タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘爆弾

爆弾関連

leave a comment »

今年のデモ隊強制排除以降、バンコクとその近郊で起こった爆弾事件は16回。その時間の場所の一覧が掲載されている。
สรุปสถานการณ์ระเบิด 16 ครั้งหลังสลายชุมนุม -prachatai
先のノンタブリーの件は含まれていない、それより前のデータのようです。

ノンタブリーのアパート爆破事件現場。この写真は面白い。
Porntip runs foul of police -bangkok post
検死官ポンティップ女史率いる法務省検死科学研究所スタッフが証拠品の押収を始めた所、証拠品を台無しにするとしてノンタブリー警察側が激怒、現場検証を行う権限を巡って言い争っている所。それを真ん中で見ているのが爆破されたアパートのオーナー。

何かとどこにでもしゃしゃり出てくるポンティップ女史。先のGT200が有効と断言した件でも明らかなように、政府や軍に都合の良い捜査結果を捏造するのがその役目なのかな、と。強制排除後のBTSサヤーム駅前の寺での5人の死体の検死も疑わしいと感じます。

Written by thaida

2010/10/08 at 15:37

ニュース

leave a comment »

2008年にPADが政府官邸を193日間占拠した事件、起訴は10月7日に延期。
Bangkok Post : Decision on PAD case deferred again
何回目の延期でしょう、たぶん9回目ぐらいじゃないかと思います。訴えを退けず延期し続ける理由はわかりませんが、いつまで続けるつもりでしょうかね。

PAD、サンティ・アソーク教団はカンボジアとのプレアビヒア遺跡に関する協定の破棄を求め、8月7日に政府官邸前でのデモ集会を動員するそうです。

タイ警察は7月25日のBigCラーチャダムリ店前と、先週金曜日ラーンナム通りのキングパワー前の爆弾テロへの関与の疑いでノンカイ県の元赤服ガードの男性を逮捕しています。
Bangkok Post : One red guard arrested, Detained suspect in Rangnam Road bombing denies involvement

政府官邸前でアピシット政権を呪う血の儀式を行ったことで知られるプラーム・サックラピー(UDDの祈祷師)に対し、サコンナコンの裁判所は執行猶予無しの懲役8ヶ月の判決を下しています。
จำคุก “พราหมณ์เสื้อแดง” 8 เดือน ละเมิด พรก. | ประชาไท หนังสือพิมพ์ออนไลน์

Written by thaida

2010/08/05 at 11:48

カテゴリー: ニュース

Tagged with , , ,

ニュース

leave a comment »

政府広報がバンコクのシーロムやヤワラートのビジネス街での爆弾テロの警告を出しています。
Bangkok Post : Govt receives warning on “car bombs”

ノンカイ県のブンカン郡(อ.บึงกาฬ)その他が県に昇格し、77番目の県になるそうです。ノンカイ県が随分小さくなってしまいそうですね。
ครม.มีมติตั้ง “บึงกาฬ” จังหวัดที่ 77 แยกหนองคาย | ประชาไท หนังสือพิมพ์ออนไลน์

1994年のセーリータム党の故スメート・プロムパンハーオ議員(先月71歳で死去)の意見に従うもので、ノンカイ県の東側の郡が77番目の県としてブンカーン県となる。分離するのは、ブンカーン、パークカート、ソーピサイ、ポーンチャロァーン、セーカー、ブンコーンロン、シーウィライ、プンクラー、の各群。住民約36万の意見調査で98.8%が賛成。新たに設置する県は8郡、人口は約40万人。ノンカイ県は9郡、約50万人となる。

プームチャイタイ党ソンサック議員の談 -posttoday

ノンカイ県住人への調査で98.83%が分離に賛成している。ブンカーン周辺はメコン川沿いで非常に発展し、ナコンパトム県に隣接する場所だがノンカイ県の中心から145キロメートルも離れている。ゴムの大生産地で収入も充分、人口も充分、県となる基準に達している。
これは政治問題ではない。ノンカイ県からプアタイ党派を一掃するという目的はない。
現在の76県。76の各数字を足すと13となり縁起が悪く、津波やら黄色や赤の分裂やらという問題を引き起こしてきた。77県となれば各数字を足すと14、それを足すと5。これは縁起が良い。

異常な集金力について時々ここに書いていますワット・タンマガーイ。今度はそこで行われた異常に豪華な葬儀が「まるで北京ゲームスのようだ」と話題になっています。
อลังการ!!!งานศพแม่ชี…ที่วัดธรรมกาย ยังกะ”ปักกิ่งเกมส์”เลย!!!
どう見ても仏教宗派としては普通じゃないと感じますが。

13日の金曜が今年だけの公的休日となり、王妃誕生日(母の日)の12日から15日の日曜までが連休となる会社が多そうです。この期間は銀行窓口も恐らく閉まると思われます。

Written by thaida

2010/08/04 at 09:59

ニュース

leave a comment »

先日UDD幹部のウィーラ氏に保釈が認められた事に関して、首相府コープサック氏の裁判所での証言が役立ったと言われています。これに関してコープサック氏は、「召喚されたから事実を証言しただけで、判断は裁判所によるもの」と8月1日の自身のブログに書いています。
กอร์ปศักดิ์-วีระ | Korbsak Sabhavasu’s Blog


