タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘英語

教育省は英語を第二公用語とする計画案を破棄

leave a comment »

Fear of the outside world | The Lost Boy
教育省は英語を第二公用語とする計画案を破棄したが、その理由が面白い。

教育省チンナヲーン氏「理由はタイ国が過去に植民地化されたという誤解を招くため。英語を第二公用語としている他の国々は一般的に元植民地化であったと見なされる」

 
上記記事のThe Lost Boy氏(抜粋)

現在我々が知るタイ語のルーツは、クメール語の言語記述システムをラムカムヘーン王が導入し改変した物。スコータイはかつてはクメールの統治下にあった。タイ人が辿り着いたチャオプラヤー川下流の地域はモン王国の一部だった。この地域を治め打ち立てたのがアユタヤ、のちにスコータイを吸収しサヤーム文化が展開する。つまりタイ語を話す人々はこのモンとクメールが長い間支配していた領土を奪い取り、それがタイ国の誕生に繋がったということ。それを踏まえると、過去のタイの植民地に関する誤解を招くという理由で英語の第二公用語化の機会を捨てるというのは愚かに見える。

タイは技術的には東南アジアで植民地化されなかった唯一の国と言うが、植民地主義など、他国の概念の影響を受けなかったというわけでもない。仏教だってタイで生まれたわけでも無いが現在はほぼ仏教国だ。第二公用語に英語を導入する事がなぜタイが植民地であったという誤解を招くのか、チンナヲーン氏の言う事は辻褄が合わない。

 
ศธ.ยกเลิกประกาศ ภาษาอังกฤษเป็นภาษาที่ 2 หวั่นถูกมองเป็นเมื่องขึ้น -mthai
上記の「第二公用語とはしない」という発表と同時に「外国語としての英語教育」の強化も発表、数々の対策を上げている。
 

我々外国人がタイで感じるのは、タイの要人はほぼ全て流暢な英語を話すという点ですね。東南アジアで唯一植民地になったことが無いというのがタイ人の自慢ですが、実際は政治家だろうが何だろうが、出世するためには海外の名門大学に留学することがタイでは実質的に前提条件となっています。そして留学するのは当然英語圏の大学でなければなりません。このことと今回の話を見比べると、なんとも言えない面白さを感じます。

広告

Written by thaida

2010/10/28 at 16:04

カテゴリー: ニュース, 教育

Tagged with , ,