タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘GT200

GT200(3)

leave a comment »

GT200 (2)の続き。
(追加有り)

政府による実証実験が現在行われていて話題になっていますね。

GT200は「爆発物を発見できる」という宣伝文句の詐欺商品でイギリスでは既に輸出禁止、同様の製品の販売会社の社長も詐欺容疑で逮捕されています。タイでは過去に何億バーツも投入して国内に500台以上導入され、この装置を頼った誤認識による兵士の犠牲や無関係の市民の逮捕拘留が問題となってきました。

タイの学者も「装置の中身はただのプラスチックの箱で、爆発物を発見するという科学的な根拠は無い」と結論づけているんですが、政府にはこれを認められない事情があるようです。タイで人気のポンティップ検死官は、「効果は有る」としてこの装置を擁護しています。

政府としてはこの装置が詐欺であったと認めると、次は装置購入に関連して受け取った多額のコミッションを受け取った人物に焦点が集まることになり、これを恐れているようです。その為、非公開の実証実験を行い、なんとしてでも「効果は有る」という結論にしたいのだろう、というのがタイの一般国民の認識のようです。

タイ人のオカルト好きは有名で、現在でも政府や軍の要人が占い師に助言を求めるのが一般的です。イギリスの名門大学の主席であったアピシット首相でさえ「身を守るために」普段からいくつもの仏像を身に着けています。

とはいえタイ国民も昔とは違って簡単には騙されなくなってきているようで、今回の無理やりな実証実験のヤラセに対しては多くの嘲笑や落胆の声が聞こえます。

追加: 予定通り、「GT200は効果有り」という実験結果が出てきました。
ผลทดสอบ GT200 จาก 20 ทำงานได้ 18 ครั้ง

今のところ「20回の実験で18回が有効だった」という発表だけで、それ以外の内容については分かりません。軍の担当者は「結果は実験委員会に送られ、今後この件が問題になることは無いだろう」と語っているそうです。また落胆の声が聞こえそう。

追加: 同様の装置に関する1月22日(先月)のbbcのニュース。
Tests reveal ‘bomb detector’ cannot work – film in full

イラクはこの装置に8千5百万ドル費やしたそうですが、爆発物の発見に関する能力は無いという結論です。

追加 2-16: 調査委員会は「GT200の精度、効力が基準値を満たしていない」という調査結果を内閣に提出。損失に見合わないとして使用を中止すべきと提言。首相もこの調査結果に則って対処するようです。
ก.วิทย์เสนอ ครม.ยกเลิก GT200 ชี้ประสิทธิภาพต่ำ-ไม่คุ้มเสีย

いきなりどんでん返しですが、良い方向に向かっているようです。多くのタイ国民の嘲笑と落胆の声が届いたようですね。となると、今後はこの装置の購入決定の背景とその関係者に焦点が向かうことになるかどうか。

追加: 首相は今後のGT200購入を中止し、過去の購入に関する経緯を調査することを命令。
PM orders end to buying of GT200

「爆発物を発見するのに現在最も有効な手段は探知犬であると認めた」、とあります。

追加 2-18: 2月16日のCNNレポートのトランスクリプトとタイ語字幕。
Transcript of CNN GT200 report, February 16, 2010

広告

Written by thaida

2010/02/15 at 15:25

カテゴリー: ニュース

Tagged with

GT200 (2)

with one comment

GT200の続き。
(追加有り)

随分前から「役に立たない」と言われている爆発物発見装置のGT200ですが、未だに使われているようですね。

この装置、なんと一つ90万バーツもするんだそうで、チップカード21個のセットやらを付けて120万バーツ、エージェントによっては140万バーツだそうです。このカードとやらもBBCの調べでは、中には「何もない」そうで。
How many GT 200 devices does Thailand have? | Asian Correspondent

現在タイ国内に535個、総額で6億4千万バーツの税金が詐欺的商品のためにドブに捨てられたことになります。一方イギリスではイラクでも使われたADE651という装置が一つ250ドルだそうで、その精度の悪さから既に販売禁止になっているそうです。

タイ人担当者の一部にはまだこの装置の効能を信じている人も居るということですが、果たして本当に信じているのか汚職を認めたくないだけなのかは分かりませんが、誤検出による逮捕・拘束が生んだ深南部住人の政府に対する不信、不検出で爆破された兵士等の被害はこれからも増え続けることになるんでしょうか。

追加 100128:

上記ADE651とGT200を購入した各国政府に対して、イギリス政府は「爆発物の発見には全く役立たない」との緊急警告。
UK warns world about useless ‘bomb detectors’

ADE651を製造した会社の責任者は不当表示の疑いで既に逮捕されているようです。これらの製品はタイ国以外では現時点で、イラク、パキスタン、メキシコ、ケニヤ、レバノン、ヨルダン、中国でまだ使われてるそうです。

こういう物に騙されやすいのはタイ人のオカルト好きの気質に関係しているんでしょうか、早く目を覚まして欲しいですね。

Written by thaida

2010/01/27 at 13:13

カテゴリー: ニュース

Tagged with , ,

GT200

with one comment

GT200という装置。爆発物を見つける事ができる装置ということで、2~3年前から導入され始めて兵士達が深南部で村々を検査するのに使われているそうなんですが、これが実は全く役に立たない物で、そのせいで多くの無関係の住民の身柄が拘束されている、という話。

Thai E-News: GT200 รหัสหายนะชายแดนใต้

現在まで毎日のように起きている深南部の爆破事件で使われている爆弾の多くには化学肥料の成分であるユリアが使われていると言われています。GT200はそのユリアを見つけられる、といううたい文句で治安部隊の兵士に大量に導入され続けている装置なんですが、これが実際には住人の日常の家財道具やら障害者、妊婦、子供、等何にでも反応してしまうんだそうで。ある時は、反応を示した箱を爆弾処理班が開けると中身はナプキンだったとか。

棒状のアンテナが付いていて手に持って使うんですが、「静電気の力でユリアに反応を示す」とかで、なんだかいかにも胡散臭いですね。ところが兵士はそんな装置の反応を根拠に多くの村々の住民の身柄を拘束しています。当然、住人の治安部隊に対する信用も無くなってきた、というわけです。

我々から見たらそんな胡散臭い装置でホイホイと爆弾が見つけられるなんてうまい話は無いだろうと思いますが、深南部ではいつ襲撃されるか、爆弾に吹き飛ばされるか分からないという極限状態であると考えるとこんな装置の反応を見て兵士が判断を下してしまうのも当然かもしれませんね。

この装置の導入にもどうせ汚職が絡んでいるんだと思いますが、「誰の責任か」という声が徐々に大きくなって来ているので、この先やがて導入経緯が解明される可能性も有るのかもしれません。

Written by thaida

2009/10/20 at 18:32

カテゴリー: ニュース

Tagged with , ,