タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘深南部

深南部

leave a comment »

Thai army ‘risks lives of schoolchildren’ -ANN

HRW(ヒューマンライト・ウォッチ)のレポートによると、南部の治安部隊の兵士達は安価で便利な方法として多くの学校の敷地に基地を設置し、生徒達のすぐ近くに住んでいる。学校を土嚢や有刺鉄線で要塞化し、監視塔を設置している所も有る。その結果、多くの学校が攻撃の的となり、生徒達を危険に晒している。また若い兵士達が常にそばにいる事も、女生徒やその親達を不安にさせる。

ナラティワートで二人の仏教徒の教師が銃撃で殺される数日前、「仏教徒の教師20人の死を求む」というビラが見つかっている。

2004年に小休止していた後の戦闘激化以来、深南部三県とソンクラー県の一部では135人の教師と学校職員が殺さ、それ以外にも103人の教師と19人の教育関係者が負傷している。

HRWシェパード氏「悲しいことに深南部で教師になるということは、自らを紛争の最前線に置くという事だ。」

過去のインドネシアのアチェの例と同様、タイ南部の分離派は教師を殺し、仏教国のタイの統治のシンボルとしての学校を焼き払う。2004年以降、少なくとも320の学校が焼き討ちの標的となった。ムスリムの教師でさえも政府に協力する者であるとして攻撃され殺されている。

一方いくつかのイスラム系の学校は過激派の教師が居ると疑われ、治安部隊からの標的となっている。ある学校は急襲捜査され、小さな子供を含む全ての生徒が逮捕されたが何も見つからず、軍はその後釈放して謝罪している。

シェパード氏「軍キャンプを設置するのに便利だからといって、政府は子供の教育を妨害するべきではない。分離派リーダーは教師や学校への攻撃を止めるべきだし、政府は学校を軍基地として使ったりイスラム系学校での無闇な逮捕を止めるべきである。子供達を傷つけ、さらなる反乱を煽ることになる。」


学校や教師が標的になるケースが非常に多いんですが、やはり治安部隊の存在も大きな要因のようですね。

Written by thaida

2010/09/22 at 18:35

カテゴリー: 社会, 政治経済

Tagged with ,

深南部内戦激化中

leave a comment »

9月7日、ロイター。
Five killed, four wounded in Thai south | Reuters

ヤラーでは月曜から火曜にかけて走行車両からの銃撃と路上での爆弾により死者5人、負傷者4人。ムスリムも仏教徒もターゲットになっている。火曜日早朝はバイクに乗っていた仏教徒の教師2人が銃撃により死亡。ナラティワートではマレー系反乱軍が政府庁舎や店舗等7箇所で同時放火。月曜深夜、ヤラーでは銃撃によりムスリムの女性が死亡、爆弾により兵士3人が負傷。パッタニーでは二人のムスリムがそれぞれ別の場所で走行中の車両からの銃撃で死亡、副村長がナラティワートで車両への銃撃により重症。
 
警察発表ではここ10日間で死者18人、負傷者37人となっている。
 
深南部3県の2004年からの累計は死者4100人、負傷者8000人。この地域が仏教国のタイにより併合されたのは1909年。政府は軍の統制の元、経済刺激策として5年間で19億3千億ドルの予算を割り当てている。


何年も前から既にタイ軍の手に負える地域では無いとか、そもそも治安部隊が居るからだとか言われている深南部ですが、状況はひたすら悪化し続けているようです。個人的には平和になったら南部に旅行に行こうかと思ってから既に十年ぐらい経ってますね。

Written by thaida

2010/09/07 at 16:51

カテゴリー: ニュース, 宗教, 政治経済

Tagged with ,

2005年のアピシット氏

leave a comment »

