タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘セートデーン

赤服集会の様子

leave a comment »

「日曜は赤服」運動の集会9月12日は、アピシット政権下で軍によるデモ隊強制排除で死者が出た地域を中心に、約50人台の自転車による行進が行われた。
กลุ่มวันอาทิตย์สีแดงขี่จักรยานรอบพื้นที่ราชประสงค์ -prachatai (動画有り)
 
運動創始者ソンバット・ブンガームアノン氏(通称ボーコー・ラーイチュット)

来たる9月19日はクーデターから丸4年、強制排除から丸4ヶ月。強制排除により多数の死者が出たことに関して政府からの回答はまだ無く、市民が自らその答えを探し求めるものである。そして赤服はこの悲劇をまだ忘れていないと宣言するものである。
 
9月19日の活動は、2006年9月のクーデター、そして2010年のデモ隊強制排除での市民の損失を偲び、赤い風船一万個を空に放ち、一万本の赤い布をラーチャプラソン中に結ぶ。そしてダイング(死んだふり)を行い、19時には赤いロウソクを灯す。約2時間半の行程となる。
 
(近頃起きているの爆弾騒ぎについての記者の質問に) いかなる派によるものであれ暴力は正当化されない。警察との調整もきちんとできているので、追悼活動の間に何も起こらないことを望む。
 
(外人記者からの質問に) 自分は赤服リーダーでは無く活動を調整する市民、リーダーが無くても市民は活動を続けられると信じる。

 
丁度この時カッティヤー・サワディポン(ディアー)さんが運動応援の為ラーチャプラソン交差点に到着し、参加者達の歓迎を受けた。
 
17時過ぎ、自転車での行進はラーチャプラソン交差点を出発、ラーチャダムリ通りを走りプラトゥーナーム交差点からラーチャプラロップ通りへ。サマーパン君という少年が5月15日朝に銃撃により死亡した場所とラーチャプラロップ22入り口で一時停止し、家の中にまで銃撃で被害を受けた住人と会話。その後ラーチャウィティー通り、サンティパープ公園、(焼け落ちた)センターワン、戦勝記念塔、左折してパヤータイ通り、ラーンナム通りへ入って引き返してラーチャプラロップ、ラーチャダムリ通りを経てルンピニー公園のラーマ6世通り広場に到着。1時間程の行進の間、沿道の両側の市民が時折「兵士が市民を撃った」、「我々は忘れない」等の掛け声と共に手を振った。
 
一方ルンピニー公園のラーマ6世像広場では、5月13日に狙撃暗殺されたカッティヤ・サワディポン少将(セートデーン)を偲ぶ集会が行われており、「日曜は赤服」運動参加者も合わさって多くの人出となった。カッティヤ少将が外人記者によるインタビュー時に狙撃暗殺される場面を再現した後、娘のディアさん等がカッティヤ少将の遺影、赤い布と赤いバラを持って暗殺現場に行進。その後カッティヤ少将の略歴の読み上げ、赤いロウソクの点灯、献花等が行われ、追悼集会は19時頃に終了した。
 
追加: 関連記事。
 
go6: “น้องเดียร์” ผนึกกำลัง “บก.ลายจุด” เตรียมลุยราชประสงค์ 19กันยานี้
ディアーさんは前触れ無しに来た為、参加者達を驚かせた。「父の代わりに参加しに来た」と語り、19日の集会への参加を呼びかけた。父の暗殺場面の再現ではさすがに涙を滲ませていたようだ。暗殺場面の再現でセートデーン役を演じたのは、2ヶ月前にラーチャプラソン交差点で「ここで死んだ人が居る!」と叫んだ為に逮捕された活動家ナティー氏。

広告

セート・デーンの娘の近況

with one comment

以前父の跡を継ぐと宣言したセート・デーンの娘の近況。

5月にインタビュー後の記者の目の前で狙撃暗殺されたカッティヤ少将(通称セートデーン)の娘カッティヤー(通称ディアーさん)は、正真正銘の赤服として活動していく事を発表した。故カッティヤ少将が設立した政党「カッティヤタム党」の党首としてその意思を継ぐ。
ขัตติยา สวัสดิผล “พรรคของพ่อก็อยากให้เป็นพรรคของพ่อเสมอ… เดียร์จะเป็นหัวหน้าพรรคเอง”

既にチェンマイ、アムナートチャローン、チョンブリー、パンガーの各県、四地方に政党事務所を設置した。仮に党から議員が選出された場合は、それが与党でも野党でもプアタイ党との連合をお願いするつもりだ。党員を集め、選挙に向けた準備を行い、候補を立てることがセートデーンの跡取りとしての任務である。

 
世間ではカッティヤタム党は実現できないだろうと見られているが。

父の政党はその設立の時から大変だった。当初は「セートデーン党」という名称にするつもりが選挙委は許可しなかった為「カッティヤタム党」という名称になった。実際の所、父の生存中でも既にこの政党は実在していた。選挙委にも登録されており、5千人の党員、党執行部委員会も有り、法の規定する政党としての条件も満たしていた。しかしその後、父は赤服グループの活動に加わって集会参加者の面倒をみることに専念した為、その政策についてあまり語らなくなっていた。その為人々はカッティヤタム党についてあまり知ることも無く、あまり具体化でないと感じたのだろう。(略)

