タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Posts Tagged ‘UDD

赤動向

leave a comment »

10月17日(日)、赤シャツ集会はチェンマイ県からアユタヤ県へのパレード、そしてアユタヤ県の運動競技場での集会が行われた。
เสื้อแดง “แรลลี่-ชุมนุม” อยุธยา คึกคัก -prachatai (写真集有り)

道中に設置された数多くの検問に加えて道路にマキビシが撒かれていた為アユタヤ県へのパレード到着は大きく遅れた。検問は集会終了後もアユタヤに出入する道路で一晩中行われた模様。

『6月24日民主主義グループ』のソムヨット氏の声明:

政府による武力鎮圧で数多くの死傷者を出した10月14日の事件から37年となる。それは国民に権力を返せという赤シャツの要求に対するアピシット政権による武力鎮圧で92人の死者と数えきれない負傷者を出したのと同様の事件だった。
政府に対し、政治犯の釈放、裁判所改革、経済改革、農業従事者への充分なレベルの社会保障、強制閉鎖された赤シャツ系メディアの報道の権利の回復(D-station、ピープルズ・チャネル等のTV局、レッドパワー紙等)を要求する。
またプラユット陸軍大将に対し、政治への干渉を止め、今年の4月10日と5月19日の事件に関する事実を公表し、国民への武力鎮圧を命令した者を迅速に罰する事を要求する。

 
この日の集会は22時頃、参加者に配られた3千発の花火で終了した。
来月の11月はルーイ県での集会。また後半はサムットサーコーン県での集会を検討中とのこと。

広告

Written by thaida

2010/10/18 at 13:41

赤ニュース

leave a comment »

10-7: サンダル商逮捕。
Street Vendor Arrested Selling Anti Abhisit-Suthep Sandals | Pattaya Daily News

10月4日のアユタヤの集会場でサンダルを売っていた露天商の女性が逮捕された。チャルワット少将の発表では、サンダルにはアピシット首相とステープ副首相の絵が描いてあり、「ラーチャプラソンで人々が死んだ」と書いてあった為。サンダルは4組100バーツで売られており、300組(7500バーツ相当)が押収され、露天商の女性は12時間の尋問の後に起訴された。量刑は懲役2年又は4万バーツの罰金、あるいはその両方となる可能性がある。
 
ソムバット氏(集会まとめ役)はこの件で翌日、タクシン氏が首相だった時は反タクシン派による同様な行為が蔓延していても全く妨害は無く、政府による二重基準を示すものである、と語っている。


追加 10-11:

10月10日(日)の集会の様子はこちら。
ประมวลภาพคนเสื้อแดงรำลึก 6 เดือน 10 เมษา -prachatai

滞りなくほぼ時間通りに終了したようです。蜘蛛の巣のように赤い紐が絡み合う絵が、集会のシンボルの様になってきましたね。
同日チェンマイでも、チェンマイ大学周辺で小規模なパレードが行われたと有ります。

追加 10-13:

赤木教授の記事。
【タイ】【タイ政治社会の潮流】「家産制政党」[社会]/NNA.ASIA
未だタクシン氏の影響が強いプアタイ党、赤の主軸政党と言っても良いかと思いますがその運営がギクシャクしてきている、ということです。赤シャツ派もそれぞれに様々な人達が居るのは周知ですが、上記のようなソムバット氏らの草の根レベルの活動とはもう全く別世界のように見えますが、どこかに接点は有るんでしょうか。

追加 10-14:

ネーションの@satien_nna氏によると、10月14日は民主記念塔にて、1973年の民主化運動への血の弾圧を記念して追悼式を行う。

また10月17日(日)はアユタヤ県の運動競技場で集会の予定。

Written by thaida

2010/10/07 at 10:22

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , ,

日曜動向

leave a comment »

先週10月3日(日)はチャトゥポン氏率いるUDDがインペリアル・ラートプラーオ内のホールでUDD集会を行う一方、「日曜は赤」のリーダー、ソムバット・ブンガムアノン氏(通称ボー・コー・ラーイチュット)はアユタヤ県で集会を行った。