2005年8月26日の記事が興味深いと言っている人が居たので見てみました。

Decree on militants ‘no license to kill’ – The New York Times

タクシン首相は、非常事態宣言の布告は殺人を許可するものでは無く、深南部ムスリムの暴力的な分離独立派を根絶するのに必要であるとし、上院の承認を得て先月から実施されている。
反対派は、これは暴力を煽り立てるだけであり、憲法で保障されている基本的人権に反し、効果もなく挑発的であるとして激しく非難。野党リーダーのアピシット・ウェーチャーチワ氏は、非常事態宣言により容疑者の拘留やメディアの検閲に関して広範な自由裁量権を与える事となり、市民の自由が侵害される事となると非難、また議会での討論にて「出版物の検閲が法により可能となるならば、それは憲法が明言している“戦争下でのみ実施できる”という記述に反する。我々が戦争状態の中にいるのではないことは明白である。」と語った。[後略]


当時のタクシン首相が深南部に非常事態宣言を布告した時の記事でしょうか。深南部の惨状は現在もこの時からそれほど好転しているようには見えません。先日は過去6年の爆弾テロによる死者が4千人を超えたという発表が有りました。死亡者の家族等の間接的被害者は5万人を超えていると言われています。非常事態宣言による効果は、むしろ状態を悪化させたという声も多いようです。第三者機関による監視が無い為、治安部隊による市民の捜査や逮捕監禁に信用できる証拠の裏付けが無い事が、和解を妨げる大きな原因と言われています。
 
現在布告が出ているバンコクや各地方への効果はどうなんでしょうか。深南部程の活発なテロ活動は考えられないとしても、既に反政府派メンバーの暗殺死や不審死が起きている事もあり、活動家の一部は既に地下に潜らざるを得なくなっているようです。やはり深南部と同じような道を辿るのかどうかが不安な点です。
 
アピシット氏については当時の政府を非難した上記の言葉と、首相になってからの行動を比べると確かに興味深いんじゃないでしょうか。アピシット政権に敵対的なテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等は検閲どころではなく、全て閉鎖されてしまいました。反政府、反王政的なウェブサイトも10万以上のサイトがタイ国内ISPによりブロックされています。5年前は検閲に反対していたアピシット氏ですが、これは戦争状態だから良しとしているのか、あるいは政権を取って気が変わったのか、それとも当時の政権を攻撃する為の嘘だったんでしょうか。

Written by thaida

2010/06/29 at 17:55

イサーン地方の学校で反王室機関的教育?

leave a comment »

มท.1 ห่วงร.ร.อีสานแทรกเนื้อหาหมิ่นสถาบัน -thairat

チャワラット内務省大臣はUDDの運動を批判した上で記者の「東北地方38県の学校で王室機関を批判するような教育を行っているという情報が有るが?」という質問に「本当ならば憂慮すべき事で有り、各県の知事に急いで調査させる。王室機関を守る為、教育省は内務省と協力して管理監督を強化すべき」と答えた。

現在のタイ深南部の泥沼化には学校での教育が大きく関わっていたと聞いています。政府の政策がどうであろうと現場の教師の思想に大きく影響され、多くのイスラム戦士が育ったということですね。東北部ではそのような過激派は育ちにくいでしょうが、将来の反抗勢力の芽となることを恐れているのでしょう。現在のUDDの運動では既に多くの犠牲者を出しており、更なる犠牲が出ればこのような傾向に拍車を掛けることになるかもしれません。

Written by thaida

2010/05/12 at 17:55

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

政府動向

leave a comment »

南部部隊、バンコクへ。
ถอนกำลังจากใต้ เข้ากทม.สู้ม็อบแดง – thairat

UDDは東北部での軍と警察のバンコクへの動員を牽制していますが、政府は南部の治安部隊をバンコクでの集会排除に向けて送り出しています。記事ではサトーン県から暴動鎮圧警察部隊の1中隊200人を送り出しました。その他の地域からの動員はまだ不明です。今のところは市民に対し軍用武器は使わない予定です。

バンコクのUDD集会場では政府による強制排除が有ると想定して身構えていますが、今回は子供連れの集会参加者が非常に多い事が心配されています。

追加:
バンコク都内のあちこちで赤組の身柄拘束が始まっています。
ศอฉ.สั่งสารวัตรทหารตั้งชุดไล่ล่าจับคนเสื้อแดงหน้าบ้านมาร์คได้ 7 ราย – prachatai

