タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘検閲

報道の自由インデックス

leave a comment »

国境無き記者団による報道の自由インデックス2010年度版。
Press Freedom Index 2010
เสรีภาพสื่อไทยร่วงกราว 23 อันดับ หลังวิกฤตทางการเมือง
国別順位でタイ国は178ヶ国中153位、前回の130位から大きく下げている。

この団体による指標の特徴としては記者への迫害が大きくマイナスポイントとなるようで、今年のタイ軍による反政府デモ鎮圧で何人もの記者が狙い撃ちされて死傷しており、半年経った現在も捜査には全く進展が無い(捜査できないのか、させないのか)、という点がやはり大きなマイナスポイントでしょうか。

武力による迫害以外でも反政府的なメディアの検閲が大きな点ですね。例えば今年は反政府的なテレビ局、ラジオ局、新聞や雑誌出版社が次々と閉鎖されました。チェンマイでの出来事のように小さなコミュニティ・ラジオ局に警官隊が突入してくればもうお手上げです。政府寄りの大手メディアでもうっかりすればいつ同様な立場になるか知れず、言動には気を付けないと生き残れません。

そして圧力としての究極の道具がおなじみの不敬罪です。例えば大学教授が思想を語れば逮捕、王室について語ればまた逮捕といった具合で、逮捕後釈放された教授も居れば亡命して何年もタイに帰れない人もいます。メディア関係ではつい最近もニュースサイトprachataiの代表が何度目か逮捕されました。また、有名な女性運動家はその演説の内容が理由で18年の刑を宣告され、今も拘置されています。

もっともタイの場合は既に、政府派の市民がインターネット上の言動を監視して反王室的な市民に社会制裁を加えるというような事も起きていて、もう報道の自由どころじゃ無いわけですが。ソムバット・ブーンガームアノン氏(鏡基金、日曜は赤)の「話す事を禁じ、書く事を禁じ、考える事を禁じるのなら息をするのを禁ずるのと同じ事だ」という言葉がその問題の切実さを表していると感じます。

追加 10-29:
日本でもちょっと話題になったようです。
国境なき記者団による報道の自由ランキング 2010 -slashdot-japan

日本は昨年度の 17 位から順位を上げて、デンマーク、リトアニアと並んで 11 位となった。これは非常に喜ばしいことだが、日本でもネット規制への動きなど報道の自由を妨げる要素は依然として存在している。

 
日本の報道については海外の大メディア各社が伝えた日本での出来事を、国内主要メディアが一斉に無視したりということもあってここ最近は注目されているようですね。国内の重大な出来事が海外のメディアだけで報道される、というのはタイでも日本でもよく有る事のようです。

Written by thaida

2010/10/21 at 17:36

タイ政府、ウィキリークスへのアクセスをブロック

leave a comment »

タイ政府がウィキリークスへのアクセスをブロックしたことを公式に発表しました。このニュースによって「何故ブロックしたのか、どんな資料が掲載されたのか」と一気に注目が集まり、結果的に「タイ政府が国民に見せたくない情報」が広まってしまったようです。

タイ国内に住んでいる我々には危険な話題なので、これだけにしておきます。

追加 8-19:

ウィキリークスはタイ政府によるタイ国内からのアクセスブロックへの対抗として、タイリークス.インフォというサイトを立ち上げ、タイに関する情報をまとめて公開しています。今までタイ国内では隠されていた情報がかなりの勢いで拡散しているようです。

ウィキリークスからタイ政府へのメッセージ。
A message to the Government of Thailand | We Rebuild Interfax

… 本日我々はタイリークスのサイトをリリースした。あなた方はこれをブロック・リストに加えることもできるだろうが我々はそれほど心配していない。我々には情報を目的地に届ける数百、数千の探索者達(internauts)が居るのだから。…


ウィキリークスは完全に対決姿勢を示しています。まぁアメリカ政府を敵にしても怯まない連中ですから。タイ国民への情報の拡散が加速しそうです。

追加 8-21:

The Associated Press: Cyberactivists unblock Wikileaks for Thai Netizens
こちらの記事によると、タイリークスはwikicongと名乗る団体が作っており、ウィキリークスとの直接的な繋がりは無いということです。それとタイ政府はそもそもウィキリークスをブロックしておらず、一時アクセスできなかったのは技術的なエラーだったということです。

というわけで上の書き込みはすっかり的外れでしたが、タイ政府があまり気に留めていないというのが逆に凄いですね。手段を選ばない権力の固定化も、全てはタイの次の時代を見据えての事、ということでしょうか。

