タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘セントラルワールドプラザ

セントラルワールドプラザ

leave a comment »

ラーチャプラソン交差点のデパート、セントラルワールドプラザ(CWP,旧名ワールドトレードセンターCTW)は5月19日、非常事態対策センター(CRES)の軍によるデモ隊強制排除の直後に火災が起こり倒壊した。その火災発生の前後に建物の内と外を写したと言われる写真がネット上に出回っている。
ว่อนเน็ต ภาพชุด ‘เวิร์ลเทรดฯ’ ก่อน-หลังเพลิงไหม้ -prachatai (2010-12-06)

強制排除と火災が起きた5月19日の夕方、建物内部と周辺を写したとする写真が投稿されている(注意:遺体写真有り)。
ポストされた写真: ความจริง และ ศพสุดท้าย ที่ เวิลด์เทรด …. / facebook: ความจริง

写真投稿者による説明:

  • 建物内部の兵士やCRES当局者の写真は火災が起きる前の物。
  • デパート内の警備員、店舗の従業員、その他何人もがショットガンによる足への銃撃で負傷し、全員外に追い出された。
  • 建物内部で銃撃したのが誰かは分からない。

 
記事ではこれらの写真については現在の所、当局のいかなる部署による捜査も確認もなされていないとしている。


8日のニュースでは、CRES広報サンサーン氏が「これらの写真については、既に何度もネット上で出回っている写真であり、捜査の必要は無い」と語ったそうです。写真の中で気になるのは兵士等と共に居る黒い服の人々は誰なのか。それから兵士達があちこちの店舗の鍵をこじ開けている場面。そして不思議なのが、写真には大勢映っているのにこの時の証言が全く出てこない事でしょうか。
当初はデモ隊が放火したというCRESの説明を信じる人が多数でしたが、ラーチャプラソンに最後まで残った女性と記者の証言では火災発生の前に周辺は兵士らが完全に掌握していて消防車も用意してあったと言う。にもかかわらずビルが倒壊するまで火災が続いたこと等から最近は当初から計画された何らかの組織による放火ではないかという疑いを持つ人々が増えてきているようです。これと同時に起きた地方各地での県庁舎の火災に対しても当初から同様な疑問が有りますし、まだまだ隠されている事がたくさん有りそうですね。


追加 2010-12-9:
これら74枚の写真について一枚づつ分析している文書(英語)が匿名で公開されています。
CTW photo analysis

前置きの概要。

  • 場所は全般にCTWの内部と付近なのは確か。
  • 全般に同じカメラによる撮影と思われ、ほとんど時系列に並べてある。
  • 撮影者はCTWの保安要員、警備員と考えるのが最も辻褄が合う。
  • 撮影日は大きく二つのセットから成り、1-60番は5月19日の午後、61-73番は5月21日の撮影。後に追加された74番は別のカメラ。
  • 最初のセットは火災の前。50-51番で煙が見え始める。後のセットは消化後。
  • 火災の前にCTWを掌握していたのは誰かという問には答えられないが、武装した人々がモールの中に居たことは分かる。警備員が三階で撃たれているが、その狙いは足を撃つことだった。ゾーンAの方向からの銃撃。そこは現在火災と倒壊によるダメージで閉鎖中。デモ隊あるいは強奪者が一階で撃たれている。
  • CTW内に一人か複数の銃撃者が居たことは確かだが、それがタイ軍なのか、赤シャツに協力したと言われている黒服部隊なのか、これらの写真からは分からない。
  • パラゴンの裏側にも銃撃者が居たと思われるが、同様にどのグループなのか、CTW内部での銃撃者と繋がりが有るのかは分からない。兵士かもしれないが、武装した兵士が写っているのは壁際でリラックスしている物だけ。


この後に各写真一枚一枚の分析が有ります(長い)。

そして結論部分。

CTW内部に居たのが分かるのは3つのグループ。

  1. 少人数のデモ参加者。強奪をしようとしていたかもしれない。
  2. CTWの警備員。明らかに銃撃から逃れようと避難している。
  3. 見えない銃撃者。複数のグループだったか、デモ参加者と警備員を銃撃したのは同一グループなのか、それは判断できない。

少なくとも3箇所からの銃撃。

  1. CTW内部での警備員とデモ参加者への銃撃。
  2. パラゴンの北東の角からの銃撃。
  3. パラゴンの西側からの銃撃。これは恐らくBTSサヤーム駅プラットフォーム上に居た迷彩服にスキー帽を被った兵士らとの繋がりが有る。

撮影者はほぼ間違いなくCTWの警備員である。写真では顔もはっきりと写っている。彼らは間違いなく写真以上の事を知っているはずだがジャーナリスト達は今後これらの目撃情報を追跡するだろうか。
これらの写真が新たな結論をもたらす物では無いとしてもその反響は著しい。それは起こったことに関する情報が余りにも少ないからだ。事件から6ヶ月経った今も我々は推量し言い争っている。
政府はこれらの新たな証拠を即座に否定し、情報を欲している人々への対応を拒絶した。それが現在の不透明な政策、国民への情報提供の責任の欠如を明示している。

 
かなりこった内容ですね。分析には相当手間が掛かったんじゃないでしょうか。


追加: これも匿名記事。
Some thoughts by someone anonymous – Loss of Gravity

セントラルのスティキアート氏もプラチャーマリーノント氏も元々タクシン氏と「近しく良い関係」で、赤シャツがCTWに放火するという道理に合わない。一方ドゥシット、マーブンクローン、ネーション等(記事には他にもいろいろ)は全く標的にならなかった。今回の事件でチャンネル3、セントラル、タクシン、赤シャツ、反王室派が一気にやっつけられたことになる。これらの宿敵は誰なのか考えてみよう。これ以前の3年間、セントラルやチャンネル3の敵だったのは誰?
というような記事ですが、背景知識が無くて理解できません。興味が有る方は読んでみてください。

広告

Written by thaida

2010/12/09 at 12:32