タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘ラーチャプラソン

セントラルワールドプラザ

leave a comment »

ラーチャプラソン交差点のデパート、セントラルワールドプラザ(CWP,旧名ワールドトレードセンターCTW)は5月19日、非常事態対策センター(CRES)の軍によるデモ隊強制排除の直後に火災が起こり倒壊した。その火災発生の前後に建物の内と外を写したと言われる写真がネット上に出回っている。
ว่อนเน็ต ภาพชุด ‘เวิร์ลเทรดฯ’ ก่อน-หลังเพลิงไหม้ -prachatai (2010-12-06)

強制排除と火災が起きた5月19日の夕方、建物内部と周辺を写したとする写真が投稿されている(注意:遺体写真有り)。
ポストされた写真: ความจริง และ ศพสุดท้าย ที่ เวิลด์เทรด …. / facebook: ความจริง

写真投稿者による説明:

  • 建物内部の兵士やCRES当局者の写真は火災が起きる前の物。
  • デパート内の警備員、店舗の従業員、その他何人もがショットガンによる足への銃撃で負傷し、全員外に追い出された。
  • 建物内部で銃撃したのが誰かは分からない。

 
記事ではこれらの写真については現在の所、当局のいかなる部署による捜査も確認もなされていないとしている。


8日のニュースでは、CRES広報サンサーン氏が「これらの写真については、既に何度もネット上で出回っている写真であり、捜査の必要は無い」と語ったそうです。写真の中で気になるのは兵士等と共に居る黒い服の人々は誰なのか。それから兵士達があちこちの店舗の鍵をこじ開けている場面。そして不思議なのが、写真には大勢映っているのにこの時の証言が全く出てこない事でしょうか。
当初はデモ隊が放火したというCRESの説明を信じる人が多数でしたが、ラーチャプラソンに最後まで残った女性と記者の証言では火災発生の前に周辺は兵士らが完全に掌握していて消防車も用意してあったと言う。にもかかわらずビルが倒壊するまで火災が続いたこと等から最近は当初から計画された何らかの組織による放火ではないかという疑いを持つ人々が増えてきているようです。これと同時に起きた地方各地での県庁舎の火災に対しても当初から同様な疑問が有りますし、まだまだ隠されている事がたくさん有りそうですね。


追加 2010-12-9:
これら74枚の写真について一枚づつ分析している文書(英語)が匿名で公開されています。
CTW photo analysis

前置きの概要。

  • 場所は全般にCTWの内部と付近なのは確か。
  • 全般に同じカメラによる撮影と思われ、ほとんど時系列に並べてある。
  • 撮影者はCTWの保安要員、警備員と考えるのが最も辻褄が合う。
  • 撮影日は大きく二つのセットから成り、1-60番は5月19日の午後、61-73番は5月21日の撮影。後に追加された74番は別のカメラ。
  • 最初のセットは火災の前。50-51番で煙が見え始める。後のセットは消化後。
  • 火災の前にCTWを掌握していたのは誰かという問には答えられないが、武装した人々がモールの中に居たことは分かる。警備員が三階で撃たれているが、その狙いは足を撃つことだった。ゾーンAの方向からの銃撃。そこは現在火災と倒壊によるダメージで閉鎖中。デモ隊あるいは強奪者が一階で撃たれている。
  • CTW内に一人か複数の銃撃者が居たことは確かだが、それがタイ軍なのか、赤シャツに協力したと言われている黒服部隊なのか、これらの写真からは分からない。
  • パラゴンの裏側にも銃撃者が居たと思われるが、同様にどのグループなのか、CTW内部での銃撃者と繋がりが有るのかは分からない。兵士かもしれないが、武装した兵士が写っているのは壁際でリラックスしている物だけ。


この後に各写真一枚一枚の分析が有ります(長い)。

そして結論部分。

CTW内部に居たのが分かるのは3つのグループ。

  1. 少人数のデモ参加者。強奪をしようとしていたかもしれない。
  2. CTWの警備員。明らかに銃撃から逃れようと避難している。
  3. 見えない銃撃者。複数のグループだったか、デモ参加者と警備員を銃撃したのは同一グループなのか、それは判断できない。

少なくとも3箇所からの銃撃。

  1. CTW内部での警備員とデモ参加者への銃撃。
  2. パラゴンの北東の角からの銃撃。
  3. パラゴンの西側からの銃撃。これは恐らくBTSサヤーム駅プラットフォーム上に居た迷彩服にスキー帽を被った兵士らとの繋がりが有る。

撮影者はほぼ間違いなくCTWの警備員である。写真では顔もはっきりと写っている。彼らは間違いなく写真以上の事を知っているはずだがジャーナリスト達は今後これらの目撃情報を追跡するだろうか。
これらの写真が新たな結論をもたらす物では無いとしてもその反響は著しい。それは起こったことに関する情報が余りにも少ないからだ。事件から6ヶ月経った今も我々は推量し言い争っている。
政府はこれらの新たな証拠を即座に否定し、情報を欲している人々への対応を拒絶した。それが現在の不透明な政策、国民への情報提供の責任の欠如を明示している。

