タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘非常事態宣言

2005年のアピシット氏

leave a comment »

2005年8月26日の記事が興味深いと言っている人が居たので見てみました。

Decree on militants ‘no license to kill’ – The New York Times

タクシン首相は、非常事態宣言の布告は殺人を許可するものでは無く、深南部ムスリムの暴力的な分離独立派を根絶するのに必要であるとし、上院の承認を得て先月から実施されている。
反対派は、これは暴力を煽り立てるだけであり、憲法で保障されている基本的人権に反し、効果もなく挑発的であるとして激しく非難。野党リーダーのアピシット・ウェーチャーチワ氏は、非常事態宣言により容疑者の拘留やメディアの検閲に関して広範な自由裁量権を与える事となり、市民の自由が侵害される事となると非難、また議会での討論にて「出版物の検閲が法により可能となるならば、それは憲法が明言している“戦争下でのみ実施できる”という記述に反する。我々が戦争状態の中にいるのではないことは明白である。」と語った。[後略]


当時のタクシン首相が深南部に非常事態宣言を布告した時の記事でしょうか。深南部の惨状は現在もこの時からそれほど好転しているようには見えません。先日は過去6年の爆弾テロによる死者が4千人を超えたという発表が有りました。死亡者の家族等の間接的被害者は5万人を超えていると言われています。非常事態宣言による効果は、むしろ状態を悪化させたという声も多いようです。第三者機関による監視が無い為、治安部隊による市民の捜査や逮捕監禁に信用できる証拠の裏付けが無い事が、和解を妨げる大きな原因と言われています。
 
現在布告が出ているバンコクや各地方への効果はどうなんでしょうか。深南部程の活発なテロ活動は考えられないとしても、既に反政府派メンバーの暗殺死や不審死が起きている事もあり、活動家の一部は既に地下に潜らざるを得なくなっているようです。やはり深南部と同じような道を辿るのかどうかが不安な点です。
 
アピシット氏については当時の政府を非難した上記の言葉と、首相になってからの行動を比べると確かに興味深いんじゃないでしょうか。アピシット政権に敵対的なテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等は検閲どころではなく、全て閉鎖されてしまいました。反政府、反王政的なウェブサイトも10万以上のサイトがタイ国内ISPによりブロックされています。5年前は検閲に反対していたアピシット氏ですが、これは戦争状態だから良しとしているのか、あるいは政権を取って気が変わったのか、それとも当時の政権を攻撃する為の嘘だったんでしょうか。

広告

Written by thaida

2010/06/29 at 17:55

非常事態宣言発令

leave a comment »

政府は首都圏を対象に非常事態宣言を発令しました。

しかし反政府集会を強制排除するのなら裁判所の言うとおり既に政府はその権利を有していたわけで、それが出来なかったのは赤組が非暴力主義を通したからとも言えます。ではこの非常事態宣言の発令によりどうしようと言うのか、まだ見えてきません。

対外的にはこの非常事態宣言の発令というのは普通のデモ鎮圧よりも大きな影響が有りそうに見えます。官僚派は議会解散に応じず選挙を引き伸ばしている間にタイ国の傷口をさらに大きくしてきている様にも見えます。

追加:
デモ集会がいくら有っても今まで全く気に留めていなかった観光客達が、この非常事態宣言が発令されたというニュースによって物凄い勢いで
タイへの渡航を取りやめているそうです。観光業界には結構な打撃になるでしょう。
また、デモ集会が続く間も上がり続けてきたタイ市場SETIも、この非常事態宣言発令を受けて顕著に下がっているようです。まぁこれは一時的でしょうけれど。

追加: 4-09

政府は8日夜のTV地上波局の緊急放送で赤組リーダー7人の逮捕状の発行を発表しました。7日に非常事態宣言発令、8日に逮捕状の発表ということで、手際が良いというか何と言うか。観光業界への打撃をものともしない思い切った手法です。

追加:
人数が増えました。政府は赤組リーダーを含む17名の逮捕状の発行を発表しました。

追加: 18時頃
ラーチャプラソン交差点で警官隊と衝突。
Matichon Online: หนังสือพิมพ์มติชนออนไลน์ : หนังสือพิมพ์คุณภาพ เพื่อคุณภาพของประเทศ
警官隊は赤組の一部がタイコム社に向かっている隙をついてラーチャプラソン交差点に進行、集会演説舞台上の赤組リーダーの逮捕執行を試みましたが、集会参加者の群集と揉み合いになり警察病院の敷地に押し戻されました。

