タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘PAD

王の国と国民の国との戦い

leave a comment »

ทามาดะ โยชิฟูมิ (Tamada Yoshifumi) การต่อสู้ของรัฐ Monarch Vs. รัฐประชาชน

8月24日、京都大学のTamada Yoshifumi教授(玉田芳史教授でしょうか)を招いてのチェンマイ大学での会合の記事。教授はタイやアセアンの研究でとても高く評価されているそうです。海外の学者はタイの政治をどう見ているのか、ということで注目されたようですね。

以下抜粋。間違いが有ったらご指摘お願いします。

2003年から2006年、タイの民主主義はまだ許容されるレベルだった。政治的権利の面、国民の自由度の面においてどちらも2~3と評価(7段階で1が最も高い)。しかし2006年のクーデター後はそれぞれ7と4という評価、現在ASEAN諸国で4番目のレベルとなっている。

タイの政治状況は、手短に言えば悪化している。始まりは2006年9月19日のクーデター、いわゆる権力の奪い合いのひとつ。続いて2007年憲法の強制。これは民主党から首相を出すことを望んでの選挙の為の道具だった。

ところが民主党は選挙に負け、アピシットとその仲間が水面下で表に見えない権力との交渉を始める。同時に黄色派がバックに大きな後ろ盾を抱えての活動を行い、空港を占拠する。結果として支配階級の後ろ盾でのアピシット政府が、プアタイ党とのロビー活動を経て誕生。

しかし様々なグループの手助けで成り立つアピシット政権には利益分配の要求が絶えず、これが政府の自由を奪っている。

政府への不満は高まり、赤服による抗議活動での4月10日、5月19日の事件は死者を出すことになる。このような事態になれば普通ならアピシットは持ちこたえられないのだが、マスコミがアピシットのためにその過ちと死者を隠す役割を演じ、これが真実を覆い隠した。

一連の出来事は”善人(コンディー)”派と”タクシン”派との戦争だとは思っていない。ほとんど一方が攻めるだけの不平等な戦争であり民主主義でもないことは確か。民主主義は言わば、明確なルールが有るが結果は不確かであり、前もって結果は分からないもの。そうで無ければ民主主義とは言えない。従って民主党が選挙を許せば結果が転がり込んでくるなどというのは民主主義では無い。

トンチャイ・ウィニッチャクーン先生によると、クーデターを支援するのは:

  1. 都市部の上流階級(vs.貧困層)
  2. 官僚の権力(vs.国会議員)
  3. 君主制主義者(vs.タクシン)

君主制主義者は彼らの理想国家がタクシンと相容れない為タクシンを嫌う。では彼らの言う民主主義とは何か。

  1. 枢密院は政治に介入する権力を持つという民主主義。
  2. 国民は単に国王のしもべで有り、一般市民ではないという民主主義。
    (?: ประชาธิปไตยที่ประชาชนเป็นได้เพียง ข้าแผ่นดิน ไม่ใช่ พลเมือง)
  3. 選挙は民主主義の指標では無いという民主主義。
  4. 検査も責任も無い民主主義。
  5. 軍隊が世話をする民主主義。

民主主義による統治には様々なスタイルがあるが、タイでは首相と君主制が共に権力を持つというもの。首相と大統領というスタイルとは異なる。後者は大統領は選挙で選ばれ、両者がパワーバランスを持つことが重要。憲法がその権力を明確に規定するのが重要で、そうでないと権力の奪い合いという問題が起こる。

タイ式の統治制度の特徴は首相と君主制。しかし憲法が君主制の権限を明確に規定していいないのが問題。首相の能力や君主制との関係によって権力の浮き沈み、変化が起きやすい。だから君主制主義者達は自らの利益の為に君主制に頼る事になる。

選挙システムによる政治が始まるとタクシンの権力と人気は急激に上昇する。君主制主義者達は驚き、利益を失うのを恐れる。だからタクシンに反抗する。

そして国民は黄色だの赤だのと階級間の抗争に加わるようになる。黄色と赤とで似ている部分、それは中間層。

  • 黄色派は選挙を嫌う。政治家は嘘つき、悪人。クーデターを歓迎し、殺された人々を罵る。階級差を良しとする。
  • 赤派は選挙を望む。議員の利益にすがる事ができる。クーデターは容認しない。国民を殺す命令を出した者を罵り、国民は平等だと思っている。
  • 選挙から利益が得られない君主制主義者は、国民は愚かであり、議員は票を買収してインチキを行っているので選挙は不正であると攻撃する。

国民は愚かで貧乏で低学歴という攻撃、これはある裁判官の発言にも見られる。「1600万票掛ける1000バーツで160億バーツ。เอาคืนได้อย่างสบาย(※どういう意味?)」裁判を行う権限を持つ者がこのような発言をするのには唖然とする。日本ならとっくに辞めさせられている。