 
かなりこった内容ですね。分析には相当手間が掛かったんじゃないでしょうか。


追加: これも匿名記事。
Some thoughts by someone anonymous – Loss of Gravity

セントラルのスティキアート氏もプラチャーマリーノント氏も元々タクシン氏と「近しく良い関係」で、赤シャツがCTWに放火するという道理に合わない。一方ドゥシット、マーブンクローン、ネーション等(記事には他にもいろいろ)は全く標的にならなかった。今回の事件でチャンネル3、セントラル、タクシン、赤シャツ、反王室派が一気にやっつけられたことになる。これらの宿敵は誰なのか考えてみよう。これ以前の3年間、セントラルやチャンネル3の敵だったのは誰?
というような記事ですが、背景知識が無くて理解できません。興味が有る方は読んでみてください。

広告

Written by thaida

2010/12/09 at 12:32

赤シャツ動向

leave a comment »

9月19日(日)、「クーデターから丸4年、5月の悲劇から丸4ヶ月」の記念集会は平穏に終了。

Red tide returns -nation
首都とチェンマイで平和的な集会。ソンバット・ブンガームアノン氏の予告した通り警察との調整もきちんとできていたようだが予想を超えて一万人規模の集会になってしまった為に交通は妨害しないという条件は満たせずラーチャプラソンは3時間程通行不能になり、キャンドルライトや風船放出等の催しも2時間ほど早めて行われた。一方タマサートとチュラの反独裁運動の学生達はタマサート大から民主記念塔まで行進、4月と5月のデモ隊鎮圧時の犠牲者への献花、91人の死者を出した政府の責任と民主主義衰退への懸念を訴えた。

Protesters Return to Streets of Bangkok -NYtimes
反政府デモ、バンコクに再び。大規模ながらも短時間の抗議活動。

Thai red-shirts stage defiant protest -BBC
数千人の反政府赤シャツ団体が首都バンコクへ。非常事態宣言に挑戦。深い溝が未だに存在し続けていることを印象づけた。

‘Red Shirts’ mark anniversary of 2006 coup in Thailand -CNN
各地方メディアによると同様な集会はチェンマイ、ノンカイ、及び東北部の各地方都市で行われた。


かつてのリーダー達はチェンマイの集会で演説していたようですが、これについてはあまり伝えられていないようですね。

No violence amid sea of red -bangkok post
集会はバンコク以外ではチェンマイ、ピサヌローク、パヤオ、ウボンラチャタニ、アユタヤ、ラヨン、ナコンシータマラートで行われた。主な趣向は91人の死者への追悼で総じて平穏に終わった。チェンマイでは運動競技場を会場とし、北部の各県からの参加者に加えバンコクから車で駆けつけた参加者も居た。首都とチェンマイ以外ではどこも数十から数百人程度の小規模な集会だった模様。

一方ウドンタニではこれに対抗する内務大臣主催の集会が5万人規模で行われ、ピンクのシャツの参加者達が王室擁護を主張した。

“บก.ลายจุด” ประกาศยุติชุมนุม ขอบคุณเสื้อแดงชุมนุมประสบความสำเร็จเกินคาด -siam intelli
ソンバット・ブンガームアノン氏:

今後の方針については、最低6ヶ月は大規模な集会は行わず、個々の小さな活動を重視していく。来週はウドンタニ県で自転車をこぐ。その後はアユタヤ県。どちらも交通を遮断する事は無く、PADと同様の機会を欲するものである。ディンデーンのタイ日運動競技場での活動も予定している。

 
SBS Dateline | Reds Return
オーストラリアの報道。チェンマイの集会に向けて人々が準備する段階からビデオ取材を行い、地道な寄付集めや地元民の生の声を収めていますが、後半に5月の事件以来ずっと身を隠している赤シャツへのインタビューが有ります。

潜伏している女性「当局の男性から、政府が排除したい人々のブラックリストが有ると警告された。仲間が追い詰められつつあり、また一部は既に狩られている。」
 
別の男性「問題の行き着く先は市民戦争だと思う。」
インタビュアー「それにはお金がかかるでしょう、タクシンが出すの?」
男性「彼は市民戦争のリーダーでは無い。今仮に彼が死んでも問題ない。皆自分で考えて行動できる。」
 
先程の女性「市民戦争が避けられないのなら私も武器を持って戦う。今はまだその時では無いけれど、戻ってくるかと聞かれれば”必ず”。全ての赤シャツは呼びかけが有れば戻ってくる。」


オーストラリアは研究機関のタイ研究もそうですが、メディアもタイ問題に妙に力を入れていますね、なぜでしょう?

追加 9-22:
ประมวลภาพ : เวทีกิจกรรมเสื้อแดงเชียงราย 20 ก.ย. -prachatai
20日月曜日のチェンラーイ県での集会の様子。参加者は千人程。内容はデモ隊強制排除に関する展示会、バンコクからのキャラバン出迎え等の活動。

Written by thaida

2010/09/20 at 09:58

横断歩道を使わないと罰金です

leave a comment »

8月1日から施行される法により、横断歩道や歩道橋がある地点から100メートル以内の場所でそれらを使わずに車道を渡った歩行者には、交通警察により200B以内の罰金が科されます。 — หนังสือพิมพ์ข่าวสดออนไลน์ : ครบทุกรส สดทุกเรื่อง

まずは戦勝記念塔周辺、シーロム周辺、ラーチャプラソン交差点(セントラルワールドプラザ周辺)を重点的に取締るということなので注意しましょう(注意喚起)。

昔から相変わらず、歩行者がしんどいのがバンコク都の特徴です。

Written by thaida

2009/07/30 at 16:37