 
党の方針

カッティヤタム党は資金豊富な政党ではない。候補者は自ら資金を探すという方針だったので父が創立した時から寄付を受けた事が無い。この方針に同意しなければ党員として迎え入れる事は無く、従って党員を得る為に金を使う事も無い。選挙の時には私自身がソンクラー、ハートヤイ、パンガー等へ行って選挙運動を行う。父もそうやって資金が無くとも全国に出向き、人々と親密に気さくにやってきた。だからセートデーンを好きな人がこれほど多く居るのだ。ソンクラーを訪れた私も市民から大変歓迎された。(略)
 
他党からの引き抜きは行わない。選挙区が衝突したら?国民の判断を仰ぐまでの事。特定の地盤を定めることは無い。支持者も各県に散らばっている。

 
政策

司法システム、訴訟手続の問題。陪審員制度の導入を目指し、裁判官に事件に関する国民の考えが理解できるよう助ける。国民が検事を選択できるシステムにする。そうすれば検事も国民の事を考えるようになり、国民自身がもっと司法に関わるようになる。
経済面、組合制度により生産者がブローカーと対等に交渉できるようにする。
教育、長らく言われてきた事だが地方の人々は高度な教育を受けようとしたら結局バンコクのチュラ大やタマサートに行くしか無い。各県の大学のレベルをバンコクと同様に引き上げる、これは難しいが真面目に取り組めば出来る。
(略)
議員になったらまず、赤服の人々と4月5月に死んだ人々全ての家族の為に正義がもたらされるよう努力したい。

Written by thaida

2010/08/18 at 18:01

サラデーンで爆破と銃撃

leave a comment »

昨夜はサラデーン交差点とそのすぐ近くのラーマ4世通りウーチューリアン・ビル前での爆破と銃撃により警備していた警官と兵士に多数の負傷者、警官の死者が出ています。

タイラット誌サイトの表紙には、この件でなぜかプアタイ党の記事が並んでいたのでなんとなく概要を。

เพื่อไทยปูดรู้ล่วงหน้าเหตุถล่มตำรวจ -thairat

プアタイ党ウォーラワット議員(プレー県)「政府とUDDとを合意を妨害するのが狙い。このようなことが起こるという情報は事前に流れており警察も知っていたので誰の差し金かも分かっている筈。まずは警察が情報公開するのを待つが、その勇気がないのであれば我々が公開する。」
同党スラシット議員(チェンラーイ県)「(同じく)合意して欲しく無い者の仕業、警察とUDDとの衝突を起こさせるのが狙い」

เพื่อไทยประณามมือยิงถล่ม2จุดย่านสีลม -thairat

プアタイ党のアヌディット氏(バンコク区)は「非常事態宣言が出ていて警官と完全武装の兵士達(バンコクに7万人)が警備している場所でこのようなことが何度も繰り返して起こるとは全くおかしな話。いったい政府にはこの国の安全を守る能力が有るのかどうか。狙いが警備をしていた当局者なのは明白。攻撃した距離はせいぜい300メートルで犯人を捕まえるのは容易だった筈。これだけの厳重な警備の中で集会参加者がこれを行うのは不可能。政府とUDDの合意を欲しない者が両者の衝突を望んでの犯行と考えられる。担当部署に責任をもって迅速な犯人逮捕と再発防止の命令をするよう政府に要求する。

一般市民の捉え方としても、当局者は犯人を知っていながら捕まえなかったのではないかという声が多いですね。先月の、犯人を捕まえようとする警察を軍将校が阻止したというシーロムの件が思い出されます。

一方、法務省特別捜査局(DSI)はこの件でセートデーン少佐の部下のアパートを強制捜査しているようなので、こちらで何か結果を作るのかもしれません。

Written by thaida

2010/05/08 at 20:52

赤組動向

leave a comment »

昨日の赤組(反独裁民主主義同盟/ノーポーチョー)による反クーデター集会の模様だそうです。
Thai E-News: ภาพข่าวยุทธการเลียบค่ายทั้งแผ่นดิน
(ページは現在私の使用するISPではMICTによりブロックされています)

全国二十数県の陸軍基地での集会の写真が出ています。大規模なものから数人のものまで色々ありますね。
ただ、今朝の大衆新聞(タイラット等)を見た限りは全く触れられていませんでした。この件に関してはタイのマスコミ各社は連携してなるべく報道しないように務めているようです。またネーションTV等はセートデーンのインタビューを取り上げて、その支離滅裂な人格を強調して注目を集めていたようです。(セートデーンのページ: คุยกับ เสธ.แดง :: พล.ต. ดร. ขัตติยะ สวัสดิผล)

タクシン氏の資産没収が迫っていることもあり抗争は当分の間加熱しそうですが、政府とマスコミ連携による押さえ込みも強力なようです。

Written by thaida

2010/02/05 at 13:59

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,