タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘ビザラン

ビザラン

leave a comment »

在タイの外こもりにとっての年二回のお勤め、ビザラン行ってきました。

今回は地方を旅行してそのままビザ取りに向かったので、ノンカイのタイ-ラオ友好橋の国境イミグレが開く前に着いちゃいました。同じく明け方に来てしまった年配の日本人(在タイ20年)とお話しながら国境イミグレが開くを待ってましたが、出国イミグレで見ていた感じ、やはりフィリピン人が多いようでしたね。

その年配の日本人は過去に何度もビザランしているようで、顔見知りのタクシードライバーを見つけると定宿に真っ直ぐ向かう、ということでタクシーに便乗させて頂きました。その定宿は、まぁまぁ、悪くなかったんですが、自分の携帯、メコン川の近くじゃないとタイの電波が拾えないのでパス。コーヒー飲んでまったりしてから領事館へ向かいます。

ビエンチャンのタイ領事館はつい最近移転したんですが、ビザ申請の受付が凄くよくなってました。最初に並ばなければいけないのは変わらないんですが、銀行みたいに整理券取ったら、その番号が電光掲示板に表示されるまでずっと座って待っていられます。椅子の数も十分だし、これはずいぶんと改善されましたね。

申請が終わったら、同じようにビザ申請に来ていた在タイのラオス人の若い女性達とトゥクトゥクに相席でタラートサオ(市場)へ。このラオス人の皆さん、ラオスよりもタイに住んでる方が長いんだそうで、父親がタイ人女性と結婚したラオス人で、それだとタイ人国籍が簡単には取れないと言ってました。母親がタイ人なのに不思議ですね。そういうものなんでしょうか。

市場で両替してから、またそのラオス人女性の内の一人とトゥクトゥクで噴水広場へ。自分はこの辺で泊まるので先に下りましたが、その女性パトゥーサイへ行くとか。これだと全然方向違うから同じ料金じゃ運転手納得しないのでブーブー言ってます。この女性、やはりタイの方が長く住んでるせいか、ビエンチャンの土地勘も全然無いようでした。

宿探しは結構面倒なので、メコン川岸の前回と同じ宿にしました。好きな方向の部屋は昼のチェックアウト時間まで空かないので隣の店で待ちましたが。

ビエンチャン名物のサンドウィッチを食べながら部屋が開くのを待ちます。しかしこれ、店は綺麗ですが全然うまくない。値段も高いし。噴水広場からずーっと西に行った、ベトナム料理屋の辺りの安くてうまいサンドイッチとは大違いです。はっきり言ってビエンチャン名物の名を汚してますね、これ。気をつけましょう。

宿を取ったらネット屋でまったり。旅行で何日もネット断ちしてたので、思いっきり居座っちゃいました。

夜は宿の向かいの雑貨屋さんでビール買って、その軒先のテーブルで飲みます。川岸の屋台も確かに風情が有るんですが、何を食べてもバンコクの2倍以上するんで、値段気にしながら食べるのもなんだか面倒になっちゃいました。この雑貨屋のおばちゃんとか、その隣のガードマンとか、喋っても面白いしラオス語も教えてくれるしで、この方が自分には良いようです。

翌日はパスポート受け取り。なんと言っても今回は、観光ビザ無料期間。ダブルを貰いましたが本当に無料でした。なんだかちょっと感動ですね。それに改善したシステムのおかげで、ずっと椅子に座って待っていられます。申請者の数は非常に多く、自分の番号はなんと六百番台にもかかわらず、待つのも非常に楽でした。

今回は他に旅行の予定は無く、ビザ貰ったら帰るだけ。自分の好みは、不便だろうが遅かろうが、なんと言っても寝台車。2等のノンエアコンの寝台下側が最高なんですが、残念ながらエアコンの寝台上側しか切符が残ってませんでした。思ったとおり寒いし狭いしで、残念。次回これだったら思い切って座席に挑戦するか。

ところでノンカイ駅ホームにイミグレ施設が出来てたので駅員に尋ねたら、なんと、もうラオス直通は普通に乗れるようになってたんですね。切符もタナレン駅で買えるそうで。これを知ってれば帰りは市場から直接タナレン駅で随分手間が減ったのに、何も考えてませんでした。タナレン駅でバンコク行き切符を買った人がいらっしゃったら、是非レポートを見たいところです。