そういうわけで黄色、赤、両派に不満が有る。赤派は9月19日のクーデターに不満、アピシット政権の成り立ちである二重基準(不公正)に不満。一方、黄色派は多数派の原則(マジョリティー・ルール)に不満。今まで自らに有益だった経済面で不利となる。社会が変わるのが嫌い。

このような政治には出口が見えない。興味深い問題として、いったい両派とも今誰と戦っているのか分かっているのかどうか。黄色が戦っているのはタクシン?5年間徹底的に攻撃してきてまだ勝てない?資金源を破壊しつくしていないから?一方、赤服派については「誰と戦っているのか分かっているのか?」というのはアヌポン大将のかつての言葉。個人的な見解としてはこれは、王の国と国民の国の戦いと見ている。

最後に言いたいのは、民主主義は選挙を否定できない。国民を否定できない。そうじゃなきゃ民主主義では無い。

広告

Written by thaida

2010/08/26 at 14:13

国境情勢

leave a comment »

タイ-カンボジア間の口論激化中。
ABC Radio Australia News:Stories:Cambodia, Thailand in war of words over border

アピシット首相が王室派の集会にて「カンボジアとの紛争解決に武力を使う」と明言したことはルール違反であるとし、「カンボジアは自国領土を守る準備が有る」とした書簡をUNに送った。ただしカンボジアのポリシーは一環して隣国との紛争に武力を用いないことを再確認している。
タイの王室派は政府に対し、紛争地域の4.6平方キロメートルからカンボジア系住人を追い出すよう要求している。


「ただのタイ国内の票集め」として静観していたカンボジアですが、タイ国内の隣国に好戦的な王室派とアピシット首相の同調を見て、やや警戒を増しているように見えます。

◇追加 8-11:
8月10日のプノンペンポスト。
Hun Sen takes firm stand | The Phnom Penh Post

フンセン首相

「二国間の協定は機能しておらず、多国間での会議を要求する。」
「タイ側が武力による解決を試みるならそれも良かろう。こちらも軍事行動で歓迎する。」
「カンボジアは貧しく弱いが蟻でも象の眠りを妨害し続ける事ができる。」


先週土曜日のアピシット首相によるPAD集会での演説が問題を拡大しているようです。

◇追加 8-15:
กต.เขมรร่อนจม.ขออาเซียนช่วยไกล่เกลี่ยไทย คมชัดลึก

カンボジア外務省大臣は「外部からのサポート無しには、カンボジア-タイ間のいかなる合意も達成できない」という書簡をベトナム外相とアセアンに送った。
またフンセン首相は「アセアン、国連大使、あるいはインドネシア大統領のような尊敬すべき人物かもしれないが、(問題解決の為に)第三者が関与する事をタイは恐れるべきではない。」と語った。

◇追加 8-18:
Bangkok Post : Vietnam seeks Preah Vihear talks

ベトナムはタイ-カンボジア国境紛争の調停の為、積極的に他のASEAN諸国との意見交換を行っている。ベトナムは現在のアセアン議長国。

Written by thaida

2010/08/09 at 11:46

PAD集会

leave a comment »

PAD(黄色)によるデモ集会について、ステープ氏による「デモ集会は取り締まる」という発言の直後にCRESからの「PAD集会は非常事態宣言の取り締まり対象にはならない」という発言が有ったりと迷走しており、「仲間割れか?」等というニュース記事も飛び交っていますが、結局のところ主な集会場は政府官邸ではなく「タイ日本運動競技場」になるものと見られています。

集会場のあるプラチャーチューン周辺は要注意ですが、現在より暫くの間は政府官邸周辺の道路に入ると2年間の懲役及び4万バーツの罰金となるのでバンコク住人は要注意です。

進入禁止は以下の地図の地域。
Bangkok Dangerous Map: June – August 2010 – Google Maps by @RichardBarrow

[追加 8-9:

集会場ではアピシット首相が演台に立ち、PADの機嫌を損ねるようなことはしないと演説して集会参加者の理解を求めたようです。どうやらアピシット氏自らがPADの一員、あるいはその配下に居ることを公に宣言してしまったようです。この体制が続く限り二重基準は永久に是正されないのでしょう。近隣諸国に対して好戦的なPADが真の政府のような地位を占めているとなると、今後は不安定な情勢が隣国にも飛び火していくかもしれませんね。]

Written by thaida

2010/08/06 at 21:21

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

ニュース

leave a comment »

2008年にPADが政府官邸を193日間占拠した事件、起訴は10月7日に延期。
Bangkok Post : Decision on PAD case deferred again
何回目の延期でしょう、たぶん9回目ぐらいじゃないかと思います。訴えを退けず延期し続ける理由はわかりませんが、いつまで続けるつもりでしょうかね。

PAD、サンティ・アソーク教団はカンボジアとのプレアビヒア遺跡に関する協定の破棄を求め、8月7日に政府官邸前でのデモ集会を動員するそうです。

タイ警察は7月25日のBigCラーチャダムリ店前と、先週金曜日ラーンナム通りのキングパワー前の爆弾テロへの関与の疑いでノンカイ県の元赤服ガードの男性を逮捕しています。
Bangkok Post : One red guard arrested, Detained suspect in Rangnam Road bombing denies involvement

