึงสังวร – หนังสือพิมพ์ประชาชาติธุรกิจ

施行されたばかりの「コンピュータ犯罪に関する法律」の問題点。特に今回の件で言えば、「卑猥なビデオ・クリップをポストして第三者に訴えさせれば、簡単に嫌いなサイト管理者を潰すことができちゃいます」、という点を上げています。これは前回書いた点と一致しますね。囮を作るのも簡単なわけです。猥褻物以外にも、著作権法に違反するデータを利用する事も考えられます。

また、この法律が利用者のログの保存を義務付けている点も注意が必要です。捜査が入ってログが無ければこれも管理者の責任になります。

現在の新しいウェブサイトの多くが、利用者によってその内容を作り上げる方向に向かっていますから、サイト管理者にとっては内容の管理がますます難しくなっていくと思われます。
src: เหตุเกิดที่ 212 cafe ผู้ให้บริการเว็บพึงสังวร > SEM, SEO knowledge in Thailand

Written by thaida

2008/06/09 at 15:24

カテゴリー: ニュース, IT

Tagged with

タイにいるサイト管理者は気をつけましょう

with 2 comments

ネットに猥褻画像を公開した容疑でバンコク近郊のポルノサイトの管理者の一人が捕まった、というニュースがマティチョンやプーチャッカンという有名どころの新聞サイトに掲載されたんですが、例えばマティチョンには、จับเว็บมาสเตอร์เว็บโป๊ แพร่ภาพคลิปลับว่อนเน็ต – matichonのように、いかにも実際にポルノサイトを運営していたような見出しです。

ところがそのウェブサイトというのはごく普通のIT技術者の日記ブログで、特に卑猥な内容は無いものだったそうで、陰謀じゃないかと話題になっているようです。記者も記事を書く前に5分ぐらい時間を使って当のサイトを見てみれば、すぐにこれは変だと思いそうなものだと言うんですね。その後、特に訂正記事は無いようです。

いきなり警察に踏み込まれてサーバとか押収されて一晩留置場に拘留された後、保釈金を払って出てきた当の技術者が、その出来事を日記に 212cafe.com เป็นข่าว! として書いています。かなりの恐怖を感じたようです。

タイでは最近、コンピュータを違法な目的に使うことを取り締まる法律が公布されたんですが、どうも権力者が気に入らない言論を潰す方法に使ったり、気に入らない相手や商売敵への嫌がらせや嵌め込み、警察の別件捜査やみかじめ料の徴収なんかにも流用されているんじゃないかという懸念が広まっています。先週も、情報通信技術省の大臣が気に入らない記事を消させる為に、該当サイト数箇所への通信をISPに遮断させたり、「協力を求める」という言葉でサイト管理者へ圧力をかけて記事を消させたことを認める発言をしたので話題になりました。この時は「法的手続きを取らなかったのは、いちいち裁判所を通すのが面倒だった」というような発言も有ったようです。

タイでウェブサイトを運営すると、自分に非が無くても最初の人のように理不尽な目に合うかもしれません。新聞が上記のように派手な見出しをつけて実名報道すれば、その個人や企業は社会的に大きな打撃を受けることになります。このような現状を打破する為にネット市民は戦いましょうという呼びかけが bact’ is a name: Netizen Unite!に有ります。

というわけで、タイでウェブサイトを運営している日系企業やサイト管理者の方々も気をつけてくださいね。

[5-30 追記: 上の212cafeのサイト管理者が警察に踏み込まれた経緯が、関係者からの話として出てます。
Cyber law, Process and Standard in Thailand. > SEM, SEO knowledge in Thailand
簡単にまとめると、

  1. ある女性の恋人である男性が、その女性の写真を212cafeの掲示板にポストした。
  2. 女性がその男性を訴えると共に、「写真の公開に協力した」としてサイト管理者も訴えた。
  3. 警察が証拠を押さえる為にサイト管理者を逮捕した。

というのが経緯だそうです。誰でも投稿できる掲示板を設置しているサイトはたくさんありますから、これは危ないですね。訴えられる危険を防ぐには、全ての投稿を公開前にモデレートしなきゃなりませんが、それじゃコミュニケーションが成り立たないサイトも多いことでしょう。困った問題ですが、これがきっかけで「コンピュータを利用した犯罪に関する法」の解釈や執行に明確な基準を設けるよう求める運動が起きつつあるようです。

これと似た問題で、現在明確な判断基準なしに権力者が圧力をもってサイトの閉鎖や遮断を行っている件があります。タイはもともと言論の自由が有る国ではありませんが、こういう問題をきっかけに言論の自由を求める運動が広がる可能性も有るかもしれません。日本でもタブーに触れると超法規的に圧力が掛かりますが、タイでの思想表現に対する圧力は遥かに厳しいものがあります。]

Written by thaida

2008/05/27 at 05:05