5月19日のデモ隊強制排除以来、4ヶ月に渡って未だに多くのUDDデモ参加者や幹部達がバンコクや各地方の刑務所に拘束されている。ソムバット氏によると、今週末の10月10日(日)はバンコクでパレードを行い、政治犯の釈放を求めるとの事。
Bangkok Post : Red-shirts to rally on Sunday

乗用車とバイクでのパレードは午後1時にラーチャプラソン交差点を出発、カッティヤー少将が暗殺されたラーチャダムリ通り、ラーマ4世通り、ボンガイ、ディンデーン交差点、そして5時頃に民主記念塔に到着の予定。

昨日10月5日はバンコク近郊ノンタブリ県バーンブアトーン郡ではTNT又はC4による爆発でアパートが大破、死者3人以上、負傷者7人以上を出している。当局はアパートの一室が武器弾薬倉庫に使われ、UDDのデモ参加者がアパートを武器倉庫に使っていたとしている。これによりバンコク周辺の非常事態宣言は更に延長されるだろうと見らる。

追加 10-6:
Bangkok Post : DSI: Red weapons training confirmed
法務省特別捜査局(DSI)によると、UDDが要人39人の暗殺計画に向けた軍事訓練を隣国で行っていたとするステープ氏(CRES)の主張を支持。訓練済みの要員がいくつかの場所、特にバンコクでの実行に向けて配置されている、としている。先日は軍事訓練を行っていたとしてUDDメンバー11人をチェンマイ県で逮捕している。

Written by thaida

2010/10/06 at 14:32

犠牲者公聴会

leave a comment »

9月25日、タマサート大学で行われた強制排除関連情報センター(PCI)主催の公聴会のレポート。
รายงาน: ไต่สวนสาธารณะ ปากคำเหยื่อกระสุน เม.ย.- พ.ค.53 -prachatai
Testimonies of victims of April-May crackdowns (英語版有り)

4月~5月の強制排除による負傷者と家族を殺された人々からの情報を共有し、まとめようという公聴会の模様。公開フォーラムと被害者や家族の為の基金設立の為のコンサート、数多くの負傷した人達の証言、パネラーとして各大学からの識者が参加した。以下証言の一部。
 
コークウア交差点での4月の強制排除の時に治安部隊のゴム弾により右目を失った若者、サンティポン君。

部隊の前列は警棒と盾を装備し、後列の兵士は銃を装備していた。デモ隊側はペットボトルの水、石、ビニール袋、パラー(魚を発酵した臭い調味料)などを所持。
治安部隊が前進してきた時デモ隊は動かずその場に留まってた。衝突したときも特に抵抗しなかった。そして銃声が聞こえ、負傷者達が運ばれるのを見た。自分は顔に付いた催涙ガスを水で洗おうと屈んだその時、ゴム弾で右目を撃たれた。
政府が行った事に対し責任を取るよう要求する、本当の事を話し、真実を受け入れるように。
当時政府が言っていた7つの段階的な対策の強化など無かった。いきなり最初から強硬な手段が始まり、それが更に激しくなった。

 
5月14日にルンピニ公園で撃たれた屋台の揚げサバ売りのトンチャイさん。

いつものように材料のサバを買いにバイクでラマ4通りに行ったが道路がブロックされてボンガイまで辿り着けなかった。断続的な銃声が聞こえる中、ルンピニ警察署の近くに群集と記者達が集まっているのが見えた。
カナダ人記者と共に道路を渡り、公園の塀の横に屈んで銃撃がどの方向で起きているのか知ろうとしていた。十分間ぐらいの銃撃が続いた後、カナダ人記者が撃たれて倒れた。トンチャイさんは記者を助に行こうと起き上がった所で尻の右側を撃たれ、続いて更に尻の左側を撃たれた。何人かが助けに走ってきたが、カナダ人記者は腹を撃たれていたので彼を先に助けるように言った。その後、別の人達によって本人も運ばれた。