政府官邸前でアピシット政権を呪う血の儀式を行ったことで知られるプラーム・サックラピー(UDDの祈祷師)に対し、サコンナコンの裁判所は執行猶予無しの懲役8ヶ月の判決を下しています。
จำคุก “พราหมณ์เสื้อแดง” 8 เดือน ละเมิด พรก. | ประชาไท หนังสือพิมพ์ออนไลน์

Written by thaida

2010/08/05 at 11:48

カテゴリー: ニュース

Tagged with , , ,

PAD審議延期

leave a comment »

เลื่อนสั่งคดีแกนนำพันธมิตรฯยึดทำเนียบ คมชัดลึก -khomchadluek

検事総長事務所は、2008年にPAD幹部らが扇動して政府官邸を193日間占拠した事件等に関する審議を8月4日に延期とするとの命令を出した。


PADに関する審議延期は9回目でしょうか、もう数え切れませんが、国民が忘れるまで延期し続けるつもりでしょうか。先日UDD幹部らの保釈申請を却下したばかりでのこの決定、再び階級格差と二重基準への不満がつのりそうです。

Written by thaida

2010/06/16 at 14:36

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with

PAD動向

leave a comment »

PAD、軍部に戒厳令を要求。
PAD calls for martial law -bangkok post

PAD「議会が解散されれば物事は機能しなくなり、UDDリーダー達の逮捕令状も執行されない可能性が有る。UDD陣営を包囲して供給を絶つ等の手法を提案。」 PADチャムローン氏「政府が法を執行できないのなら軍がバンコクに戒厳令を敷くべき」

全国各地で反UDD運動を行っているPADですが、5月3日にはこんなことも有ったと教えていただきました。
赤シャツ派がタイ軍と協力して国境標識守る -カンボジアウォッチ

(PADは)国境標識を引き抜くために150~180名の過激派メンバーを引き連れて1日から2日にかけて押し寄せたが、タイの反政府市民団体、いわゆる赤シャツ派およそ50人がタイ軍と協力してこれを斥けたことがわかった。カンボジアの防衛省のチュム=ソチアト報道官が2日発表した。

タイ国内のメディアでは報道規制で伝えられなかったのかもしれませんね。

PADは以前プレアビヒア(カオプラウィハーン)遺跡のあるカンボジアとの国境問題で「カンボジアと戦争するべきだ、軍部は戦う勇気がない」と主張していました。一般的にはタイ人の反カンボジア感情は高いと言われていますが、地方の人々、特に国境付近の住民にとっては戦争なぞ以ての外です。しかしそれもバンコクの中流以上の人々にとってはどうでも良いということなのかもしれません。

Written by thaida

2010/05/07 at 17:32

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,

動向: 再び硬直状態

leave a comment »

5月7日の動向。

PAD、多色組その他の官僚派からUDDとの合意案を出したアピシット首相への批判が続出しています。
 “นายกฯ” ถก “กลุ่มเสื้อหลากสี-เฟสบุ๊ค” กรณี แผนโร้ดแม็ป -nation

ステープ副首相は合意案には各派の協力が必要として協調を求めている。UDDが明確な議会解散日の発表を求めたのに対し、「選挙日が決まっているのだから解散が必要な日程も明確」。これに対しUDDは「まず政府がPADや多色組の各派の合意を取るまで何も行動しない」としている。
 Suthep urges all sides to back road map -bangkok post

UDD赤組コンケン県600人、130台のピックアップトラックでバンコクへ。その他の各県からはコラートへの集合を計画中。治安部隊のバリケードを18輪トレーラーで突破するという話も。
 KhonKaen reds heading to Bangkok -bangkok post

政府は緊急事態対応センター(CRES)がテロや王室転覆などの容疑を宣伝した後にアピシット首相が妥協案を出してUDDとの合意を迫る、という手法に出ましたが、UDDは「それらの容疑への恩赦は取引材料にならず、事件として戦う。政府が治安部隊を使って強制排除したことにより死傷者が出た件も一律の基準で事件として戦う。同様に過去のPADによる空港占拠等の事件も同一基準で扱うことを要求」と宣言。PADが起こした事件に関する審査は先月までで8回目の延期となっています。

合意案を出したアピシット首相はその後明確な議会解散日を出さず再び硬直状態に。そうこうしているうちにPAD等の官僚派からのアピシット首相への突き上げが激しくなってきています。PADは「UDDは王政転覆を企むテロリスト」だとしてUDDに合意案を出したアピシット首相を非難、首相を辞めろとまで言い出す始末。PADにそのような事を言う権利が有る、というのがこの国の実際の権力構造なのでしょう。

Written by thaida

2010/05/07 at 13:08

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , , , ,