タイだ。

タイで外こもりニートの日記帳。

Archive for 3月 2010

政府、赤組直接対話

leave a comment »

今日はUDD赤組と首相との直接対話を、テレビの地上波5局とその他の数局が数時間に渡って生中継しました。自分はさほどちゃんと聞き取れませんでしたが、なんとも落ち着いた対話で「好感を持った」と言う人が多いようです。しかし報道が伝える通り、合意点はほとんど無かったようです。要するに、「デモは権利で認められているから幾らでも続けてくれて良いが、議会の解散はまだしないよ」というのが首相の考えのようです。

また、「我々の対話だけでは決められない問題」という言葉が有ったように、官僚派のクーデターによって首相の座を与えられたアピシット氏には議会を解散して選挙を行うかどうかを決定する権利は無いのかもしれません。その辺の判断は真の実権を持つ人々次第でしょうか。

とはいえ首相が軍施設から出てきて形だけでも対話に応じる姿勢を見せたのは進歩なんじゃないでしょうか。最近は実質的な軍政ということでミャンマー(ビルマ)と比較されたりしますが、それ程には酷くはないというアピールになったと感じます。

いずれにしても何世代にも渡って支配してきた階級格差への闘争が数年で終わるとも思えないので、赤組の目先の目標は「まずは軍による介入無しに選挙の実現」というところでしょうか。まだまだ先は長そうですね。

追加 3/29:

翌日の今日も対話が行われましたが結果はやはり「合意無し」でした。

経済問題を理由を上げて今年は解散しないと言う首相に対し、赤組リーダーは今回の対話でこれ以上の進展は望めないと判断したようです。これでは反政府デモ集会を止めるわけにいきませんが、集会参加者達はタイ正月迄には一旦帰らなければならず、どうするのか注目されますね。

元々政府側は「対話の姿勢は見せるけど結局何も譲らない」という作戦だったのかもしれません。コープサック氏も「勿体無いねぇ、赤組リーダーは対話を続けないってさ」と勝ち誇った様子でした。デモ集会ももうそんなに続けられないからノラリクラリと引き伸ばしておけ、という事だと、「やはり非暴力の訴えでは何も出来ない」と考える派が台頭してくるかもしれません。

官僚派の黄色組は今回政府が赤組と対話したこと自体に対してイライラしているようです。近頃影が薄い彼等がまた何か事を起こさなければ良いんですが。南部イスラム派も同様に今回の対話を気に入らない様子なのが気になりますね。

Written by thaida

2010/03/28 at 20:35

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,

動向

leave a comment »

バンコクでは爆弾テロのニュースが増えてきました。放送局もターゲットになっているようです。赤組を強制排除しないからか、赤組の活動が生ぬるいからかわかりませんが情勢を煽って軍を動かしたい勢力が有るんでしょうか。
まずは警官や兵士が警備している場所には近づかないほうが良さそうです。

赤組についてはこれまで通り、活動の基本理念が非暴力である間は何ら問題無さそうです。見えたら手を振って微笑んでおけば良いでしょう。デーン・サヤーム等、理念が違うグループも有るのでややこしいですが。しかし兵士が警備している場所では気を付けた方がよさそうです。ここ数日の爆弾のターゲットの多くは警備中の兵士ですし、戦争用武器を装備しているわけですから意図的でなくてもその行使に巻き込まれたら非常に危険です。

半タクシン派のイスラム勢力も気になります。先週の赤組パレードに対して唯一、路上で激しく口撃していたのがこの派でした。南部の内戦の流れがバンコクに来たら大変なことになりますね。うかつに結びつけてはいけないでしょうけど。政府官僚派のヤラセだったり、赤組の一部過激派の仕業ならまだ良いんですが。

Written by thaida

2010/03/27 at 23:21

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,

メコン川が干上がった件

leave a comment »

メコン川住民ネットワークはメコン川が干上がっている件で、原因は中国のダムであるとして4月3日、ラチャダーの中国大使館前で文書を提出。当日は8時半から舞台を初め、10時に文書提出の式を行う。
เครือข่ายประชาชนแม่น้ำโขง เตรียมยื่นหนังสือสถานทูตจีน 3 เม.ย.–prachathai

中国はメコン川上流に2009年までの13年間で30階建てのビルに相当する巨大ダムを含む4つのダムを完成させ、今後も更に4箇所以上の建設計画が有るそうです。季節によってはダムの影響で一日のうちに水位が1メートル上下する時もあるそうで、生態系への影響により仕事を辞める漁師や農業従事者の減少もあると主張しています。また中国では船の航行路を作るために中洲を爆破したりもしているそうです。

一方、中国の専門家は事実無根だと反論しているそうです。
レコードチャイナ:中国がメコンを絞め殺した=海外メディアがダム建設を批判―中…

中国西南地区を深刻な干ばつが襲っている。「中華人民共和国成立以来最悪の干ばつです」と中国水利水力発電科学研究院洪水干ばつ予防対策研究所の専門家は語った。

ノーンカーイでは普段は水に沈んでいる古墳が現れて観光名所になっているようですね。船もあちこちで航行不能になっているようです。

Written by thaida

2010/03/23 at 17:41

カテゴリー: ニュース

Tagged with , ,

大集会動向-2

leave a comment »

大集会動向の続き。
17日、集会も既に六日目です。

今日は首相宅前での血撒き儀式の為にデモ隊の一部がスクムウィット通りに来ましたが、儀式が終わったらさっと撤収したようです。よって今日もバンコク住民への影響は有りませんでした。

マスコミは「UDDがセート・デーンとデーン・サヤーム組に対して絶縁宣言して赤組はバラバラ、参加者も減り続けているし集会はいつまでもつかな?」と伝えています。議会も解散せずに済み、デモ集会がこのまま尻すぼみに収束していく事を期待しているようです。

対してUDDは今週土曜日に様々な種類の車でバンコク中を練り歩くデモ行進を予定しているそうです。どのくらいの規模で動員できるか分かりませんが、これが行われるとするとバンコク住民への影響も有りそうですね。

今日もタイ市場SETIが記録的に上げているそうです。タイバーツも上がりすぎて影響が心配されています。

追加 3-19:

明日20日(土)の赤組バンコク大行進は、朝10時~夕方6時を予定しているそうです。
今回の集会では初めて、バンコク住民の足にも影響が有りそうです。
BTS運行には影響無いと思われますが、出かける方は朝10時より前に移動するのが良いと思われます。
見物するなら最寄のBTS駅から見下ろすのが良いでしょうか。

追加: 明日の大行進には千人の僧侶(仏僧)が参加するそうです。 – Monks to join red-shirt rally
集会場では初日から5百人もの僧侶が参加していて、これが集会参加者の盾であると同時に集会の暴力化を防いでいるということです。タイ人の多くは僧侶の前では自らの行動に気を付ける習性が有るんですね。仏教が政治に関わることは毎回問題視される事ですが、双方に暴力を行使させない為に自らの意志で来ているとのこと。しかし僧侶の何人かは要注意人物として政府側のブラックリストに載っており、寺の境内に配置された兵士により監視されているそうです。
僧侶はどちらかの派を支持するわけではありませんが、僧侶の一人は「最良の選択は議会の解散、現政府が人々から愛されているなら彼等はまた復帰できるはず」と語ったそうです。

追加: Red Mob Map by @sugree が更新されて行進経路も追加されています(via:@Jean_bkk)。

追加: matichonの記事 หนังสือพิมพ์คุณภาพ เพื่อคุณภาพของประเทศ

タイ外務省はタクシン氏がドバイに戻ったという情報を受け、はたして実際にドバイに居るのか調査するよう在アブダビのタイ大使に命じ、タクシン氏がドバイで政治活動を行って居ると認められた場合はUAEに対し、政治活動の基地として使わせないよう再び公式に要請するが、既にタイ政府の立場ははっきり伝えているのでUAEの外務省の方針には干渉しない。

追加: UDDは赤十字の祭りに道を譲るため、ミサカワン交差点の宿泊地の一部を政府官邸前に移動するそうです。
– INN Online: แดงย้ายไปหน้าทำเนียบเปิดทางงานกาชาด
またUDDリーダーのチャトゥポーン氏は軍施設に爆発物を投げ込んだ件について、首相に非常事態宣言を発令させるためのヤラセであると非難しています。

赤十字の祭りってほんとタイ全国で度々行われていますね。その土地の名産や各地の商品が豊富に揃うので、買い物には結構重宝します。

追加 3-20:

本日のデモ行進は特に衝突も無く終わったようです。もちろんあちこちで交通は渋滞しましたが沿道で声援を送る人が予想外に多く、まるでタイ正月のような光景でした。参加者達は既に元の集会場に戻っています。
しかし国防省と汚職取締り委員会事務所での爆弾により兵士2名が負傷したそうで、いつもながら対立を煽りたい人達がいて残念ですね。

Written by thaida

2010/03/17 at 19:31

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,

大集会動向

with one comment

一日目は儀式と移動だけで平穏に終わり、解散しました。
TVも政府派の住人と赤服の一人が揉み合っているビデオを繰り返し流し、あまりネタが無い様子でしたね。
明日は県外からの合流組でもう少し賑やかになるかもしれません。

プラチャータイによる写真集。
ประมวลภาพเสื้อแดงบวงสรวงวิญญาณทหารพิทักษ์รัฐธรรมนูญที่หลักสี่ เช้า 12 มี.ค.

