タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘CRES

セントラルワールドプラザ

leave a comment »

ラーチャプラソン交差点のデパート、セントラルワールドプラザ(CWP,旧名ワールドトレードセンターCTW)は5月19日、非常事態対策センター(CRES)の軍によるデモ隊強制排除の直後に火災が起こり倒壊した。その火災発生の前後に建物の内と外を写したと言われる写真がネット上に出回っている。
ว่อนเน็ต ภาพชุด ‘เวิร์ลเทรดฯ’ ก่อน-หลังเพลิงไหม้ -prachatai (2010-12-06)

強制排除と火災が起きた5月19日の夕方、建物内部と周辺を写したとする写真が投稿されている(注意:遺体写真有り)。
ポストされた写真: ความจริง และ ศพสุดท้าย ที่ เวิลด์เทรด …. / facebook: ความจริง

写真投稿者による説明:

  • 建物内部の兵士やCRES当局者の写真は火災が起きる前の物。
  • デパート内の警備員、店舗の従業員、その他何人もがショットガンによる足への銃撃で負傷し、全員外に追い出された。
  • 建物内部で銃撃したのが誰かは分からない。

 
記事ではこれらの写真については現在の所、当局のいかなる部署による捜査も確認もなされていないとしている。


8日のニュースでは、CRES広報サンサーン氏が「これらの写真については、既に何度もネット上で出回っている写真であり、捜査の必要は無い」と語ったそうです。写真の中で気になるのは兵士等と共に居る黒い服の人々は誰なのか。それから兵士達があちこちの店舗の鍵をこじ開けている場面。そして不思議なのが、写真には大勢映っているのにこの時の証言が全く出てこない事でしょうか。
当初はデモ隊が放火したというCRESの説明を信じる人が多数でしたが、ラーチャプラソンに最後まで残った女性と記者の証言では火災発生の前に周辺は兵士らが完全に掌握していて消防車も用意してあったと言う。にもかかわらずビルが倒壊するまで火災が続いたこと等から最近は当初から計画された何らかの組織による放火ではないかという疑いを持つ人々が増えてきているようです。これと同時に起きた地方各地での県庁舎の火災に対しても当初から同様な疑問が有りますし、まだまだ隠されている事がたくさん有りそうですね。


追加 2010-12-9:
これら74枚の写真について一枚づつ分析している文書(英語)が匿名で公開されています。
CTW photo analysis

前置きの概要。

  • 場所は全般にCTWの内部と付近なのは確か。
  • 全般に同じカメラによる撮影と思われ、ほとんど時系列に並べてある。
  • 撮影者はCTWの保安要員、警備員と考えるのが最も辻褄が合う。
  • 撮影日は大きく二つのセットから成り、1-60番は5月19日の午後、61-73番は5月21日の撮影。後に追加された74番は別のカメラ。
  • 最初のセットは火災の前。50-51番で煙が見え始める。後のセットは消化後。
  • 火災の前にCTWを掌握していたのは誰かという問には答えられないが、武装した人々がモールの中に居たことは分かる。警備員が三階で撃たれているが、その狙いは足を撃つことだった。ゾーンAの方向からの銃撃。そこは現在火災と倒壊によるダメージで閉鎖中。デモ隊あるいは強奪者が一階で撃たれている。
  • CTW内に一人か複数の銃撃者が居たことは確かだが、それがタイ軍なのか、赤シャツに協力したと言われている黒服部隊なのか、これらの写真からは分からない。
  • パラゴンの裏側にも銃撃者が居たと思われるが、同様にどのグループなのか、CTW内部での銃撃者と繋がりが有るのかは分からない。兵士かもしれないが、武装した兵士が写っているのは壁際でリラックスしている物だけ。


この後に各写真一枚一枚の分析が有ります(長い)。

そして結論部分。

CTW内部に居たのが分かるのは3つのグループ。

  1. 少人数のデモ参加者。強奪をしようとしていたかもしれない。
  2. CTWの警備員。明らかに銃撃から逃れようと避難している。
  3. 見えない銃撃者。複数のグループだったか、デモ参加者と警備員を銃撃したのは同一グループなのか、それは判断できない。