トンチャイさん「余りにも痛すぎて引き摺られるのに耐えられず、何か運ぶ物を探してくれ、そうじゃないと俺は動かないと言った。それで彼らは警官用の盾を持ってきて警察署に運んでくれた。」

その後、病院の医師による手術で弾丸は摘出され、後に中国製のM16用弾丸と特定された。

 
5月15日に足を撃たれたネイション紙の記者、チャイワットさん。

PRESSと書かれた防弾チョッキと腕章を身に付けていた。… 午前10時半、バイクでランナム通りに入り、ラーチャプラロップ通りに出た。デモ隊が一体の死体を引きずろうとするとするも、部隊からの銃撃に阻まれて運べずにいるのが見えた。チャイワットさん達が到着すると銃撃が止み、デモ隊は15歳の犠牲者サマパン君(※以前ニュースになった)を含む二体の死体を運び出すことができた。2時~3時頃銃撃が再開したがチャイワットさんは撃たれることは無いだろうと思って写真を撮り続けた。しかし足を撃たれ、近くにいる友人に電話をした。25~30分後、兵士らが来て彼を軍用救急車に運んだ。車の中には3つの棺桶が見えたが死体が有るかどうかは暗くて見えなかった。彼はまた「デモ隊が武器で戦っているのは見なかった、竹製ロケットと花火だけであった」とパネル参加者に語った。
 
医師の診断書には「高速の銃弾で撃たれた、足の中で砕けた為判別は不能」という記述があるだけ。十日間の治療中、警察による取調べも無かった。彼はこれを前例とする為に政府を訴えるつもり。

 
その友人の記者、ウトーンさん。

ウトーンさんはチワタイというビルから狙撃兵部隊が地上のデモ隊を狩っていたと見ている。… ランナム通りのマンションのバルコニーで撃たれて死亡した有名歌手の親類の写真を見せ、その傷口からわかるのは、同程度の高さの建物からの銃撃であり、地上からのものでは無いと語った。また銃で照準する兵士の写真も見せた。
 
ウトーンさん「私は黄色シャツ、赤シャツ両方の写真を撮ってきた。… 黄色シャツに対して、軍は何もしなかった。催涙ガスによる強制排除で人が死に、警察のトップは首になった。赤シャツは撃たれたが軍のトップは相変わらずその地位を保っている。」

 
フリー記者のニック(Nick Nostitz)さん。

… 腹を撃たれた赤シャツのチャーンナロンさん(※以前ニュースになった)は塀を登れず池に落ちた。兵士はチャーンナロンさんを池から引き出すよう、記者のニックさんに命令。ニックさんは言われた通りにやろうと試みたが一人ではできず、兵士に手伝ってくれるよう求めた。しかし兵士はチャーンナロンさんを「この野郎、死ねばいいだろ。俺が病院に運ばなきゃいけないならお前は死んだほうがいい」と罵った。記者のニックさんとチャーンナロンさんは軍医が来るまで3時間半そこから動けなかった。
 
一ヶ月後ニックさんはチャーンナロンさんを探したが、既に亡くなっていたと知った。…


記事にはこの時の高所から撮影したビデオが有ります。この件は以前ニュースになって写真もありましたが、高所から撮ったビデオにこれが写っていたのは驚きです。記事には他にもいくつもの証言が掲載されています。

Written by thaida

2010/09/29 at 12:53

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with , , ,

赤シャツ動向

leave a comment »

9月19日(日)、「クーデターから丸4年、5月の悲劇から丸4ヶ月」の記念集会は平穏に終了。

Red tide returns -nation
首都とチェンマイで平和的な集会。ソンバット・ブンガームアノン氏の予告した通り警察との調整もきちんとできていたようだが予想を超えて一万人規模の集会になってしまった為に交通は妨害しないという条件は満たせずラーチャプラソンは3時間程通行不能になり、キャンドルライトや風船放出等の催しも2時間ほど早めて行われた。一方タマサートとチュラの反独裁運動の学生達はタマサート大から民主記念塔まで行進、4月と5月のデモ隊鎮圧時の犠牲者への献花、91人の死者を出した政府の責任と民主主義衰退への懸念を訴えた。