というわけで、 また半年後のビザランまで。

ノンカイ駅に「鉄道図書館」なるものが出来てました。

中は古風な高級車両っぽい作りですごく綺麗です。

広告

Written by thaida

2009/05/17 at 23:32

観光ビザ無料放出ですね

leave a comment »

タイの地元新聞を読む: 観光相、ビザ無料化政策の継続実施を検討

観光ビザの申請は今既に無料なんですが、今までは3ヶ月間限定の予定でしたか。外こもりには年二回のイベントみたいなもんで、自分もそろそろ取りに行こうと思ってますが。

しかしビザ無料はまぁ嬉しいんですが、日本人に限っては観光客を増やすのには役立ちそうにないかな。観光ビザが必要なのなんて我々のような外こもりか不法就労者ぐらいのもんです。一番お金を落とすのは数日~一週間の短期旅行者だけど、そういう人達が最近のタイのニュースを見ていたら、そんないつ帰れなくなるか分からないような所に旅行しないでしょうし。

なんにしてもタイ国の信用失墜というのが一番の問題ですね。度々の騒動でその信用が回復するのに何年掛かるのか。とか言っているうちに、すぐまた次の騒動が起こりそうな感じです。

Written by thaida

2009/04/21 at 17:53

カテゴリー: ニュース

Tagged with ,

ビザラン

leave a comment »

今日は、タイの外こもりニートのお勤めとしてお馴染みの「ビザラン」に行きます。PCも持っていかないので、ネットを見れるかどうかは分かりません。

予定:

  • 鉄道の二等寝台車(540B)で夜出発–朝ノンカイ着
  • トゥクトゥク(30B)で友好橋へ、バス(15B)で橋を渡ってラオス入国
  • バス(20B)でタラート・サオ、トゥクトゥク(30B)でタイ領事館へ行ってビザ申請
  • 又は、ラオス入国後はトゥクトゥク(100B)で直接タイ領事館へ
  • ゲストハウスへチェックインして、メコンの川岸でビールを飲む
  • 以下未定

5-23追記:

初日いきなり列車故障で2時間の遅れ、12時までの申請時間に間に合いませんでした。こんなことは初めて経験しましたが、列車が遅れることは珍しいことでは無いので、まぁしょうがないですね。ビエンチャンで一泊多く過ごすことになりました。

ビエンチャンでもバンコク同様に、物価の上昇をはっきり感じました。メコン川沿いの屋台の店は、去年はビアラオ一本7~8千kipだったんですが、現在はどの店も1万kipでカルテルを結んでいました。2割以上の値上げです。両替所のレートは1B=272kip(翌日273.5kip)なので、一本約37Bぐらい。店で飲む値段としてはビールはまだお得感がありますが、料理はただのラープが55~70Bとか、とにかく何でもバカ高い。大勢で鍋でも食べるのなら良いですが、一人では食べる気がしません。

値段を統一し合っている屋台よりもランサーンホテルの向かい辺りの、もうちょっと小奇麗な店の方が微妙に安かったりして、ちょっと意外でした。もっともメコン沿いはそもそも観光地価格でタラートサオからタートルアンにかけての大通りの周辺では今でも一本7千Bぐらいで出しているようです。

交通費はガソリン価格の高騰をもろに受けてでしょうか。トゥクトゥクが意地っ張りになっていて(笑)、なかなか譲歩しません。最も安かったのが最初に乗った、タラートサオ–噴水広場 6千kip(22B)、次が、タラートサオ–タイ領事館 1万kip(37B) といったところで、それ以外はとにかく2万kip(73B)以上を要求してきます。バンコクのタクシーの方がよっぽどお得。まぁ実際はバスで20Bも出せば都内のどこにでも到達できますが。

タイからビザランにくる外人の多くがメコン川近くのゲストハウスに泊まっていると思うんですが、もし噴水広場–タラートサオ–タートルアンなんていう経路の路線バスが有ったら、トゥクトゥクなんてほとんど使わないんじゃないかと思いますね。