Written by thaida

2010/08/18 at 20:54

カテゴリー: ニュース

Tagged with ,

検閲動向

leave a comment »

司法省、公営部門内不正取締局、麻薬取締局および法務省特別捜査局(DSI)共同での発表。
ดีเอสไอสอบคดีหมิ่นสถาบันคืบ -posttoday

王室打倒の陰謀に関する捜査中のDSIによると、仕事もせずに一日中インターネットに書き込みをしている者への異常な資金の流れが見つかった、としている。
 
司法省は王室機関への侮辱により安全を脅かす犯罪事件は数多く捜査しているが、王室打倒の陰謀については特別事件として扱わなければならない。犯罪者はネットワークを組織し、王室と国家の安全に直接影響を脅かすという意図を持っている。捜査によってグループへの資金の流れに繋がりが有る事が分かった。犯罪者の一部には職業が無いにも関わらず一日中コンピュータにデータを入力しており、通常の意見の表明とは違う不自然な行動と見なされる。
 
DSI副長官「王室打倒の陰謀については繊細な問題。99.99%のタイ人が忠誠を持っていても、僅かな一部の者が国家に対する悪意を持っている。事件に関する情報が有ったらDSIに提供して欲しい」


という事ですので、ネット上で度々意見を書いている友人が居たら注意してあげた方が良いでしょう。王室打倒ネットワークの一員として逮捕されれば何年にも渡って拘留されることになります。

Written by thaida

2010/06/30 at 20:25

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

タイの検閲ブロック、合計11万3千サイト以上

leave a comment »

タイ政府、不敬罪に抵触する4万3千サイトを検閲ブロック、あと3千サイトも追加。
Thailand: Government shuts 43,000 more websites for lèse majesté, plans to block 3,000 more, total up to 113,000 -Global voices Advocacy

5月9日、タイ情報通信産業省(MICT,ICT省)と非常事態対応センター(CRES)は5万のウェブサイトを検閲ブロックし、更に一日500のサイトを検閲ブロックの対象として追加していることを認めた。FACTの広範囲な調査によるとタイのISPは少なくともあと1万5千のサイトをブロックしており、合計で6万5千以上となっていた。5月の第2週、CRESは更に770のサイトのブロックを発表。5月26日には更に1150。これらの数字を4万6千に足すと、タイの検閲ブロック数は11万3千サイト以上ということになる。
 
6月15日、内閣は“王制を守る”為のコンピュータ犯罪防止根絶局の創設を認可。新事務所はICT省、タイ国家警察、CRESやCAPO等の軍事機関、陸軍司令室、文化庁に検閲官を配置した。多すぎて数え切れないので漏れが有るかもしれないが。
 
6月17日、ICTの新大臣は200人のブラックリスト名簿を発表し、インターネットへの情報発信することを禁じた。制限の内容はきちんと定義されていないが恐らくこれらの人々の名前を冠したサイトは検閲ブロックされるだろう。不敬罪の罪を負わされて亡命中の元総理府大臣ジャカポップ・ペンケー氏、チュラロンコン大学教授のジャイ・インパコン教授の両氏がブラックリストに記載されていることは知られているが、リストのその他の内容は機密とされている。つまりそれらの人々は自らの名誉を守ることも出来ない。あなたはリストに載っているか?私は?
 
上記ブラックリストの発表には、政府の嫌いなサイトは告発される事に成るという警告も含まれていた。タイは急激にインターネット不毛の地になり、偏執狂のリーダーであるミャンマー(ビルマ)や北朝鮮に肩を並べようとしている。IT産業、開発者達は間違いなく出口を探すことになるだろう。[後略]


王制を守るという大義名分でなりふり構わず政敵や反政府派を封じ込める手段として不敬罪が乱用されています。これだけ乱発されると、守ろうとしている王制とは何なのか、果たしてかつての姿で存在しているのかも怪しくなってきます。政府は軍部の後ろ盾で強権によってかろうじて形を留めていますが、ほころびが出始めれば現政権が倒れるだけでなく、国家としての崩壊もあり得るのではないかと感じられます。

Written by thaida

2010/06/24 at 12:47

カテゴリー: 政治経済

Tagged with , ,

政府動向

leave a comment »

引き続き陰謀キャンペーン。

非常事態対応センター(CRES)のステープ氏は「王室打倒の陰謀ネットワーク」との関係についてプアタイ党チャワリット氏に召喚状を出し、召喚を二度無視すれば逮捕すると発表。