Protesters Return to Streets of Bangkok -NYtimes
反政府デモ、バンコクに再び。大規模ながらも短時間の抗議活動。

Thai red-shirts stage defiant protest -BBC
数千人の反政府赤シャツ団体が首都バンコクへ。非常事態宣言に挑戦。深い溝が未だに存在し続けていることを印象づけた。

‘Red Shirts’ mark anniversary of 2006 coup in Thailand -CNN
各地方メディアによると同様な集会はチェンマイ、ノンカイ、及び東北部の各地方都市で行われた。


かつてのリーダー達はチェンマイの集会で演説していたようですが、これについてはあまり伝えられていないようですね。

No violence amid sea of red -bangkok post
集会はバンコク以外ではチェンマイ、ピサヌローク、パヤオ、ウボンラチャタニ、アユタヤ、ラヨン、ナコンシータマラートで行われた。主な趣向は91人の死者への追悼で総じて平穏に終わった。チェンマイでは運動競技場を会場とし、北部の各県からの参加者に加えバンコクから車で駆けつけた参加者も居た。首都とチェンマイ以外ではどこも数十から数百人程度の小規模な集会だった模様。

一方ウドンタニではこれに対抗する内務大臣主催の集会が5万人規模で行われ、ピンクのシャツの参加者達が王室擁護を主張した。

“บก.ลายจุด” ประกาศยุติชุมนุม ขอบคุณเสื้อแดงชุมนุมประสบความสำเร็จเกินคาด -siam intelli
ソンバット・ブンガームアノン氏:

今後の方針については、最低6ヶ月は大規模な集会は行わず、個々の小さな活動を重視していく。来週はウドンタニ県で自転車をこぐ。その後はアユタヤ県。どちらも交通を遮断する事は無く、PADと同様の機会を欲するものである。ディンデーンのタイ日運動競技場での活動も予定している。

 
SBS Dateline | Reds Return
オーストラリアの報道。チェンマイの集会に向けて人々が準備する段階からビデオ取材を行い、地道な寄付集めや地元民の生の声を収めていますが、後半に5月の事件以来ずっと身を隠している赤シャツへのインタビューが有ります。

潜伏している女性「当局の男性から、政府が排除したい人々のブラックリストが有ると警告された。仲間が追い詰められつつあり、また一部は既に狩られている。」
 
別の男性「問題の行き着く先は市民戦争だと思う。」
インタビュアー「それにはお金がかかるでしょう、タクシンが出すの?」
男性「彼は市民戦争のリーダーでは無い。今仮に彼が死んでも問題ない。皆自分で考えて行動できる。」
 
先程の女性「市民戦争が避けられないのなら私も武器を持って戦う。今はまだその時では無いけれど、戻ってくるかと聞かれれば”必ず”。全ての赤シャツは呼びかけが有れば戻ってくる。」


オーストラリアは研究機関のタイ研究もそうですが、メディアもタイ問題に妙に力を入れていますね、なぜでしょう?

追加 9-22:
ประมวลภาพ : เวทีกิจกรรมเสื้อแดงเชียงราย 20 ก.ย. -prachatai
20日月曜日のチェンラーイ県での集会の様子。参加者は千人程。内容はデモ隊強制排除に関する展示会、バンコクからのキャラバン出迎え等の活動。

Written by thaida

2010/09/20 at 09:58

グレネードで死にかけた

leave a comment »

5月19日、取材中に重症を負った外国人記者の記述。
The Nation’s State: Almost killed by an M79 grenade

(以下意訳)
赤シャツのデモを2ヶ月に渡って取材した後の5月19日、M79グレネードに被弾し私は危うく命を落とす所だった。

タイ軍がデモ隊も市民も記者も無差別に銃撃していたことを考慮し(カナダ人の友人は3発撃たれてかろうじて病院に生きて辿りついた)、私は戦術を変えて兵士と行動を共にしていた。