記事では各所での集会解散後の参加者が少人数で居る時に拘束するケースが多いようです。
非常事態宣言の元、当局員には不審な市民を取り調べる為、一件に付き7日間以上、30日以内の期間で拘束収監する権限が与えられています。赤いTシャツやスカーフ、足の形の玩具(パタパタと鳴らして集会を盛り上げる物)等の赤組のシンボルと見られる物を身に着けている市民は身柄拘束と取調べの対象となるとしているので注意して下さい。

Written by thaida

2010/04/25 at 16:51

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

深南部状況

leave a comment »

深南部の内戦による死傷者の統計が更新されています。
สรุปหกปีไฟใต้: พลวัตการก่อความไม่สงบกับการสร้างจินตกรรมของการก่อความรุนแรง – DeepSouthWatch.org

73ヶ月(約6年間)に起きた戦闘またはテロは9,446件。
死者4,100人、負傷者6,509人で計10,609人。
家族が巻き込まれたことによる被害者数はおよそ53,045人。

興味深い点として、死者数はムスリム 58.95%、仏教徒 38.02% とムスリムが大半を占めるのに対し、負傷者は仏教徒 59.82%、ムスリム 32.17% と仏教徒が大半を占めていることを挙げている。2004~2007年の年末までは高頻度だった発生件数が2008年には一旦減ったが、2009年の年末から戦略の変化が見られ、各件が凶暴化している点など、記事にはその他詳細なレポートがたっぷりありますが、いずれにしても内戦の泥沼から抜け出す気配は全く見えませんね。この地域はもうタイ軍には統治できないと思って良いんじゃないでしょうか。ムスリムとゲリラ戦やってたら百年だって続くかもしれません。

何年か前に新聞の一面に何十人もの積み重なる死体の写真が載りましたが、バンコクのタイ人にはそれほどの衝撃では無かったようです。その様子から、タイ人は南部の住人の事を自分たちと同じ国民であるとは思っていないんだろうと感じました。その後も南部の戦闘やテロのニュースが毎日伝えられていますが、もはや日常のニュースでさほど気にする人もなく、時には爆弾の話を笑いのネタにさえしています。この地域はもうマレーシアにでも任せてタイは手を引けばよいのに、と思いますが。

Written by thaida

2010/03/09 at 21:31

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,

GT200 (2)

with one comment

GT200の続き。
(追加有り)

随分前から「役に立たない」と言われている爆発物発見装置のGT200ですが、未だに使われているようですね。

この装置、なんと一つ90万バーツもするんだそうで、チップカード21個のセットやらを付けて120万バーツ、エージェントによっては140万バーツだそうです。このカードとやらもBBCの調べでは、中には「何もない」そうで。
How many GT 200 devices does Thailand have? | Asian Correspondent

現在タイ国内に535個、総額で6億4千万バーツの税金が詐欺的商品のためにドブに捨てられたことになります。一方イギリスではイラクでも使われたADE651という装置が一つ250ドルだそうで、その精度の悪さから既に販売禁止になっているそうです。

タイ人担当者の一部にはまだこの装置の効能を信じている人も居るということですが、果たして本当に信じているのか汚職を認めたくないだけなのかは分かりませんが、誤検出による逮捕・拘束が生んだ深南部住人の政府に対する不信、不検出で爆破された兵士等の被害はこれからも増え続けることになるんでしょうか。

追加 100128:

上記ADE651とGT200を購入した各国政府に対して、イギリス政府は「爆発物の発見には全く役立たない」との緊急警告。
UK warns world about useless ‘bomb detectors’

ADE651を製造した会社の責任者は不当表示の疑いで既に逮捕されているようです。これらの製品はタイ国以外では現時点で、イラク、パキスタン、メキシコ、ケニヤ、レバノン、ヨルダン、中国でまだ使われてるそうです。

こういう物に騙されやすいのはタイ人のオカルト好きの気質に関係しているんでしょうか、早く目を覚まして欲しいですね。

Written by thaida

2010/01/27 at 13:13

カテゴリー: ニュース

Tagged with , ,