ゲストハウスもやはり、当然のように値上がりしていました。シングル以上(ドミトリー以外)は軒並み6万kip(210B)。この値段では、今回初めて使った “Youth Inn” は室内ホットシャワーで窓が有って床も綺麗で良かった。受付の娘もかわいい。昔使っていたSiri2は同じ値段なのに共同トイレで水の出も悪かったりと、完全に負けてました。

そういうわけで、滞在が一日増えれば出費は500B以上は掛かる感じです。前回は両替した1000Bも有れば良かったんですが、今回はとにかくいろんな物が微妙に値上がりしている為それでは足りなくなって追加両替しました。ぎりぎりしか持っていかなかったので買い物も全然できませんでしたが、まぁ予定通り観光のダブルは貰ったので、それで良しとします。

Written by thaida

2008/05/19 at 13:27

カテゴリー: 生活

Tagged with , ,

コタバル、観光ビザ緩和?

leave a comment »

コタバルで観光ビザのダブルが出るようになったという噂。
source: Traveler’s Supportasia: コタバルでダブルエントリーが出た!

先日の30/190日の一部緩和処置といい、だんだん条件が緩くなって来ているようで、在タイ外こもりニートとしてはこれが事実ならば嬉しいことです。今までダブルを取るならビエンチャンしか選択肢が無かったですし。ビエンチャンは好きですが、もう何度も何度も行ってますからね。

コタバルでビザ申請をしてみたいとは思っているんですが、やはりここ数年の南部情勢の中、どうやって行くかが問題ですね。陸路でバスはやはり怖い。電車ならよっぽど不運でない限り大丈夫でしょうが、ごく稀に線路が爆破されることもあるので万が一ということもあります。国境までの間には陸路も有りますし…。

それにしても南部、ほんとに毎日毎日切れ目なく人が殺されてますね。そんなこともあって、やはりまだ南部行きを実行するには至りません。

タイ深南部テロ、死者3000人|タイ発ニュース速報|newsclip.be

【タイ】タイ警察によると、イスラム過激派によるテロが続くタイ深南部で、2004年1月からのテロによる死者が3000人を超えた。昨年発生した テロは銃撃866回、放火357回、爆破492回、斬首13回など。今年は年初から3月19日までに銃撃120回、爆破63回などが起きている。19日に は青果商の仏教徒男性(72)が射殺され、容疑者のイスラム教徒男性2人が銃撃戦の末、治安部隊に射殺された。

Written by thaida

2008/03/21 at 04:11

カテゴリー: ニュース, 生活

Tagged with , ,

90/180日ルールが一部で撤廃

leave a comment »

以前から某SNSやタイ系掲示板でちょっと話題になってました、ノービザ滞在の90/180日ルールが一部で撤廃になっているという話。気になってましたが、定番の下記ブログで書かれているのを見ると、確実かもしれません。未婚で50歳以下の在タイ・ニートの多くが観光ビザやノービザで過ごしていますから、気になる記事です。

Traveler’s Supportasia: ビザなし6ヶ月90日ルールが廃止か!?

撤廃の理由が、日数を数えるのが手間取って空港の出入国管理がパンク状態、というのが面白いですね。今のところ、空港で出てまた空港で入る時にしか恩恵を受けないようなので、陸路組は今まで通り90/180日ルールを守った方が良さそうです。

90/180日ルール
去年施行された規則で、「ノービザ入国でタイに滞在できるのは180日間の間に90日までとする」という命令。入管が明確に理由を示したわけではないので各人が想像している理由は以下のもの。
  1. 近隣諸国からのタイにノービザで入ってくる出稼ぎ労働者を牽制する為。
  2. 観光客の中でもあまり国内で消費をしないバックパッカーや沈没組みを牽制する為。
従来、バックパッカーや違法労働者の一部がノービザでタイに長く滞在し、滞在期限が切れる度に国境を越えてはすぐ戻ってくるということを繰り返していたので、これらの人達にとっては不便な規則でした(もちろん外こもりニートにとっても)。

Written by thaida

2008/03/16 at 11:13

カテゴリー: ニュース, 生活

Tagged with ,