しかし赤シャツのデモ隊、黒シャツと呼ばれる者達もまた武装し銃撃を行っていた。私はルンピニー公園の外側のラーチャダムリとサラサンでの銃撃戦を写真撮影していた。

兵士達と共に隠れていた所、黒シャツは空っぽの道めがけてM79グレネードを連射してきた。ルンピニー公園内に2発、シーロムの近くに1発、そして私を含む兵士のグループめがけて1発。

破裂したりゅう弾の24の破片が私の背中と足を貫き、肋骨を何本か折り、肺と腸に突き刺さった。

さらに3つの破片が後頭部に刺さって私の頭蓋骨を砕いて脳に達した。ある記者が後で語ったところでは、私の頭蓋骨の破片が地面に落ちていたのを見たそうだ。

私は意識を失って多量に出血し、目は開いたまま放心していた。現場に居た軍医は私の脈を取ったが見つけられず、私の死を宣告した。
そしてその恥知らずな野郎は私のカメラを盗んだ。

そして直ぐに記者たちがやって来て私が呼吸しようとしているのに気付き、大急ぎで病院へ運んだ。

実際のところ、周囲ではまだ機関銃による銃撃が有るにも関わらず、記者達と市民は大きなリスクを冒して私を助けたのだ。彼らの行為に私は深く感謝している。

3日後、シーロム通りにあるICUで私は目覚めた(見たところ既に会話していたそうだが私には記憶がない)。

りゅう弾によって割かれた傷は7週間もの間出血が止まらず、折れた肋骨はずきずきと痛み、左耳の聴覚が失われて混乱するし、頭の怪我が最も心配だった。

破片は頭蓋骨を貫いて私の脳に達した。神経外科医は二つの破片を取り除くことができたが三つ目は取り除くには危険過ぎたため頭の中に留まっている。

右半身全体が完全に麻痺していた。また視覚と物体の認識に重大な問題が有り、鏡に写る自らの姿さえ認識できなかった。
にもかかわらず3週間後、私は足を引きずりながら退院し、騒々しい担当医師や皆を驚かせた。

そして3ヶ月後、少々の永久に残る傷害と共に私は現れた。聴覚障害、多くの傷跡、見苦しく引きずる足。しかし私は歩き、職場に戻っている。

言うまでもなくブログを書くのは休み、物理療法と仕事に集中している。

しかし、終わりには程遠いタイの政治的混乱の事を思えば、長い休みにはならないだろうと思っている。

Written by thaida

2010/09/16 at 16:54

カテゴリー: 社会

Tagged with , , ,

王の国と国民の国との戦い

leave a comment »

ทามาดะ โยชิฟูมิ (Tamada Yoshifumi) การต่อสู้ของรัฐ Monarch Vs. รัฐประชาชน

8月24日、京都大学のTamada Yoshifumi教授(玉田芳史教授でしょうか)を招いてのチェンマイ大学での会合の記事。教授はタイやアセアンの研究でとても高く評価されているそうです。海外の学者はタイの政治をどう見ているのか、ということで注目されたようですね。

以下抜粋。間違いが有ったらご指摘お願いします。

2003年から2006年、タイの民主主義はまだ許容されるレベルだった。政治的権利の面、国民の自由度の面においてどちらも2~3と評価(7段階で1が最も高い)。しかし2006年のクーデター後はそれぞれ7と4という評価、現在ASEAN諸国で4番目のレベルとなっている。

タイの政治状況は、手短に言えば悪化している。始まりは2006年9月19日のクーデター、いわゆる権力の奪い合いのひとつ。続いて2007年憲法の強制。これは民主党から首相を出すことを望んでの選挙の為の道具だった。

ところが民主党は選挙に負け、アピシットとその仲間が水面下で表に見えない権力との交渉を始める。同時に黄色派がバックに大きな後ろ盾を抱えての活動を行い、空港を占拠する。結果として支配階級の後ろ盾でのアピシット政府が、プアタイ党とのロビー活動を経て誕生。

しかし様々なグループの手助けで成り立つアピシット政権には利益分配の要求が絶えず、これが政府の自由を奪っている。

政府への不満は高まり、赤服による抗議活動での4月10日、5月19日の事件は死者を出すことになる。このような事態になれば普通ならアピシットは持ちこたえられないのだが、マスコミがアピシットのためにその過ちと死者を隠す役割を演じ、これが真実を覆い隠した。