少なくとも3箇所からの銃撃。

  1. CTW内部での警備員とデモ参加者への銃撃。
  2. パラゴンの北東の角からの銃撃。
  3. パラゴンの西側からの銃撃。これは恐らくBTSサヤーム駅プラットフォーム上に居た迷彩服にスキー帽を被った兵士らとの繋がりが有る。

撮影者はほぼ間違いなくCTWの警備員である。写真では顔もはっきりと写っている。彼らは間違いなく写真以上の事を知っているはずだがジャーナリスト達は今後これらの目撃情報を追跡するだろうか。
これらの写真が新たな結論をもたらす物では無いとしてもその反響は著しい。それは起こったことに関する情報が余りにも少ないからだ。事件から6ヶ月経った今も我々は推量し言い争っている。
政府はこれらの新たな証拠を即座に否定し、情報を欲している人々への対応を拒絶した。それが現在の不透明な政策、国民への情報提供の責任の欠如を明示している。

 
かなりこった内容ですね。分析には相当手間が掛かったんじゃないでしょうか。


追加: これも匿名記事。
Some thoughts by someone anonymous – Loss of Gravity

セントラルのスティキアート氏もプラチャーマリーノント氏も元々タクシン氏と「近しく良い関係」で、赤シャツがCTWに放火するという道理に合わない。一方ドゥシット、マーブンクローン、ネーション等(記事には他にもいろいろ)は全く標的にならなかった。今回の事件でチャンネル3、セントラル、タクシン、赤シャツ、反王室派が一気にやっつけられたことになる。これらの宿敵は誰なのか考えてみよう。これ以前の3年間、セントラルやチャンネル3の敵だったのは誰?
というような記事ですが、背景知識が無くて理解できません。興味が有る方は読んでみてください。

Written by thaida

2010/12/09 at 12:32

日曜動向

leave a comment »

先週10月3日(日)はチャトゥポン氏率いるUDDがインペリアル・ラートプラーオ内のホールでUDD集会を行う一方、「日曜は赤」のリーダー、ソムバット・ブンガムアノン氏(通称ボー・コー・ラーイチュット)はアユタヤ県で集会を行った。

5月19日のデモ隊強制排除以来、4ヶ月に渡って未だに多くのUDDデモ参加者や幹部達がバンコクや各地方の刑務所に拘束されている。ソムバット氏によると、今週末の10月10日(日)はバンコクでパレードを行い、政治犯の釈放を求めるとの事。
Bangkok Post : Red-shirts to rally on Sunday

乗用車とバイクでのパレードは午後1時にラーチャプラソン交差点を出発、カッティヤー少将が暗殺されたラーチャダムリ通り、ラーマ4世通り、ボンガイ、ディンデーン交差点、そして5時頃に民主記念塔に到着の予定。

昨日10月5日はバンコク近郊ノンタブリ県バーンブアトーン郡ではTNT又はC4による爆発でアパートが大破、死者3人以上、負傷者7人以上を出している。当局はアパートの一室が武器弾薬倉庫に使われ、UDDのデモ参加者がアパートを武器倉庫に使っていたとしている。これによりバンコク周辺の非常事態宣言は更に延長されるだろうと見らる。

追加 10-6:
Bangkok Post : DSI: Red weapons training confirmed
法務省特別捜査局(DSI)によると、UDDが要人39人の暗殺計画に向けた軍事訓練を隣国で行っていたとするステープ氏(CRES)の主張を支持。訓練済みの要員がいくつかの場所、特にバンコクでの実行に向けて配置されている、としている。先日は軍事訓練を行っていたとしてUDDメンバー11人をチェンマイ県で逮捕している。

Written by thaida

2010/10/06 at 14:32

グレネードで死にかけた

leave a comment »

5月19日、取材中に重症を負った外国人記者の記述。
The Nation’s State: Almost killed by an M79 grenade

(以下意訳)
赤シャツのデモを2ヶ月に渡って取材した後の5月19日、M79グレネードに被弾し私は危うく命を落とす所だった。

タイ軍がデモ隊も市民も記者も無差別に銃撃していたことを考慮し(カナダ人の友人は3発撃たれてかろうじて病院に生きて辿りついた)、私は戦術を変えて兵士と行動を共にしていた。

しかし赤シャツのデモ隊、黒シャツと呼ばれる者達もまた武装し銃撃を行っていた。私はルンピニー公園の外側のラーチャダムリとサラサンでの銃撃戦を写真撮影していた。

兵士達と共に隠れていた所、黒シャツは空っぽの道めがけてM79グレネードを連射してきた。ルンピニー公園内に2発、シーロムの近くに1発、そして私を含む兵士のグループめがけて1発。