政府側マスコミはタクシンがドバイから追い出されてカンボジアに向かったという噂で期待を膨らませていましたがまだ詳細は分からず、揺動作戦の一つかもしれません。

追加 3-14(1):

二日目の写真集。
ประมวลภาพคนเสื้อแดงปักหลักชุมนุมวันแรก | ประชาไท หนังสือพิมพ์ออนไลน์

落ち着いた集会が淡々と行われているようですね。
バンコク都内の繁華街は移動で通過するだけなので、バンコクの住人はほとんど赤服を見る機会が無いようです。
実際昨日はスクムウィット通りを移動している限りは何も見えませんでした。

追加 3-14(2):

三日目もパーンファー橋にて、淡々と落ち着いた集会が続いてます。政府の発表では参加者1~2万人とかですが、BBCは警備だけで5万人と報道しているそうで、各派の発表する数字がだいぶ乖離しているようです。いずれにしても今のところ集会場以外はバンコク全体に全く影響ありません。在タイの日本人は皆「渋滞がなくて素晴らしく快適」と言っていますね。

時々聞こえてくる演説内容からすると、徐々に「階級格差闘争」という色合いが出てきているように感じます。「自らを社会の階層の上の方だと思っている黄色支持の人々も、ほとんどは我々と同じ低階層で搾取される側なんだよ」、という呼びかけが印象的でした。

またプラーチャータイの写真集。
ประมวลภาพคนเสื้อแดงชุมนุม 14 มี.ค. (ช่วงกลางวัน) | ประชาไท หนังสือพิมพ์ออนไลน์

同じく「赤組を迎えるバンコクの人々」だそうです。
คนกรุงออกมาต้อนรับขบวนผู้ชุมนุมเสื้อแดง | ประชาไท หนังสือพิมพ์ออนไลน์
このタイトルのせいかコメント欄で激しく罵倒し合ってるようですが、タイ語の罵言はあまり分からないので内容はよく分かりません。サイトのオーナーが政府派によって再び締め上げられるんじゃないかというニュースも聞こえました(以前サーバの差し押さえと数日間身柄を拘束されています)。

赤組TVののんびりした集会中継に対して、ネーションTV等の親政府系のマスコミの報道は何か緊迫しているようで、どうも早く何かが起きて欲しい様子です。またいつもの「第三者が何かを起こす」のを待っている感じでしょうか。

追加 3-16:

四日目が飛んじゃいましたが、五日目。今日も同様に一貫して穏やかな集会が続いています。昨日はデモ隊の一部がパホンヨーティン通りの軍施設へ行進したために周辺が渋滞しましたが、その他の地域には全く影響有りませんでした。デモの暴力化傾向が見られないため、タイ市場の株が上がりすぎという警告が出るほどだそうで。

今日は集会参加者の血を少しづつとって数リットルにまとめて政府官邸等に撒くという、外国人には理解不能な儀式が行われました。「野蛮だ、もったいない寄付しろ、衛生的に危険」等いろんな批判が飛び交ってますが、これで国際社会の注目を集めることができたならそれも良かったのかもしれませんね。普段は暴動とかにならないとほとんど注目されないわけですから。血だらけの凄い光景を想像した割には地面にチョロチョロと流すだけでちょっと拍子抜けでしたが。

Written by thaida

2010/03/12 at 18:26

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,

デモに参加する外人には5年間の投獄と10万バーツ以下の罰金。

leave a comment »

Thailand to jail migrants at political rallies – minister | News.com.au

労働省大臣によると、逃亡中のタクシン氏を支持して反政府集会に参加した外国人労働者は5年間の投獄および10万バーツ以下の罰金が課せられます。またその雇用者にも労働者一人に付き10万バーツ以下の罰金が課せられ、労働許可証は直ちに無効となります。

Asian Correspondent によると、白人や先進国からの労働者には適用されないんじゃないかということですが確かではありません。

Written by thaida

2010/03/10 at 15:43

カテゴリー: ニュース, 政治経済

Tagged with ,

深南部状況

leave a comment »

深南部の内戦による死傷者の統計が更新されています。
สรุปหกปีไฟใต้: พลวัตการก่อความไม่สงบกับการสร้างจินตกรรมของการก่อความรุนแรง – DeepSouthWatch.org

73ヶ月(約6年間)に起きた戦闘またはテロは9,446件。
死者4,100人、負傷者6,509人で計10,609人。
家族が巻き込まれたことによる被害者数はおよそ53,045人。

興味深い点として、死者数はムスリム 58.95%、仏教徒 38.02% とムスリムが大半を占めるのに対し、負傷者は仏教徒 59.82%、ムスリム 32.17% と仏教徒が大半を占めていることを挙げている。2004~2007年の年末までは高頻度だった発生件数が2008年には一旦減ったが、2009年の年末から戦略の変化が見られ、各件が凶暴化している点など、記事にはその他詳細なレポートがたっぷりありますが、いずれにしても内戦の泥沼から抜け出す気配は全く見えませんね。この地域はもうタイ軍には統治できないと思って良いんじゃないでしょうか。ムスリムとゲリラ戦やってたら百年だって続くかもしれません。

何年か前に新聞の一面に何十人もの積み重なる死体の写真が載りましたが、バンコクのタイ人にはそれほどの衝撃では無かったようです。その様子から、タイ人は南部の住人の事を自分たちと同じ国民であるとは思っていないんだろうと感じました。その後も南部の戦闘やテロのニュースが毎日伝えられていますが、もはや日常のニュースでさほど気にする人もなく、時には爆弾の話を笑いのネタにさえしています。この地域はもうマレーシアにでも任せてタイは手を引けばよいのに、と思いますが。

Written by thaida

2010/03/09 at 21:31

カテゴリー: 政治経済

Tagged with ,