一連の出来事は”善人(コンディー)”派と”タクシン”派との戦争だとは思っていない。ほとんど一方が攻めるだけの不平等な戦争であり民主主義でもないことは確か。民主主義は言わば、明確なルールが有るが結果は不確かであり、前もって結果は分からないもの。そうで無ければ民主主義とは言えない。従って民主党が選挙を許せば結果が転がり込んでくるなどというのは民主主義では無い。

トンチャイ・ウィニッチャクーン先生によると、クーデターを支援するのは:

  1. 都市部の上流階級(vs.貧困層)
  2. 官僚の権力(vs.国会議員)
  3. 君主制主義者(vs.タクシン)

君主制主義者は彼らの理想国家がタクシンと相容れない為タクシンを嫌う。では彼らの言う民主主義とは何か。

  1. 枢密院は政治に介入する権力を持つという民主主義。
  2. 国民は単に国王のしもべで有り、一般市民ではないという民主主義。
    (?: ประชาธิปไตยที่ประชาชนเป็นได้เพียง ข้าแผ่นดิน ไม่ใช่ พลเมือง)
  3. 選挙は民主主義の指標では無いという民主主義。
  4. 検査も責任も無い民主主義。
  5. 軍隊が世話をする民主主義。

民主主義による統治には様々なスタイルがあるが、タイでは首相と君主制が共に権力を持つというもの。首相と大統領というスタイルとは異なる。後者は大統領は選挙で選ばれ、両者がパワーバランスを持つことが重要。憲法がその権力を明確に規定するのが重要で、そうでないと権力の奪い合いという問題が起こる。

タイ式の統治制度の特徴は首相と君主制。しかし憲法が君主制の権限を明確に規定していいないのが問題。首相の能力や君主制との関係によって権力の浮き沈み、変化が起きやすい。だから君主制主義者達は自らの利益の為に君主制に頼る事になる。

選挙システムによる政治が始まるとタクシンの権力と人気は急激に上昇する。君主制主義者達は驚き、利益を失うのを恐れる。だからタクシンに反抗する。

そして国民は黄色だの赤だのと階級間の抗争に加わるようになる。黄色と赤とで似ている部分、それは中間層。

  • 黄色派は選挙を嫌う。政治家は嘘つき、悪人。クーデターを歓迎し、殺された人々を罵る。階級差を良しとする。
  • 赤派は選挙を望む。議員の利益にすがる事ができる。クーデターは容認しない。国民を殺す命令を出した者を罵り、国民は平等だと思っている。
  • 選挙から利益が得られない君主制主義者は、国民は愚かであり、議員は票を買収してインチキを行っているので選挙は不正であると攻撃する。

国民は愚かで貧乏で低学歴という攻撃、これはある裁判官の発言にも見られる。「1600万票掛ける1000バーツで160億バーツ。เอาคืนได้อย่างสบาย(※どういう意味?)」裁判を行う権限を持つ者がこのような発言をするのには唖然とする。日本ならとっくに辞めさせられている。

そういうわけで黄色、赤、両派に不満が有る。赤派は9月19日のクーデターに不満、アピシット政権の成り立ちである二重基準(不公正)に不満。一方、黄色派は多数派の原則(マジョリティー・ルール)に不満。今まで自らに有益だった経済面で不利となる。社会が変わるのが嫌い。

このような政治には出口が見えない。興味深い問題として、いったい両派とも今誰と戦っているのか分かっているのかどうか。黄色が戦っているのはタクシン?5年間徹底的に攻撃してきてまだ勝てない?資金源を破壊しつくしていないから?一方、赤服派については「誰と戦っているのか分かっているのか?」というのはアヌポン大将のかつての言葉。個人的な見解としてはこれは、王の国と国民の国の戦いと見ている。

最後に言いたいのは、民主主義は選挙を否定できない。国民を否定できない。そうじゃなきゃ民主主義では無い。

Written by thaida

2010/08/26 at 14:13