破裂したりゅう弾の24の破片が私の背中と足を貫き、肋骨を何本か折り、肺と腸に突き刺さった。

さらに3つの破片が後頭部に刺さって私の頭蓋骨を砕いて脳に達した。ある記者が後で語ったところでは、私の頭蓋骨の破片が地面に落ちていたのを見たそうだ。

私は意識を失って多量に出血し、目は開いたまま放心していた。現場に居た軍医は私の脈を取ったが見つけられず、私の死を宣告した。
そしてその恥知らずな野郎は私のカメラを盗んだ。

そして直ぐに記者たちがやって来て私が呼吸しようとしているのに気付き、大急ぎで病院へ運んだ。

実際のところ、周囲ではまだ機関銃による銃撃が有るにも関わらず、記者達と市民は大きなリスクを冒して私を助けたのだ。彼らの行為に私は深く感謝している。

3日後、シーロム通りにあるICUで私は目覚めた(見たところ既に会話していたそうだが私には記憶がない)。

りゅう弾によって割かれた傷は7週間もの間出血が止まらず、折れた肋骨はずきずきと痛み、左耳の聴覚が失われて混乱するし、頭の怪我が最も心配だった。

破片は頭蓋骨を貫いて私の脳に達した。神経外科医は二つの破片を取り除くことができたが三つ目は取り除くには危険過ぎたため頭の中に留まっている。

右半身全体が完全に麻痺していた。また視覚と物体の認識に重大な問題が有り、鏡に写る自らの姿さえ認識できなかった。
にもかかわらず3週間後、私は足を引きずりながら退院し、騒々しい担当医師や皆を驚かせた。

そして3ヶ月後、少々の永久に残る傷害と共に私は現れた。聴覚障害、多くの傷跡、見苦しく引きずる足。しかし私は歩き、職場に戻っている。

言うまでもなくブログを書くのは休み、物理療法と仕事に集中している。

しかし、終わりには程遠いタイの政治的混乱の事を思えば、長い休みにはならないだろうと思っている。

Written by thaida

2010/09/16 at 16:54

カテゴリー: 社会

Tagged with , , ,

タイの検閲ブロック、合計11万3千サイト以上

leave a comment »

タイ政府、不敬罪に抵触する4万3千サイトを検閲ブロック、あと3千サイトも追加。
Thailand: Government shuts 43,000 more websites for lèse majesté, plans to block 3,000 more, total up to 113,000 -Global voices Advocacy

5月9日、タイ情報通信産業省(MICT,ICT省)と非常事態対応センター(CRES)は5万のウェブサイトを検閲ブロックし、更に一日500のサイトを検閲ブロックの対象として追加していることを認めた。FACTの広範囲な調査によるとタイのISPは少なくともあと1万5千のサイトをブロックしており、合計で6万5千以上となっていた。5月の第2週、CRESは更に770のサイトのブロックを発表。5月26日には更に1150。これらの数字を4万6千に足すと、タイの検閲ブロック数は11万3千サイト以上ということになる。
 
6月15日、内閣は“王制を守る”為のコンピュータ犯罪防止根絶局の創設を認可。新事務所はICT省、タイ国家警察、CRESやCAPO等の軍事機関、陸軍司令室、文化庁に検閲官を配置した。多すぎて数え切れないので漏れが有るかもしれないが。
 
6月17日、ICTの新大臣は200人のブラックリスト名簿を発表し、インターネットへの情報発信することを禁じた。制限の内容はきちんと定義されていないが恐らくこれらの人々の名前を冠したサイトは検閲ブロックされるだろう。不敬罪の罪を負わされて亡命中の元総理府大臣ジャカポップ・ペンケー氏、チュラロンコン大学教授のジャイ・インパコン教授の両氏がブラックリストに記載されていることは知られているが、リストのその他の内容は機密とされている。つまりそれらの人々は自らの名誉を守ることも出来ない。あなたはリストに載っているか?私は?
 
上記ブラックリストの発表には、政府の嫌いなサイトは告発される事に成るという警告も含まれていた。タイは急激にインターネット不毛の地になり、偏執狂のリーダーであるミャンマー(ビルマ)や北朝鮮に肩を並べようとしている。IT産業、開発者達は間違いなく出口を探すことになるだろう。[後略]


王制を守るという大義名分でなりふり構わず政敵や反政府派を封じ込める手段として不敬罪が乱用されています。これだけ乱発されると、守ろうとしている王制とは何なのか、果たしてかつての姿で存在しているのかも怪しくなってきます。政府は軍部の後ろ盾で強権によってかろうじて形を留めていますが、ほころびが出始めれば現政権が倒れるだけでなく、国家としての崩壊もあり得るのではないかと感じられます。