恒例の日曜赤服集会8月1日は民主記念塔で行われました。数百人の参加者で平穏に行われたようです。
Thailand’s Red Shirts stage new protest in Bangkok
Red Shirt protesters stage symbolic protest to mimic deaths that occurred in Bangkok
「ここで人が死んだ」とか「人が死ぬのを見た」という合言葉が定着しつつあるようです。先日はチェンラーイ県の高校生がこの言葉を書いたプラカードを掲げた為に逮捕されています。

写真集: Ratchaprasong News – Democracy Monument – Red Sunday August 1st, 2010

[追加: 当日のビデオ。 Video: Red Shirts protest Thai government]

7月25日のBig Cラーチャダムリ店前、7月30日のラーンナム通りキングパワー・デューティフリー・ショップの反対側、の2件の爆破テロに関して、警察は狙撃されて死亡したカッティア少将の部下達を容疑者として8月1日に発表しています。
Aides of late Maj-Gen Khattiya as suspects in Big C bombing


雨季に入り、バンコクの交通渋滞はますます酷くなっています。ラマ4通りで一時間以上動かないとか、ビルの駐車場から出るのに30分以上掛かったり、更に公共バスの故障や事故等が毎日伝えられています。

Written by thaida

2010/08/02 at 09:11

カテゴリー: ニュース

Tagged with , , ,

サラデーンで爆破と銃撃

leave a comment »

昨夜はサラデーン交差点とそのすぐ近くのラーマ4世通りウーチューリアン・ビル前での爆破と銃撃により警備していた警官と兵士に多数の負傷者、警官の死者が出ています。

タイラット誌サイトの表紙には、この件でなぜかプアタイ党の記事が並んでいたのでなんとなく概要を。

เพื่อไทยปูดรู้ล่วงหน้าเหตุถล่มตำรวจ -thairat

プアタイ党ウォーラワット議員(プレー県)「政府とUDDとを合意を妨害するのが狙い。このようなことが起こるという情報は事前に流れており警察も知っていたので誰の差し金かも分かっている筈。まずは警察が情報公開するのを待つが、その勇気がないのであれば我々が公開する。」
同党スラシット議員(チェンラーイ県)「(同じく)合意して欲しく無い者の仕業、警察とUDDとの衝突を起こさせるのが狙い」

เพื่อไทยประณามมือยิงถล่ม2จุดย่านสีลม -thairat

プアタイ党のアヌディット氏(バンコク区)は「非常事態宣言が出ていて警官と完全武装の兵士達(バンコクに7万人)が警備している場所でこのようなことが何度も繰り返して起こるとは全くおかしな話。いったい政府にはこの国の安全を守る能力が有るのかどうか。狙いが警備をしていた当局者なのは明白。攻撃した距離はせいぜい300メートルで犯人を捕まえるのは容易だった筈。これだけの厳重な警備の中で集会参加者がこれを行うのは不可能。政府とUDDの合意を欲しない者が両者の衝突を望んでの犯行と考えられる。担当部署に責任をもって迅速な犯人逮捕と再発防止の命令をするよう政府に要求する。

一般市民の捉え方としても、当局者は犯人を知っていながら捕まえなかったのではないかという声が多いですね。先月の、犯人を捕まえようとする警察を軍将校が阻止したというシーロムの件が思い出されます。

一方、法務省特別捜査局(DSI)はこの件でセートデーン少佐の部下のアパートを強制捜査しているようなので、こちらで何か結果を作るのかもしれません。

Written by thaida

2010/05/08 at 20:52

4月22日のシーロム爆破事件、その後

leave a comment »

先週22日(木曜)のシーロムでのM79グレネードによる爆破の件。
Where were the M79 grenades fired from? | Asian Correspondent

爆破の直後にステープ議員はテレビで「M79はUDDデモ隊の居るルンピニー公園のラーマ6世像から撃たれた」
と発表し、またザ・ネーションも「バンコク知事代理によるとルンピニー公園から撃たれた」と報道しました。
しかしバンコク知事はカオソット誌の質問に対し「高所から撃たれた」と答えました。
またASTV(PAD派)は「チュラロンコーン病院の5階から撃たれた」と主張。
AP通信は「アフガン、イラク、ガザの戦場の専門家によるとルンピニー公園から撃たれたのでは無いという結論」と報道。
UDDチャトゥポン氏は「政府の計画により、シーロム地区の数カ所の高いビルの上から撃たれた」と主張。

というわけで、記事では他の多くの爆破事件と同様にこの件も迷宮入りになる可能性が高いとしています。

Written by thaida

2010/04/27 at 14:56

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,

暴力に包囲される報道、非常事態宣言(国境無き記者団)

leave a comment »

国境無き記者団(フランスに事務所を置き、世界の報道の自由への侵害を追跡する団体)は、タイ政府による非常事態宣言後の政治面での過激な状況、および報道の自由が脅かされている事への不安を表明。
ผู้สื่อข่าวไร้พรมแดน: ประเทศไทย: สื่อถูกรุมเร้าด้วยความรุนแรงและการประกาศสถานการณ์ฉุกเฉิน – prachatai

以上の件等を踏まえ上記団体は、「タイ–暴力に包囲される報道、非常事態宣言 —  “Thaïlande: Violences et état d’urgence frappent les médias”」というタイトルで声明を発表した。(声明文は略)

Written by thaida

2010/04/24 at 19:46