全ての敵を潰そうとするステープ氏がいよいよ独裁色を強めてきていますが、これに対しチャワリット氏は召喚状を待たずプアタイの議員等と共に第11歩兵連隊に軍服で出頭し文書を提出して帰りました。軍服姿は20年ぶりだそうで、断固とした決意を示しているようです。 พล.อ.ชวลิต ยื่นหนังสือที่หน้าราบ 11

情報統制も引き続き行っています。

CRESは情報通信技術省(ICT)に反政府的な情報を遮断するよう命令。先週迄で350のウェブサイトを閉鎖・遮断してきましたが、今週迄で420サイトとなっている。ほとんどはデモ集会の生中継だそうですが、閉鎖しても次々に新たなサイトが開かれるため、ISPや民間のサービス提供者にも協力を求めている。(※タイの場合、政府が「協力を求める」という時は、命令に背くと逮捕されるという意味) ศอฉ.เผยยอดปิด เว็บ ปลุกระดม พุ่ง 420 เว็บ – ข่าวไทยรัฐออนไลน์

以前はウェブサイトの遮断・閉鎖は裁判所の手続きを経ていましたが、現在は裁判所を通さず独自判断で行っています。

Written by thaida

2010/04/30 at 14:38

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

チャローン・ケーブルTV

leave a comment »

バンコクの多くの家庭がケーブルTVを通してテレビを見ていますが、その中でも大きなシェアのチャローン・ケーブルTVが、赤組UDDの「ピープルズ・チャネル」の放送遮断についての説明を流していました。

放送遮断について赤組から抗議や脅迫を受けているが、これは政府の命令である以上従わなければ我々が捕まるだけである。選択の余地は無い。
地上波局の3つは政府系直結だから政府側の情報しか流さない。その他の民間局は全て、政府側の情報を増やし、UDDの情報を減らす事によって生き延びている。
一方我々はピープルズ・チャネルを遮断した代わりに新興の中立報道を目指す「スプリング・ニュース(オーナーはタクシン氏の息子のパーントーンテー)」を入れたり、やはり新興で政府にとっては若干危険な「voice TV」も組み入れたり、と出来る限り中立を保つ努力をしているし、アルジャジーラ等の重要な海外メディアも提供している。
我々は政府の堪忍袋の緒が切れないぎりぎりの線で努力しているので理解して欲しい。

確かにここ一週間程はチャネル構成が度々変わってかなり混乱した様子でした。中立というか、「利用料収入さえ有れば良いんだから何派にもなりたくない」というのが本音な気もします。

ケーブルTVはアパート等では百バーツ/月で80チャネル以上が見られるので便利ですね。うちではNHKワールドだけノイズが多くて見られないというのが不思議ですが、まぁ必要有りません。

Written by thaida

2010/04/17 at 14:18

政府は情報統制中

leave a comment »

政府は赤組のテレビ局(ピープルズ・チャネル)の放送を遮断したようです。

非常事態宣言が発令されたことにより、地上局は集会の動向をあまり伝えなくなってきています。赤組の動向を直接伝えるTVはこの局だけだったので当面は一般の人々に状況が伝わらなくなり混乱が予想されます。

またプラチャータイ等のニュースサイトも閉鎖されており、徹底して情報を遮断している模様です。twitter等の新しいメディアが活躍しそうな状況ですね。

追加:
マティチョン誌のサイトに載った「赤組、各県の県庁での集会を解散し、ラーチャプラソン交差点の集会へ応援に向かう」というニュース他、いくつかの記事が削除されています。読者にエラーメッセージが見えてもほったらかしなのがタイらしいというか、あるいは「消したのは我々の本意では無い」という意思表示?でしょうか。

追加: 4-09
prachatai.comが復活したようですが、まだISPによってはブロックされています。
どうやらバックアップを新しいサーバーに移して新たに開いたということで、以前のサーバーは閉じられたままだそうです。努力していますね。
また新ドメインprachatai.netも用意したそうです。

追加: 15時半頃
赤組デモ隊の一部は政府により放送を遮断されたピープルズ・チャネルTVの放送再接続を求める為に首都近郊パトゥムタニー県のタイコム社へ。軍による催涙ガス弾により十人の負傷者を出しながらもタイコム社を掌握、放送の再接続の約束を取り付けた後撤収しました。

追加: 18時半頃
病院で把握している負傷者は22名。
ผู้บาดเจ็บจากเหตุปะทะที่ไทยคมฯ เข้ารักษาตัวที่ รพ.ลาดหลุมแก้ว-ปทุมธานี
集会参加者16名、軍人5名、警官1名。

Written by thaida

2010/04/08 at 11:37

カテゴリー: 政治経済

Tagged with