Written by thaida

2010/06/24 at 12:47

カテゴリー: 政治経済

Tagged with , ,

政府動向: UDD支援の資金の流れを公開

leave a comment »

政府CRESはUDD支援の疑いが有る資金の流れを公開。
แฉ86เครือข่าย’แม้ว’ทำธุรกรรมการเงินผิดปกติ  -khomchadluak

その内訳の例。

  1. タクシン氏の家族や親戚との間での資金移動314億5千万バーツ。
  2. タクシン氏と繋がりのある議員、元議員との間で15億4千490万バーツ。
  3. UDD幹部との資金移動8340万バーツ。
  4. 元軍人や警察との資金移動16億3410万バーツ。
  5. 民間企業間での資金の循環1189億100万バーツ。


タクシン氏からは資産のかなりの部分を没収した筈ですが、送金先を片っ端から潰してゆくという方針のようです。しかしタイ国内の銀行ネットワークを使うというのはどうなんでしょうか。どこの国でも、日本でも言えることでしょうが政権を持つ者が敵と見なせば普通の金融機関は全て押さえられてしまうと思うのが普通だと思うんですが。

Written by thaida

2010/06/17 at 14:23

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

治安部隊動向、ムクダハン県で訓練

leave a comment »

ทหารยกทัพเฝ้าหมู่บ้านในมุกดาหาร อ้างซ้อมรบก่อนลงชายแดนใต -prachatai

6月11日、ムクダハン県内の5箇所の拠点を各郡につき200名程の武装した軍部隊が軍用車や装甲車等で行軍しており、市民に緊張が走った。地区長に地域の放送塔から「軍当局は深南部の任務に付く前に、街の中での戦闘の訓練を行う」という布告させたとのこと。

部隊は11日の夜に街に入り、一部は地区長の家、その他兵士の大部分は学校や寺に宿泊。戦闘訓練は実際の武器を装備して行い、路上で托鉢をする僧侶の護衛の訓練、集落の入口での検問に加えて住人の家宅捜索の訓練も行った。家宅捜索の訓練ではムクダハン県のUDD幹部の写真を持ち、訓練上の捜査の目標とした。

市民は一体何が起きているのかと混乱。脅されていると感じ不満を見せる市民も居た。


地方の締め付けとUDD幹部の捜索、それと市民との戦闘の訓練を兼ねた作戦のようですが住人はさぞ恐怖を感じた事でしょう。地方ではUDD関係者の暗殺以外にもバンコクでは考えられないような不気味な事が起きているようですが、相変わらずあまりニュースは伝わってきませんね。

Written by thaida

2010/06/14 at 20:15

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , , ,

赤シャツ狩り動向

leave a comment »

先日のコラートで射殺されたUDD幹部以外にもあと2人、合計3人が死亡したそうです。
“จตุพร”ชี้แดงทยอยตาย3ศพแล้วท้า “สุเทพ”สาบานวัดพระแก้ว ขู่เจอปชช.รอบ3สถานการณ์เลวร้ายมาถึงเร็วแน่ -matichon

プアタイ党チャトゥポン氏によると、コラートのUDD幹部「太っちょブアヤイ」ことサッカナリン氏が自宅付近で殺される前にもナコンパノムで一人、そして後にはパタヤで更にもう一人のUDDガードが死亡しており、UDD集会解散後も彼等の家まで追跡しているとして政府を非難。

また非常事態対応センター(CRES)の会議出席者から「ラーチャプラソン集会場で押収できたのは拳銃2丁だけだったが、大量の武器を持ち込んで押収したように見せた、その事を恥ずかしく思っている」と聞いたとしている。政府は「強制排除での80人の死亡者は素人ではない、たぶん武器を捨てたのだろう」としているのに対し、死んだ後どうやって捨てるのかと反論。

更に、サリット陸軍元帥の時代でさえこれほど大勢の市民を殺す命令を出した事は無い。政府が赤シャツ狩りを止めないなら、思ったより早く酷い事態が起こるだろう。追い詰められた市民はこれまでになく勇敢で大胆になる、と警告した。


「大勢の市民を殺す命令」というのは、死者5百人程度なら政府は充分対応できるとして軍部隊を出動させたと言われている件でしょうか。UDD側は地下活動は行っていないと言っていますが今の主要な幹部達が消えれば今後の運動の拡大は防げるでしょうから、おそらく政府による赤シャツ狩りは各地で続いているのでしょう。

Written by thaida

2010/06/12 at 19:58