Written by thaida

2010/04/07 at 18:48

カテゴリー: 政治経済

Tagged with

バンコクは混乱中

leave a comment »

いやー、バンコクはだいぶ混乱してきました。

なんと道端での銃撃戦で負傷者が出てます。どこで衝突が起きるか分らないので、今までのように、「この辺にだけ行かなければ安全」、という訳にも行きません。

デモ隊がスワンナプーム空港に押し入った当初はいくつかの便が運行中止しただけでしたが、ついに空港が閉鎖されちゃいました。そろそろまた「非常事態宣言」が出されるんでしょうか。

最近は超円高だったり航空券も安くなったりで日本からの観光客が増えるかなと思ってたけど、こりゃ当分の間ダメですね。

Written by thaida

2008/11/26 at 14:01

カテゴリー: ニュース

Tagged with , ,

非常事態宣言下のバンコク都

leave a comment »

9月2日後半

(寝)

22:00

タイ国大学長会議は26の大学長会議での決議により議会解散、非常事態宣言の終了、サマック首相の辞職を要求。

11団体、300人の学者・研究者団体が議会解散を要求。

ラムカムヘン大学学長が非常事態宣言の撤回と議会解散を要求。

赤十字は緊急時に備えて1000ユニットの血液と緊急車両で15分以内に届くように準備。警察や軍も含めて他の団体は誰も居ない。

連合、プラアーティット通りのASTV放送局とプーチャッカーン出版社をバリケードで徹底。プラピンクラオ橋の周辺とカオサン通りの隣のソイをブロック。

7時半頃、反独裁同盟の写真を撮った記者が囲まれて、めった打ちの暴行を受けたそうです。

SET index -2.33% で引け、過去19ヶ月で最低。バーツは -0.5% で 1$=34.50B | Bloomberg.com: Asia

(これ、なんか面白いな。もうこれ一行ニュースのブログにしようかな)

20:20

昨夜の衝突で死亡したナロンサックさんの親戚、「ナロンさんは暫く行方知れずだった。彼には家族は無いし両親も亡くなっている。姉が一人いるはずだが連絡は取れない。ポー4(小学校4年生)しか出ていない。仕事は多分無かっただろう。個人的に、彼は集会に参加するのが好きだったと聞いている。それは名誉な事だから。」

20:00

連合ガムペンペット県はバンコクでの連合との合流を目指して移動中。

警察は民衆が衝突した時の写真を拡大して誰がどんな武器を使って誰を攻撃したのかを調べ、それがどの派かに関わらず法的処置を進めるとしている。更に映像を集める為、マスコミにも協力を要請している。

連合「サマック首相が辞任するまで、軍を含めて誰ともいかなる交渉にも応じない」

製薬業労働者組合長、市民連合集会への動員の呼びかけ。

アピシット民主党党首、サマック首相の辞任、又はパランプラチャーチョン党の連立政権からの離脱を要求。

歯科医師ネットワーク等、同上。

弁護士会、統治最高裁判所にてサマック首相の非常事態宣言は法の規定に沿っていないとして撤回を求めている。裁判所はこれが裁判所の権限内かどうか審査するとしてこれを受理。

刑事裁判所秘書「刑事裁判所は控訴を破棄したが、誤解しないで欲しい。9人の連合メンバーは、まだ控訴裁判所と最高裁判所に控訴する権利がある」

16:30

バンハーン氏、ここぞとばかりに「私が交渉役になってもよい」。

タイ株、午後2.9%下落。

上院議員40人「非常事態宣言を使う状況では無い。そもそもウドンタニと同じケースなのに今回だけ使うのはおかしい」、非常事態宣言を出す為のお膳立てをしている陰謀であると非難。

人権委員会「かつて非常事態を宣言してタイ人を終わりの無い争い合いに導いたタクシン政権と同じ道をたどることになる」と非難。

15:00

非常事態宣言がなされた後からバーツが下がり始め、今朝はここ一年の安値 1$=34.52B に達しました。まだ下がるようなら次の目標は36.7だそうです。ここ数年の高値である31.25を記録して三月からはずっと下降チャネル内を推移しており、既に9%の下落となっているそうな。 – RTTNews (ていうか、今はクロス円も全部凄いことになってるんですが)

さっきいきなりアパートの電力メーターの交換始められて、長らく停電。こちらは電気止める前に一言掛けるという習慣が有りません(笑)。

非常事態宣言と言っても周辺の学校が休校になっている他には我々庶民の生活に特に変化は有りませんが、これは反独裁民主主義同盟が攻撃開始の続き。

Written by thaida

2008/09/02 at 15:29

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , , ,